Tools for Apache Cordova の更新版をリリース: Windows Phone 8.1 のデバッグをサポート


本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 ITools for Apache Cordova Update: Windows Phone 8.1 Debugging Support  2015/03/10 9:00 AM

Visual Studio 2013 をご利用の皆様に重要なお知らせです。マイクロソフトは更新版である Tools for Apache Cordova CTP 3.1 (英語) をリリースしました。今回のリリースでは、パフォーマンスと信頼性に関する機能強化が多数実施されています。(その多くについては既に発表させていただいたとおりですので、) 今回は Windows Phone 8.1 のデバッグのサポートに焦点を当ててお伝えしたいと思います。

メモ:
Visual Studio 2015 をご利用中で CTP6 をインストール済みの場合、これらの機能強化は既にすべて適用された状態になっています。この Tools for Apache Cordova の機能強化については、こちらの CTP6 に関するブログ記事でより詳しく紹介していますので、併せてご確認ください。

Windows Phone 8.1 のデバッグをサポート

私たちが目指しているのは、Visual Studio Tools for Apache Cordova を提供することによって、Android、iOS、Windows の各プラットフォームで HTML、CSS、JavaScript を使用してアプリをスムーズに構築していただけるようにサポートすることです。今回のリリースの最大の強化点といえるのが、コードのデバッグのサポートです。この更新版 (および Visual Studio 2015 CTP6) では、Windows Phone 8.1 用の Apache Cordova アプリがデバッグ可能になりました。

下のビデオでこの機能の概要を説明していますのでぜひご覧ください。

 

他のプラットフォームでは既に、jsHybugger によって Android 4.4、Android 4.0 以降、Android 2.3 のデバッグがサポートされ、さらに iOS 6 以降、Windows Phone 8、Windows Store 8、Windows Store 8.1 のデバッグがサポートされていますが、今回これに Windows Phone 8.1 のデバッグが新たに追加されたことになります。これによりこうしたすべてのプラットフォームで、ブレークポイントの設定やコンソールの使用、その他のあらゆるデバッグ関連タスクを実行することが可能になり、問題をよりすばやく発見できるようになりました。

その他の強化点と不具合の修正

今回のリリースでは Windows Phone 8.1 のエミュレーターとデバイスのデバッグをサポートしましたが、その他の対応としては、前回のリリースから数か月にわたって蓄積されていた多数の不具合を修正しました。そのうちの主な変更点は以下のとおりです。

  • Cordova 4.1.2 への対応: CTP3.1 では、Cordova の最新版であるバージョン 4.1.2 向けのプロジェクトを作成できます。今回の更新では特に iOS と Windows Phone 8 のサポートが強化されています。今回の変更点に関する完全な内容は、Apache Cordova のブログ サイト (英語) でご確認いただけます。
  • パフォーマンスの強化: 昨年末 (英語)、一般的なタスクの高速化を目指してパフォーマンス強化計画を発表しました。今回の更新では特に、プラグイン使用時の作業時間を短縮することに注目しました。たとえば、CTP3 以前ではローカルでプラグインを追加する作業に 2 分ほど要していましたが、更新版ではこれが 3 秒以下に短縮されました。
  • パッケージ化機能とビルド機能における問題の解消: 今回のリリースでは、すべてのプラットフォームにおけるプロジェクトのビルドとデプロイの信頼性を向上させました。まず、プラットフォームを切り替えたときにビルドができなくなるという問題を解決しました。また、証明書を更新し、Windows プラットフォーム用プロジェクトの動作の信頼性を向上させました。
  • Ripple のサポート強化: Ripple はアプリの機能テストやデバイスの機能のシミュレーションに使用するエミュレーターやデバイスに替わるものとして、多くの方が利用しています。今回のリリースでは、Android エミュレーター実行時の Ripple のデバッグに関する問題、VS を管理者モードで実行している際の Ripple への接続に関する問題、Office 365 のサインインに関する問題、その他の信頼性に関する問題など、特に重要な複数の問題を解決しました。

これらのツールを早くからインストールし、積極的にご活用いただいている皆様に心から感謝いたします。いつも本当にありがとうございます! どの機能を強化するか、どの不具合を修正するかについては、皆様からいただくフィードバックを参考にしながら優先順位を決定しています。お気づきの点がありましたら、UserVoice (英語)TwitterStackOverflow (英語) までぜひコメントをお寄せください。

次回もどうぞお楽しみに。

Kirupa Chinnathambi

image

Kirupa Chinnathambi (Visual Studio クライアント チーム プログラム マネージャー)
Kirupa Chinnathambi は Visual Studio チームのプログラム マネージャーです。HTML 開発者エクスペリエンスの改良について日々考え、ときに実行しています。また、暇を見つけては Twitter (@kirupa)Facebookkirupa.com (英語) でも活動しています。

Comments (0)

Skip to main content