dotnetConf 再び開催! – 2016 年 6 月 7 ~ 9 日、開発者向け無料ストリーミング イベントをお届け


 

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 dotnetConf is back! Free live streaming developer event – June 7th-9th 2016 2016/6/6

 

clip_image002

.NET は、多くの Visual Studio 開発者の開発作業で重要な役割を果たしています。私も長年開発者の 1 人として、ASP.NET、WPF デスクトップ、その他のバックエンド .NET サービスなどの開発に携わってきました。そんな中、今週 dotnetConf が再び開催され、ライブ ストリーミングが配信されることになりました。私もその開催チームの一員として皆様にイベントをお届けできることをたいへん光栄に思っています。イベントへの参加は無料で、登録も不要です!

2016 年 6 月 7 ~ 9 日にライブ配信、その後も Channel 9 でオンデマンド視聴可能

ライブ ストリーミング配信は、2016 年 6 月 7 日~ 9 日の 3 日間 Channel 9 Web サイト (英語) で毎日午前 8 時 30 分 (基調講演) から午後 4 時まで (太平洋夏時間) (日本時間は翌日午前 0 時 30 分から午前 8 時まで) 視聴できます。

ライブ配信を見逃しても、配信終了後にイベント ページ (英語) ですべてのセッションを公開しますので、いつでもオンデマンドで視聴できます。

dotnetConf 2016 の詳細: すべてのアジェンダを公開

今年のイベントは 3 日間で行われ、毎日最初に全体的なテーマを扱う基調講演があります。詳細は以下のとおりです。

  • 1 日目 (6 月 7 日): Scott Hunter の基調講演でスタートし、Web 開発 (ASP.NET と Azure)、マネージ言語、Visual Studio のデバッグに関するセッションを開きます。
  • 2 日目 (6 月 8 日): Miguel de Icaza の基調講演でスタートし、Xamarin クロス プラットフォーム ネイティブ アプリなどのアプリ開発、Windows 開発、モバイル アプリ向け App Service、HockeyApp、NuGet について取り上げるセッションを開きます。
  • 3 日目 (6 月 9 日): Scott Hanselman の基調講演でスタートし、ASP.NET、Azure、Xamarin、Unity ゲーム開発、オープン ソース、その他多数の議題について、コミュニティおよび FTE の講演者がさまざまなセッションをお届けします。

すべての講演者および議題が掲載された詳細なアジェンダは、Channel 9 の dotnetConf 2016 イベント用 Web サイト (https://channel9.msdn.com/events/dotnetConf/2016、英語) で公開されています。

また、過去の dotnetConf イベントは、Channel 9 のアーカイブから視聴できます。

ぜひ dotnetConf 2016 (英語) をご視聴のうえ、Twitter での交流にご参加ください。イベント関連のツイートにはハッシュタグ「#dotnetconf」をご利用ください。また、Twitter アカウント (@dotnet@visualstudio) もフォローしてみてください。

 

clip_image004 Dmitry Lyalin は 16 年以上開発作業に従事し、さまざまな業種の企業が抱える問題をテクノロジの活用によって解決してきました。現在は Visual Studio 担当プロダクト マネージャーを務め、開発者コミュニティの活動に注力しています。余暇には Windows アプリや Azure クラウド サービスの構築などの業務外の活動を楽しんでおり、また熱烈な PC ゲーム ファンでもあります。Twitter アカウントはこちら (@lyalindotcom) です。
Comments (0)