Visual Studio 2015 Update 1 RTM をリリース


 

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Visual Studio Update 1 RTM 2015/11/30 10:30 AM

このたび、マイクロソフトは Visual Studio 2015 Update 1 をリリースしました。以前のリリースをインストールしてフィードバックを提供し、問題の解決にご協力くださった方々にここでお礼を申し上げます。[今回、Team Foundation Server Update 1 の最終リリース版の提供も開始されました。詳細については、Brian Harry のブログ (英語) をご覧ください。]

CTPRelease Candidate (RC) で導入された多数の機能については既にこちらのブログでご紹介しており、Update 1 の機能一覧は Visual Studio Update 1 RTM のリリース ノートでご確認いただけます。今回は、RTM で新たに追加された主要な機能をご紹介します。

  • 新しい Visual Studio アイコン: UserVoice に寄せられたお客様からのご意見 (英語) にお応えし、Update 1 では Visual Studio 2015 のアイコンを微調整しました。同じマシン上でサイドバイサイドで実行されている複数のバージョンの Visual Studio を視覚的に区別しやすくなっています。

clip_image002

  • .NET Framework 4.6.1: Visual Studio 2015 Update 1 には、最新バージョン (4.6.1) の .NET Framework が組み込まれています。すべての新機能については、.NET ブログ (英語) をご確認ください。
  • エディターによる新言語のサポート: Visual Studio エディターでは、Go、Java、Perl、R、Ruby、Swift などの言語について、構文の強調表示機能が組み込まれ、基本的な IntelliSense 機能がサポートされました。
    また、言語の文法 (英語)スニペット の TextMate バンドル モデルがサポートされ、これを拡張して他の言語をサポートできるようになりました。

clip_image004

  • IncrediBuild と Visual Studio のパートナーシップ: この提携により、開発者の皆様は追加費用なしで IncrediBuild のビルド エンジンを使用し、ビルドの並列実行を用いたアプリケーションのビルド計画を立てることができます。これにより、ハードウェア リソースをさらに効率的に活用できるほか、モニタリングによってボトルネックを特定したり、リソースの使用状況を的確に把握したりすることができます。詳細については、IncrediBuild と Visual Studio 2015 によるビルド時間の改善 (英語) の記事をご覧ください。
  • Tools for Universal Windows Apps v1.2: 今回の更新により、Windows 10 SDK バージョン 1511 をターゲットにしてアプリを開発し、Windows ストアに送信できるようになりました。今回のリリースでは、.NET Native、XAML デザイナー、マニフェスト デザイナー、Windows ストア向けのパッケージ化、デバッガーについて、開発者の生産性向上を目的とする複数の機能強化が行われました。Tools for Universal Windows Apps をまだインストールしていない場合は、Visual Studio 2015 のインストールを変更するか、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=619614 から直接インストールして有効化してください。
  • ユニバーサル Windows アプリによるビヘイビアーのネイティブ サポート: ビヘイビアーを使用すると、コードを追加しなくても XAML アプリに一般的な対話機能を簡単に追加できます。Update 1 では、ビヘイビアーがネイティブでサポートされており、NuGet パッケージとして提供され (マネージド (英語) プロジェクトとネイティブ (英語) プロジェクトの両方に対応)、オープン ソース プロジェクトとして皆様からのご協力を受け付けています。このパッケージは ([Behaviors] の) [Blend Assets] ウィンドウからインストールすることもできます。詳細については、Windows Developer ブログの XAML ビヘイビアーのオープン ソース化と UWP への対応 (英語) に関する記事をご覧ください。また、GitHub ページ (英語) からプロジェクトにご協力いただけるほか、Issue を作成 (英語) して機能に関するご要望をお寄せいただくこともできます。
  • ASP.NET 5 の MSTest と CodeCoverage のサポート: Visual Studio テスト ツールでは、ASP.NET 5 アプリケーションの MSTest フレームワークベースのテストがサポートされるようになったほか、CoreCLR/CLR を対象とする x86/x64 プラットフォームでの ASP.NET 5 の CodeCoverage が新たにサポートされます。MSTest フレームワーク コンポーネントは、NuGet ギャラリーから入手できます。
  • テストの並列実行: Visual Studio テスト ツールで、マシン上の利用可能なコアを活用したテスト ケースの並列実行がサポートされ、テスト エクスプローラーに並列テストの進行状況が表示されるようになりました。テスト実行エンジンは利用可能なコアごとに個別のプロセスとして起動され、コンテナー (アセンブリ、DLL、または関連する成果物) と実行するテストが渡されます。コンテナーでは、テスト フレームワークのセマンティクスに従ってテストが実行されます。Visual Studio では、すべての起動ポイント (コマンド ラインや、テスト エクスプローラー、CodeLens、各種 “Run” コマンドといった IDE コマンドなど) で並列実行がサポートされます。この機能を有効化する方法の詳細については、リリース ノートを参照してください。

clip_image006

  • C# Interactive ウィンドウとコマンド ライン REPL: CTP で初めて公開されたこれらの機能について、さらに機能を追加し、多数のバグを修正しました。RTM では、コマンド ラインの引数の処理についても合理化しました。詳細については、GitHub の詳細なメモ (英語) をご覧ください (今回のリリースには、NuGet のサポートと VB スクリプト API は含まれませんが、現在も積極的に取り組んでいます。現時点では、GitHub で提供 (英語) されている C# スクリプト API をお試しいただけます)。
  • 分析の問題の管理: Roslyn アナライザーを NuGet または Visual Studio 拡張機能からインストールした場合、エラー一覧にコード分析の問題が大量に表示されるため、アナライザーの使用を中止したというご意見を数多く頂きました。そこで、今回の更新では、現在発生しているすべての問題を単一のグローバル抑制ファイルに格納できるようになったほか、(抑制の監査やベースラインに設定された問題のレビューを行うために) ベースラインに設定された問題を表示および管理したり、「自分のコード変更」のみを対象として分析の警告とメッセージを表示したり、エラー一覧の重複する警告を削除して、結果を一意の警告のみに絞り込んだりすることができます。

clip_image008

  • NuGet と NuGet パッケージ マネージャー: NuGet 3.3 (英語) が Update 1 とバンドルされたほか、NuGet パッケージ マネージャーのインターフェイスに複数の変更を加えています。パッケージのグループをフィルター処理できるタブ型 UI、一般的な管理機能を簡単に使用できるパッケージ一覧の操作ボタン、ソリューション レベルで使用するパッケージ用の [Consolidate] タブ、複数のパッケージを同時に選択して更新できる [Update] タブなどが追加されました。

clip_image010

  • Visual Studio のライセンスを改善: サブスクリプションの IDE のロックを解除するためにサインインが必要になり、ワークフローが中断されるのは望ましくありません。これを解消するために、Update 1 ではサインインしてから 1 年以上 IDE がロックされないようにしました。ただし、インターネットに定期的にアクセスし、バックグラウンドでライセンスを更新することが条件です。今後もサインインの回数を減らすために、さらなる機能強化が予定されています。

繰り返しになりますが、Update 1 の機能一覧と修正されたバグや既知の問題については、Visual Studio 2015 Update 1 のリリース ノートをご覧ください。

現在、Visual Studio の次回の更新に向けて取り組みを開始しています。引き続き、皆様からの貴重なフィードバックをお待ちしています。ご意見、ご感想、ご提案は UserVoice (英語) や製品内のフィードバック用 UI からお寄せください。また、バグ報告は Visual Studio Connect サイト までお願いいたします。

 

clip_image011

John Montgomery は Visual Studio チームのプログラム マネージメント ディレクターとして、Visual Studio、C++、C#、F#、VB、TypeScript、JavaScript、.NET の製品設計とユーザー サポートを統括しています。マイクロソフトには 17 年前に入社し、以降、開発者向けテクノロジの開発に従事しています。Twitter アカウント (@JohnMont) をフォローしてください。

Comments (0)

Skip to main content