Visual Studio 2015 Update 2 CTP リリース


 

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Visual Studio 2015 Update 2 CTP 2016/2/10

Visual Studio 2015 Update 2 CTP がリリースされました。今回のリリースでは、安定性とパフォーマンスの強化、および Visual Studio 2015 の RTM と Update 1 でいただいたユーザーの皆様からのフィードバックにお応えすることを重視しました。

今回の主な更新点は次のとおりです。

  • 以下のような大量の不具合を修正しました。
    • C# や Visual Basic のファイルの編集中にクラッシュする不具合
    • 編集中に C# や Visual Basic のプロジェクトのエラー リストのエントリを更新するとクラッシュする不具合
    • C# や Visual Basic のプロジェクトでセッションが長時間開いたままになるとメモリ不足の例外が発生する不具合
    • C++ プロジェクトを開く処理が遅い不具合
    • 300 個を超える C++ コンパイラのさまざまな不具合 (アドレス コードの生成に関する問題、大幅な変更が必要な問題。詳細は「Visual C++ 2015 Update 2 の大幅な変更点 (英語)」を参照)
    • Office 2016 で Office Developer Tools を使用してドキュメント レベルのプロジェクトを作成しているときにエラーが発生する不具合
    • ローカルのヘルプにアクセスする際に処理が停止する不具合
  • 以下のセットアップに関する不具合を修正しました。
    • 読み込み専用ドライブや接続されていないドライブをセットアップしようとすると処理が停止する不具合
    • アンインストール可能なパッケージや機能の選択時に起こる不具合
  • C# Analyzer および Visual Basic Analyzer の API が改良され、生成されたコードでアナライザーを実行するときのパフォーマンスと制御性が向上しました。
  • Visual Studio 2015 Update 1 では C および C++ 向けのデータベース エンジンが高速化され、[Go To Definition] や [Find All References] などの処理速度が向上しましたが、このエンジンは既定で無効になっていました。新しい Visual Studio Update 2 では、この新しいエンジンが既定で有効になりました。Update 1 から Update 2 にアップグレードする際は、現在使用しているエンジンが継続して使用されていることを確認してください。エンジンの選択は、[Tools]、[Options]、[Text Editor]、[C/C++]、[Experimental] の順にクリックして行ってください。

clip_image002

他にも、さまざまな言語やツールに多くの機能が追加されています。詳細についてはリリース ノート (英語) を参照してください。ここでは特に次の 2 点についてお伝えします。

  • Visual Studio が、Git LFS (Large File Storage) が構成されている Git リポジトリに対応しました。Git LFS の詳細についてはこちらのページ (英語) を参照してください。
  • C# 対話型ウィンドウが、Send To Interactive コマンドに加えてプロジェクトのコンテキストにもシードされました。

繰り返しになりますが、他にも Git 関連など多数の機能強化が実施されています。詳細については Visual Studio 2015 Update 2 CTP のリリース ノート (英語) を参照してください。

また、Team Foundation Server 2015 Update 2 RC 1 も同時にリリースされました。こちらの新機能については、TFS Update 2 RC 1 のリリース ノート (英語) を参照してください。

いつものお願いではありますが、皆様からのフィードバックをお待ちしています。問題点がありましたら、Visual Studio のフィードバック送信オプション ([気に入った機能の報告]) からご連絡ください。また、ご要望は UserVoice (英語) までお寄せください。

 

clip_image004

John Montgomery は Visual Studio 担当プログラム マネージメント ディレクターで、Visual Studio、C++、C#、VB、JavaScript、.NET の製品設計とユーザー サポートを担当しています。マイクロソフトには 17 年前に入社し、以来、開発者向けテクノロジの開発に従事しています。Twitter アカウントはこちら (@JohnMont) です。

Comments (0)