Xamarin チーム、マイクロソフトへようこそ!(マイクロソフトが Xamarin の買収を発表)


 

本記事は、マイクロソフト本社の ScottGu’s Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Welcoming the Xamarin team to Microsoft 2016/2/24

 

Pictured left to right: Nat Friedman, CEO and co-founder of Xamarin; Scott Guthrie, executive vice president of the Microsoft Cloud and Enterprise Group; and Miguel de Icaza, CTO and co-founder of Xamarin.

日々の暮らしの中でモバイル デバイスがより大きな役割を担うようになるにつれ、モバイルアプリ開発者もソフトウェア イノベーションを推し進めるうえで欠かせない存在となっています。マイクロソフトでは、あらゆるデバイスに向けた開発を進めるすべての開発者がさらに大きなイノベーションを実現できるように、強力なツール、オープンなプラットフォーム、グローバルなクラウドなど、理想的な開発環境をご用意しています。

その取り組みの一環として、このたびマイクロソフトはモバイル アプリ開発プラットフォームの大手プロバイダーである Xamarin (英語) を買収することになりました。

Xamarin は、Visual Studio と連携した高機能のモバイル開発環境を提供しています。この環境を活用すれば、C# を使用してモバイル アプリを開発し、完全にネイティブなモバイル アプリとして iOS、Android、Windows といったすべての主要デバイスに提供することが可能です。Xamarin のプラットフォームでは、モバイル アプリ開発に .NET の生産性と機能を活かしつつ、各デバイス プラットフォームで提供されているネイティブ API 一式やモバイル機能を C# で使用することができます。これにより、開発者は共通のアプリ コードを使用して iOS、Android、Windows 向けの各アプリを簡単に開発できると同時に、各プラットフォームで完全にネイティブなエクスペリエンスを提供することができます。Xamarin 独自のソリューションはこれまで 4 年以上にわたり、モバイル アプリ開発の飛躍的な成長を支えてきました。

Xamarin は 120 か国 15,000 社以上の企業で採用され、その中には Fortune 500 企業も 100 社以上含まれています。また、同製品を利用している開発者はユニークユーザー数にして 130 万人以上に上ります。アラスカ航空、コカ・コーラ ボトリング、サーモ フィッシャー、ハネウェル、ジェットブルー航空などの主要な大規模企業に加え、SuperGiant Games や Gummy Drop などのゲーム会社でも採用されています。Xamarin Test Cloud は、数千種類ものスマートフォンやデバイスがクラウド上でホストされているテスト環境です。C#、Objective-C、Java、および複数言語で開発されたものも含め、あらゆる種類のモバイルアプリをテストして、品質向上に役立てることができます。また最近では「インターネットの運用に大きく寄与しているスタートアップ企業 9 社 (英語)」に Xamarin の名前が挙がりました。

マイクロソフトはこれまで長期にわたって Xamarin とパートナーシップを築いており、各種プラットフォームに対応したネイティブで安全なアプリを開発するためのエンドツーエンドのワークフローを開発者に提供するために、Xamarin を Visual Studio、Microsoft Azure、Office 365、Enterprise Mobility Suite に統合する作業を共同で進めてきました。また、開発者がスムーズにアプリを完成させるうえで必要となるトレーニングやツール、サービス、ワークフローを提供するためにも、緊密に協力して取り組んでいます。

今回の買収が発表されたのを機に、マイクロソフトはこの取り組みをこれまで以上に推し進め、世界水準の開発者向けツールやサービスをさらに高度に統合させて改良し、シームレスなモバイルアプリ開発エクスペリエンスの実現を目指します。Xamarin、Visual Studio、Visual Studio Team Services、Azure を組み合わせると、完成度の高いモバイルアプリ開発ソリューションが形成され、各デバイス向けのモバイル アプリを開発、テスト、配信、インストルメント化するうえで開発者が必要とするあらゆる機能が提供されます。この環境を通じてどのようなアプリが開発されるのか、とても楽しみにしています。

今後の詳しい計画については、数週間後に開催される Microsoft //Build カンファレンス、その後 4 月下旬に開催される Xamarin Evolve などで発表する予定です。Build の基調講演や Evolve での発表にどうぞご期待ください。

Comments (0)

Skip to main content