Windows ストア アプリ向けの新しい広告機能とキャンペーン結果の追跡機能


※本ブログは Building Apps for Windows "New advertising and campaign tracking capabilities for Windows Store apps”の抄訳です。

マイクロソフトは、デベロッパーセンターでアプリ内広告の管理の簡略化と効率化を図る新しい 2 つの機能と、以前にお知らせしたキャンペーン結果の追跡機能をリリースしました。

  • デベロッパー センターと pubCenter 統合: アプリに関するあらゆることを一元管理できます。
  • デベロッパー センターの COPPA サポート機能 (英語): 主なターゲットが子供のアプリ内広告の管理方法を定義できます。
  • キャンペーン結果の追跡機能がご利用いただけるようになりました。

pubCenter 統合機能を利用するには、pubCenter のアカウントとデベロッパー センターのアカウントをリンク付けする必要があります。pubCenter とデベロッパー センターで同じ Microsoft アカウントを使用している場合、リンク付けは自動で行われるため、必要な手順はありません。それ以外の場合は、pubCenter のアカウントとデベロッパー センターのアカウントを手動でリンク付けする必要があります。リンク付けするための手順を以下に紹介します。

デベロッパーセンターと pubCenter の統合 アプリの一元管理

任意の Microsoft Advertising SDK をアプリで利用している場合、アプリ自体は Windows ストアに提出され、Windows デベロッパー センターで管理されますが、アプリ内広告の作成、広告レポート、財務状況は pubCenter で管理されます。

今日からデベロッパー センターで直接広告を作成して (広告は多くの場合に自動で作成されます) 広告のレポートを閲覧できます

デベロッパー センターでは、新しい広告パフォーマンスのレポートを確認できます。

  • すべての広告ユニットの収益を表示するアカウント レベルの広告レポート
  • 各アプリの広告内アプリの収益を表示するアプリレベルの広告レポート (広告ユニットをそのアプリのみで使用している場合に限り、データが表示されます)
  • ダッシュボードに表示される広告パフォーマンスの概要
  • 広告パフォーマンスのデータ エクスポート
  • デベロッパー センターのアカウントと pubCenter のアカウントをリンクする機能

ベロッパー センターでは、太平洋標準時を使用して日々のデータを集計しますが、pubCenter では、異なるタイム ゾーンを使用して 1 日の始めと終わりにデータを集計するため、レポートに記載される pubCenter のデータとデベロッパー センターのデータに相違が生じる場合があります。

発者がデベロッパー センターで初めて広告を使用するときには、pubCenter にアカウントが自動作成されます。ただし、pubCenter のアカウントの作成時には、デベロッパー センターに登録されている支払い情報や税金情報が自動的に使用されます。

すべての支払い情報については、今後も pubCenter を使用する必要があります。すべての支払いの確認や支払いと税金の管理は、pubCenter で行う必要があります。

pubCenter は今後読み取り専用になり、使用停止になるため、デベロッパーセンターの使用を開始して、支払い情報を除く、すべての広告を管理することを推奨します。

デベロッパー センターのアカウントを pubCenter のアカウントにリンク付けする

pubCenter とデベロッパー センターで同じ Microsoft アカウントを使用している場合、アカウントは自動的に移行および統合されます。異なる資格情報を使用している場合や pubCenter のアカウントを複数お持ちの場合は、手動でリンク付けする必要があります。

手動でリンク付けするには、デベロッパーセンターでアカウント レベルの広告パフォーマンス レポートに移動して、[pubCenter アカウントのリンク] をクリックし、pubCenter で取得したアカウントのリンク コードを入力します。アカウントのリンク付けには、最大 24 時間かかります。詳細については、ビデオ (スポット) 広告と広告仲介をサポートする Microsoft Universal Ad Client SDK のお知らせに関するブログ記事 (英語) を参照してください。

1_pubCenterPerf

OPPA の設定

前述の広告に関する機能強化に加えて、9 月から開発者は、Children’s Online Privacy Protection Act (COPPA) で規定されているように、13 才以下の子供をターゲットにしたアプリを申告できるようになります。このオプションを開発者が選択すると、マイクロソフトはアプリに広告を提供するときに、行動分析型の広告サービスを無効にします。13 才以下の子供をターゲットにするアプリである場合、開発者はデベロッパー センターの収益化セクションでこのオプションを選択する必要があります。

COPPA の下、開発者には他の法的義務が課せられる可能性があります。FTC のガイダンス (英語)を確認して、COPPA の義務に関して弁護士と相談することを推奨します。

2_pubCenterCoppa

注: 現時点では、このオプションはデベロッパー センターでご利用いただけません。このオプションの利用開始は 9 月を予定しています。

キャンペーン結果の追跡機能の提供開始

Windows ストアのアプリの製品説明ページを閲覧するユーザーがどこからアクセスしたのかを追跡できるキャンペーン結果の追跡機能の提供を開始しました。カスタマイズしたマーケティング キャンペーンの URL をアカウントにリンク付けした場合、これらの URL ではチャネルごとにページ訪問数とダウンロード コンバージョン数の両方を確認できます。これらのユーザーによる 24 時間以内のアプリ内製品の購入を確認することもできます。カスタマイズしていない URL キャンペーンのチャネルごとのページ訪問数を閲覧することもできます (カスタマイズしていない URL キャンペーンのコンバージョンは、今後追加される予定です)。詳細については、ドキュメントをご覧ください。

広告機能とキャンペーン追跡機能の統合は新しい機能であるため、問題を見つけた場合は、サポート ページからご連絡ください。また、今後のリリースで追加を希望する新機能については、UserVoice (英語) ページからお寄せください。

Comments (0)

Skip to main content