Visual Studio 2015 RC で Tools for Apache Cordova を提供


本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Tools for Apache Cordova in Visual Studio 2015 RC  2015/05/01 9:00 AM

Visual Studio 2015 RC に、Tools for Apache Cordova (英語) が含まれることが発表されました。これにより今後は、Web テクノロジとあらゆるプラットフォームでほぼ 100% 共有されているコードを使用して、運用環境品質の iOS、Android、Windows 向けモバイル アプリを開発することが可能になります。Tools for Apache Cordova は、カメラ、加速度計、連絡先といったネイティブのデバイス機能、オフライン シナリオ、広く使用されている JavaScript フレームワーク (Angular (英語)React (英語)Backbone (英語) など) をサポートしており、開発者が Visual Studio を使用してクロス プラットフォームのモバイル アプリを開発するために必要なものがすべて含まれています。

この RC 版では、以前 CTP にご参加いただいた皆様にはお馴染みの機能が数多く提供されます。Visual Studio を優れた開発環境としてご利用いただくために必要な、簡単なセットアップ機能、コンテキストに応じた Intellisense、短期間の編集とデバッグのループ、バックエンドサービスへの接続、高速な Android エミュレーター (英語) といった CTP 版で提供された機能がすべて含まれており、そのうえで皆様からいただいたフィードバックに基づいて重要な変更を行っています。この記事ではごく一部のみをご紹介しますが、ぜひツールをダウンロードして、すべての変更点をお確かめください。

「ストック」の Cordova プロジェクトとの互換性

CTP リリースの後、皆様からは「IDE の生産性は気に入っているが、「ストック」の Cordova プロジェクトによって提供される移植性も必要」というご意見が多数寄せられました。チームで作業すると、メンバーによって開発環境が異なる場合があり、同じプロジェクトを Mac と PC の両方で開く必要が生じることが少なくありません。また、チュートリアルやヘルプドキュメントが「少しだけ異なる」が、充実した Cordova 開発コミュニティを利用したいという場合もあります。

今回の RC リリースから、Tools for Apache Cordova は ASP.NET 5 と同じプロジェクト システムを共有することになります。このプロジェクト システムはファイル システムに基づいており、「ストック」の Cordova のディレクトリ構造 (英語) に正確に対応します。ビルドのフェデレーションは、ほぼすべて Node.js と Cordova フレームワークによって行われます。これらの変更により、以下のメリットがもたらされます。

1. Cordova と互換性のある任意の CLI (Cordova、Ionic など) でプロジェクトを開くことができます。

2. 任意の Cordova のバージョンに簡単に切り替えることができます。構成デザイナーでバージョン番号を変えるだけで、次のビルドで新しいバージョンが自動的に取得されます。

3. IDE とコマンドライン ツールの間を相互に移動することができます。カスタム アクション (カスタムプラットフォームの追加など) を実行したい場合は、コマンド プロンプトを開いて作業することができます。変更は自動的に反映されます。

4. Windows と Mac の両方の開発環境で同じプロジェクトを使用できます。

clip_image002

CTP リリースからプロジェクトを移行する場合には、Visual Studio 2015 RC で初めてプロジェクトを開く際に追加の手順が必要になります。プロジェクトの移行の詳細については、MSDN の総合ガイドをご確認ください。

Grunt、Gulp、Bower、ノードベースのワークフロー

今回の RC リリースから、多くの Web 開発者の皆様が使い慣れたツールを使用して Cordova アプリを簡単に開発できるようになりました。パッケージ管理に NPM (英語)Bower (英語) を日常的に使用している方は、Cordova プロジェクトにも使用できます。また、Grunt (英語)Gulp (英語) といったノードベースのタスク構築マネージャーにも対応しています。さらに、Cordova プロジェクトで Gulp の利用を開始するためのチュートリアルのライブラリも提供され、新しいチュートリアルが随時追加されています。Gulp を使用して TFS との継続的インテグレーションを可能にする方法 (英語) や、一般的な Gulp タスクを実行する方法 (英語) などをご確認いただけます。

clip_image004

Ionic Onsen UI の新しいテンプレート

他のテクノロジと同様に、Cordova での開発にもいくつか課題があります。その中で最も重大なのが UI 開発です。ネイティブのように使用できる応答性の高いコントロールを作成することは難しい場合があります。しかし幸いなことに、UI 開発を簡単に行える優れた JavaScript フレームワークが公開されています。最も広く使用されているのが、Ionic (英語)Onsen UI (英語) の 2 つです。本日より、Ionic と Onsen UI のメーカーが作成したテンプレートが Visual Studio ギャラリーで提供されています。どちらのフレームワークでも、最も一般的なプロジェクトに適した多様な UI を作成できます。

clip_image006

もちろん、Ionic や Onsen UI 以外にも、他の JavaScript や TypeScript フレームワークを利用することもできます。Ionic と Onsen UI のテンプレートはオプションとして提供されますが、複雑な UI 開発を避け、すぐにアプリケーション ロジックの記述を開始したい場合には非常に便利です。その他のフレームワークについては、Angular (英語)Backbone (英語)WinJS (英語) のサンプルをご覧いただけます。

最新のサンプル、チュートリアル、ドキュメント

上記の Gulp のチュートリアルへのリンクをクリックした方は、チュートリアル (英語)Cordova アプリのサンプル (英語) が GitHub に移動したことに気付いたかもしれません。GitHub に移動したことで、投稿や利用がさらに簡単になっています。もしサンプルやチュートリアルに問題を見つけましたら、プル リクエストを送信するか、GitHub のインシデントを作成していただくようにお願いいたします。コミュニティ全体の品質向上にご協力いただければ幸いです。

Visual Studio 2015 Tools for Apache Cordova (英語) をお試しいただき、フィードバックをお寄せください。UserVoice (英語)Send-a-Smile 機能 (英語)Twitter (英語)StackOverflow (英語)メールから、製品チームに直接ご連絡いただけます。

利用を開始するには、Visual Studio Enterprise 2015 RC をダウンロードして、セットアップ中に [Tools for Apache Cordova] チェックボックスをオンにしてください。

皆様の開発のお役立てますと幸いです。

 

image

Ryan J. Salva、Visual Studio クライアント ツール チーム、プログラム マネージャー
@RyanJSalva

Ryan は、Visual Studio クライアント ツール チームで HTML、CSS、JavaScript を担当しています。現在は主に Apache Cordova 用ツールと Windows ストア アプリケーションの開発に取り組んでいます。それ以前は、Web 標準の開発に 15 年間携わってきました。

 

image

Ali Satter、Visual Studio クライアント ツール チーム、プログラム マネージャー

Ali は、Visual Studio クライアント ツール チームで Visual Studio における Cordova の開発者エクスペリエンスの強化に取り組んでいます

Comments (0)

Skip to main content