Visual Studio 2015 Update 2 リリース


 

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。【元記事】 Visual Studio 2015 Update 2 RTM 2016/3/30

 

本日開催されている Build 2016 (英語) で、Visual Studio 2015 の最終バージョンとなる Update 2 のリリースが発表されました。このリリースには、Visual Studio 2015 Update 2 CTP リリースに関する記事Visual Studio 2015 Update 2 RC のリリースに関する記事でお伝えしていた更新内容がすべて含まれています。

Visual Studio 2015 Update 2 のリリースにあたっては、パフォーマンスと信頼性の向上と、お客様からのフィードバックへの対応に集中的に取り組みました。今回パフォーマンスと応答性の向上 (英語) のために行った主なことは、拡張機能をインストールする際の Visual Studio の起動時間の短縮、Visual Studio のシャットダウン時間の短縮、NuGet のパフォーマンス向上、Visual Studio 内でチーム エクスプローラーを開いて作業項目クエリを表示する機能の追加、ネットワーク接続障害が発生した際に Visual Studio での作業を可能にする機能の追加などがあります。パフォーマンスと応答性に関する強化点の完全な一覧はリリース ノート (英語) をご覧ください。

今回はこの他にも多くの機能を追加しています。主なものをここでご紹介します。

  • 拡張機能の自動更新 (英語) でサポートされる拡張機能の種類を大幅に増やしました。自動更新を活用すれば拡張機能を手動で更新する必要がなくなりますが、[Tools]、[Options] からこれまでどおり拡張機能を完全に制御することも可能です。
  • 新しい Git コマンド (reset) の追加、大容量ファイル ストレージへの対応、ステータス バーで Git ブランチの状態を示すフラグを表示させるなど、Git のサポートが強化されました。
  • ユニバーサル Windows プラットフォーム ツール (英語) で、ターゲットとする Windows SDK のバージョンと、アプリケーションを使用可能な OS の最低バージョンの両方を選択できるようになりました。また、バックグラウンド タスクのデバッグも可能になりました。さらに、アプリケーション名とパッケージ構成がキャッシュされるようになり、サインインなしで再利用できるようになりました。
  • Application Insights Tools の名称が Developer Analytics Tools (英語) に変更されました。機能としては、検索エクスペリエンスが更新され、履歴の表示や関連する利用統計情報の検索がより簡単にできるようになりました。このツールを活用することで、Web アプリへの Application Insights の追加とモバイル アプリへの HockeyApp の追加が容易になります。また、log4net、NLog、System.Diagnostics などのログ フレームワークによるトレースの収集を構成するエクスペリエンスが最適化されました。
  • Python Tools for Visual Studio 2.2.3 (英語) が更新されました。このツールでは、Python で編集を行ったり、IntelliSense、デバッグ、プロファイリング、Azure 機能を使用することができます。今回の更新では新たに最新バージョンの Django のテンプレートで IntelliSense を使用したり、デバッグを行えるようになりました。
  • Node.js Tools 1.2 Alpha (英語) が Node.js v6.x に対応しました。また、ES6 の IntelliSense エンジンのサポート強化により NPM パッケージや JsDoc コメントなどがサポートされました。さらに、安定性とパフォーマンスに関する不具合が修正され、デバッグ中の信頼性が向上しました。
  • Azure SDK 2.9 で新たにセカンダリの App Services を使用できるようになったほか、不具合も修正されました。詳細情報とダウンロードについては、Azure のダウンロード ページをご確認ください。
  • Visual Studio Designer for Microsoft Band で Microsoft Band 用のタイルを作成できるようになりました。要素を Microsoft Band の視覚的レイアウトにドラッグ アンド ドロップして、C# のコードを簡単に生成できます。詳細については開発者向けサイト (http://developer.microsoftband.com/、英語) を参照してください。

いつものお願いではありますが、マイクロソフトでは皆様からのフィードバックをお待ちしています。問題点がありましたら、Visual Studio の [Report a Problem] からご連絡ください。また、ご要望は UserVoice (英語) までお寄せください。

 

  John Montgomery は Visual Studio 担当プログラム マネージメント ディレクターで、Visual Studio、C++、C#、VB、JavaScript、.NET の製品設計とユーザー サポートを担当しています。マイクロソフトには 17 年前に入社し、以来、開発者向けテクノロジの開発に従事しています。Twitter アカウントはこちら (@JohnMont) です。

 

Comments (0)

Skip to main content