Visual Studio 開発者向け Azure 最新情報 – 2015 年 8 月


 

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Top Azure News for Visual Studio Developers – August 2015  2015/08/27 1:15 AM

Microsoft Azure では、この数か月の間に多くの新機能が登場しました。この記事では、Azure ブログ をまだフォローしていない方のために、いくつかの機能をご紹介します。特に、Visual Studio 開発者の皆さんに関連する内容を取り上げていきたいと思います。

GitHub を使用した Web アプリへの継続的デプロイ (英語)。Web アプリが Git Hub アカウントに関連付けられている場合、Azure App Service の継続的なデプロイ機能を利用することができます。自動的にデプロイを実行するようにセットアップ可能で、Visual Studio 2015 製品ガイド (英語) でも便利な機能として紹介されています。このたび、この機能が GitHub 上の組織リポジトリでも利用できるようになりました。

依存関係コール スタックと Application Insights SDK Labs (英語)Azure SDK 2.7 for .NET (英語) は、アプリからデータベースや REST API のような外部依存関係へのコールを追跡する機能を提供します。この機能は既に .NET 開発者によって活用されています。実験的なパッケージである Application Insights SDK Labs (英語) を使えば、アプリ内のコール元を調べることもできます。これは、現在の SDK にはない機能です。

image

.NET Framework 4.6 Azure の更新 (英語)。2015 年 8 月 11 日、Azure App Service に .NET 4.6 がロールアウトされました (英語)。これにより、Visual Studio 2015 RTM と Azure SDK for .NET 2.7 (英語) へのアップグレードが行われ、Web アプリケーション内で .NET の新機能をすべて利用できるようになりました。詳しくは Channel 9 の番組『Visual Studio Toolbox』の「Azure 2.7 SDK (英語)」のエピソードをご覧ください。

Visual Studio Online から Azure ポータルへの App Insights の移行 (英語)。これまで Visual Studio Online ポータルで Application Insights をご利用いただいていたお客様は、Azure ポータルに移行されることをお勧めします。移行スケジュールと手順の詳細については、こちらの Azure ブログ記事 (英語) でご確認いただけます。

クラウドでの運用前環境の保護 (英語)。Azure App Service のデプロイ スロットを使用すると、アプリケーションのステージング環境をセットアップして、運用環境のコードと簡単にスワップすることができます。ステージング環境はリリース前に Web 上に表示されるため、当然ながら保護する必要があります。運用前の環境を保護する手順については、こちらの記事 (英語) をご覧ください。

Azure App Service による Dynamics CRM のモバイル データ同期 (英語)。組織の CRM システムなどに接続する LOB アプリを使用しているお客様の中には、オフライン同期を検討している方もいるかもしれません。こちらの記事 (英語) では、Azure Mobile Services のオフライン同期機能の概要に加え、オフライン同期に必要な Azure バックエンドのプロビジョニングまでの詳しいステップを紹介しています。Azure Active Directory および Dynamics CRM Online を適切に設定することで、使用デバイスに接続機能がない場合でも、CRM データの読み取りや変更が可能になります。

Visual Studio 2015 の Application Insights ツール (英語)。以前 Visual Studio ブログでもお知らせしたとおり、Visual Studio 2015 に Application Insights が統合されました。こちらの記事 (英語) では、あらゆるプラットフォーム上のさまざまなアプリに関して、パフォーマンス監視や運用アプリの使用方法をご覧いただけます。

image

Microsoft Azure で変わるインドのゲーム業界 (英語)。アプリケーション業界の中でも、ゲームの分野は特に進んでいる分野であるため、これから参入する企業は、世界的人気を誇るゲームの特長であるきわめて高い技術品質と複雑さを実現することに専念する必要があります。ゲームは単なる画面上のエンターテイメントのように思えますが、実際は、シームレスな操作を可能にするために多くのインフラストラクチャが必要になります。こちらの記事 (英語) では、Azure を使用することにより、スケーラブルな方法でインフラストラクチャを提供する方法について説明しています。ゲーム業界で短期間で大成功を収めるために非常に重要な内容ですのでぜひご覧ください。

海底ケーブルで世界中のデータセンターを接続 (英語)。マイクロソフトにデータセンターの詳細なセットアップを一任すれば、Azure ポータルでのわずかなクリック操作だけで、その驚異的なパワーを活用することができます。こちらの記事 (英語) では、海底ケーブルの設置のような表に出ない作業への投資が、多くの利益をもたらす例を紹介しています。今や、世界中で効率よくデータをやり取りできることが当たり前と考えがちですが、その背景には、さまざまなプロセスや国際的な協力関係があることを忘れてはなりません。

以上、Visual Studio 開発者の皆さんにとって関心の高いニュースをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? ぜひご感想をお聞かせください。同じ形式で取り上げてほしいトピックなども教えていただけると幸いです。

image

Kraig Brockschmidt – Visual Studio シニア コンテンツ デベロッパー

@kraigbro

1988 年からマイクロソフトにてソフトウェア開発支援に携わっており、現在は Xamarin と Cordova によるクロス プラットフォーム モバイル アプリのコンテンツ開発に従事しています。MSDN Magazine の執筆メンバーの 1 人であり、Microsoft Press から “Programming Windows Store Apps with HTML, CSS, and JavaScript (2nd Edition)” と “Inside OLE (2nd Edition)” の 2 冊の著作を刊行しているほか、さまざまなデベロッパーカンファレンスにも参加しています (ブログはこちら: kraigbrockschmidt.com、英語)。

Comments (0)

Skip to main content