Visual Studio と .NET をすべての開発者に。 .NET Server Core のオープン ソース化とクロスプラットフォームへの対応、Visual Studio Community 2013 と Visual Studio 2015/.NET 2015 のプレビュー版を発表


 

本記事は、マイクロソフト本社の Somasegar's blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】Opening up Visual Studio and .NET to Every Developer, Any Application: .NET Server Core open source and cross platform, Visual Studio Community 2013 and preview of Visual Studio 2015 and .NET 2015  2014/11/12 7:30 AM

Visual Studio と .NET は、10 年以上も前からマイクロソフトの開発者向けエコシステムの基盤として役割を担ってきました。昨年だけで、.NET は 18 億回以上インストールされ、Visual Studio 2013 は 700 万回以上ダウンロードされました。この実績からもわかるとおり、Visual Studio と .NET は、企業やアプリケーション、Web サイトなどで使用される基幹的なソフトウェアやサービスの開発に幅広く利用されています。

今回マイクロソフトは、この開発者向けプラットフォームをさらに大きく飛躍させるために、.NET のサーバー コア スタックのすべてをオープン ソース化すること、また、Visual Studio のフル機能を備えた新しいエディションを無料で提供することを発表しました。これにより、これまで以上に幅広い開発者の皆様に .NET と Visual Studio をご活用いただけるようになります。さらに今回の発表では、次世代の Visual Studio、.NET、Visual Studio Online のプレビュー版のリリースも発表されました。

今回の主な発表内容は次のとおりです。

  • 今後数か月にかけて、ASP.NET 5 からコア ランタイムや Framework に至るサーバーサイドの .NET コア スタックを完全にオープン ソース化します。また、Windows 以外のプラットフォームにも対応すべく、Linux および Mac OS X でもオープン ソース .NET がサポートされるようになります。 
      
  • フル機能を備えた Visual Studio 無料版である Visual Studio Community 2013 (訳注: Visual Studio Professional 相当) の提供を開始します。このバージョンでは Visual Studio の高度なエコシステムにフル アクセスできるほか、プラットフォームの種類を選ばず、モバイル デバイス、デスクトップ、Web、クラウドに至る幅広いサービスがサポートされます。 
      
  • 次世代の Visual Studio である Visual Studio 2015 プレビュー版.NET 2015 プレビュー版の提供を開始します。これらを組み合わせた業界最先端のクロス プラットフォーム
    モバイル開発ツールを活用することで、クラウドでの開発をきめ細かくサポートし、開発者のさまざまなエクスペリエンスにおける生産性を大幅に向上できます。 
      
  • Visual Studio 2013 のすべてのユーザーを対象に、Visual Studio 2013 Update 4 の提供を開始します。製品全体を向上させる多くの機能強化が実装されているほか、新機能も複数含まれています。 
      
  • Visual Studio Online に新たに Visual Studio Online Release Management service Visual Studio Cloud Deployment Projects が導入され、DevOps ポートフォリオが拡充されます。

これらの発表の詳細とその他の情報については、Channel 9 の Connect(); イベントの動画 (英語) をご覧ください。ライブまたはオンデマンドで視聴可能です。

今回のさまざまな機能のリリースにより、現在のモバイル ファースト、クラウド ファーストの世界でアプリケーション開発に携わっているすべての開発者の皆様が、マイクロソフトが提供する業界最先端のプラットフォームやツールに幅広くアクセスできるようになります。Visual Studio、Visual Studio Online、.NET、Azure は、スタートアップ企業や学生、一般ユーザー、オープン ソース開発者や商用製品開発者などのさまざまなユーザーの皆様が、プラットフォームやアプリケーションの種類を問わずあらゆる目的でご利用いただける非常に画期的な製品となりました。

.NET のオープン ソース化とクロスプラットフォームへの対応

マイクロソフトは、.NET コア サーバー スタック全体をオープン ソース化する取り組みを開始します。ASP.NET (英語)C# コンパイラ (英語) など、主要コンポーネントの一部は既にオープン ソース化されていましたが、今回マイクロソフトは、新たなコンポーネントとコア .NET Framework (英語) をオープン ソース化します。.NET コア ランタイムと .NET Core Framework の残りの部分も今後数か月以内にオープン ソース化が完了する予定です。これらのプロジェクトは MIT オープン ソース ライセンスの下でリリースされる予定であり、.NET に対するユーザーの特許権を明確化するために明示的な特許についての合意を公開します。

.NET のオープン ソース プロジェクトへの参加を希望する開発者の皆様は、http://github.com/Microsoft/dotnet (英語) をご覧ください。

image 

オープン ソース .NET プロジェクトの一環として、マイクロソフトは .NET のサポート範囲を Windows だけではなく Linux と Mac OS X にも拡大します。これにより、開発者の皆様には新たに .NET を使用する機会が大幅に広がると共に柔軟性も格段に向上し、さまざまな新しいアプリケーションのシナリオに .NET で対応できるようになります。マイクロソフトはこの取り組みで Mono コミュニティと緊密に連携し、オープン ソース化されたエンタープライズ クラスの .NET を Windows、Linux、OS X の各 OS 向けサーバーに実装するために協力して作業を進めています。Mono プロジェクトの Miguel de Icaza 氏は次のように述べています。「今回の発表は、.NET 開発者の多くが待ち望んでいた、たいへん魅力的で画期的なものです。.NET の最高の技術を Mono に統合し、また Mono のクロス プラットフォーム機能を .NET に統合することで、C# 開発者は双方のメリットを享受することができるのです」。

Visual Studio Community 2013

優れたアプリケーションには、優れたツールが必要です。今回の発表により、これまでよりさらに多くの開発者の皆様に Visual Studio をご利用いただけるようになりました。

Visual Studio Community 2013 (英語) はフル機能を備えた新しい無料版の Visual Studio です。デスクトップ、モバイル、Web、クラウドといったあらゆるプラットフォームを対象としている開発者の皆様にご利用いただけます。また、Visual Studio の拡張機能を完全にサポートしているため、5,000 種類以上の拡張機能を持つエコシステムにアクセスすることができます。

Visual Studio Community 2013 では、統合化された Visual Studio エクスペリエンスをサポートするプラットフォームの範囲が広がるほか、Peek、Blend、Code Analysis、Graphical Debugging、C# の完全なリファクタリングなど、数十種類の優れた Visual Studio ツールを使用できます。

Visual Studio の拡張機能がサポートされることで、Visual Studio Gallery などのリッチな Visual Studio 拡張機能エコシステムが持つさまざまなテクノロジやプラットフォームのツールにアクセスできるようになります。たとえば、Visual Studio Community のユーザーは優れた Visual Studio Tools for Unity (英語) や、オープン ソースの Node.js Tools for Visual Studio (英語)Web Essentials for Visual Studio (英語) にアクセスできます。

Visual Studio の拡張機能をより多くの皆様に活用いただけるようにすることは、拡張機能の作成者の皆様に、Visual Studio プラットフォームで新しいツールやエクスペリエンスを作成する新たな機会をもたらすことにつながります。Visual Studio はオープン ソースと商用製品のどちらを作成する皆様にも、優れた開発用ツールのプラットフォームとしてご利用いただけます。

最も重要なポイントを挙げると、商用以外の目的でアプリケーションを開発する場合、Visual Studio Community 2013 は無料でご利用いただけます。

image 

Visual Studio Community 2013 ツールにより、開発者の皆様はマイクロソフトの多様なツールやサービスを無料でご利用いただけます。モバイルやデスクトップ、Web、クラウドといったさまざまな環境のアプリケーション開発に Visual Studio Community 2013 を使用していただけます。さらに、Azure の無料評価版では 10 個の Web サイトと 10 個のモバイル サービスを使用できるほか、Visual Studio Online では最大で 5 ユーザーまでデベロッパー サービスを無料でご利用いただけます。これらの 3 つのサービスは、本日からでもすぐにお試しいただけます (英語)

image

Visual Studio 2015 プレビューと .NET 2015 プレビュー

次世代の Visual Studio と .NET ではコア開発者の生産性が大幅に改善され、新たにクロス プラットフォームのモバイル開発とクラウド ベースの開発がサポートされます。

生産性

Visual Studio 2015 では、新しい .NET コンパイラ プラットフォームである「Roslyn」が組み込まれ、C# と VB のコード編集エクスペリエンスが大幅に向上します。C# 6 の新しい言語機能では日常的に使用されるコードの定型文や無駄が削減され、また、コードの作成時や表示時にリファクタリングやコードの修正をプロアクティブに行うエディターの新機能が搭載されています。

image 

Visual Studio 2015 では、コアのデバッグ機能とプ��ファイリング機能が引き続き強化されています。ブレークポイントの構成 (英語)PerfTips (英語) もサポートされ、いずれもコンテキストに応じてエディターから直接使用できます。ほかにも、ラムダ式のデバッグ機能 (英語) がサポートされています。

image 

Visual Studio 2015 では、新たに Smart Unit Tests 機能が追加されます。これは Microsoft Research が開発した PEX テクノロジを基盤とするもので、コードを分析して自動的にユニット テストを生成し、その動作を記述します。

デスクトップ開発が重要であることは、Visual Studio と .NET の多くの開発者にとって今後も変わることはありません。マイクロソフトは、.NET 2015 の一部として、次世代のデスクトップ .NET Framework の更新版である .NET 4.6 をリリースします。このリリースでは、透過的なウィンドウや複数画像のカーソル ファイルのサポートなど、WPF プラットフォームにとって重要な機能強化がいくつか施されています。さらに Visual Studio 2015 プレビューには、Visual Diagnostics ツール、Timeline ツール、再設計された Blend デザイナー エクスペリエンスなど、WPF 開発用の新しいツールが追加されます。詳細については、新たに公開した WPF のロードマップ (英語) をご覧ください。

 

クラウド

Visual Studio 2015 は、これまでに開発された IDE としては、Azure や Visual Studio Online の統合からクラウド アプリケーションの開発に至るまで最も強くクラウドを意識しています。

.NET 2015 には、コンポーネントを組み合わせて使用することが可能な軽量のフレームワークである ASP.NET 5 (英語) が新たに含まれていて、Web アプリケーションやクラウド アプリケーションの開発に使用できます。ASP.NET 5 はクロス プラットフォームのオープン ソース ソリューションであり、複数のバージョンのフレームワークを同一サーバー上で使用してアプリケーションを同時実行することができます。

ASP.NET 5 では、オンデマンドのコンパイルによる新しい開発者向けエクスペリエンスが提供されています。編集とデバッグのサイクルが短縮されているほか、各種コード エディターに対応しています。Visual Studio 2015 には皆様がおなじみの ASP.NET MVC ツールがすべて含まれており、ASP.NET 5 で使用できます。

image 

Visual Studio 2015 にはまた、容易に REST API を検索し、アプリケーションで使用することが可能な Add Connected Service ダイアログがあります。これは、サービスがマイクロソフト製であるかサードパーティ製であるかにかかわらず使用可能で、現時点では Azure Mobile Services、Azure Storage、Office 365、Salesforce でサポートされています。また、Azure Active Directory Authentication ウィザードを使用すると、Web アプリケーションに AD 認証を追加することもできます。

Office 365 でリッチなデータやサービスを統合している場合は、一般提供が開始された Office 365 API (英語) をご利用いただけます。API Sandbox (英語) または今回リリースされた新しい Office Developer Tools for Visual Studio でお試しください。

さらに、Azure SDK 2.5 の提供も今回の更新で開始されました。このバージョンではクラウド診断機能が強化され、Azure Virtual Machines と Azure Cloud Services でのリモート デバッグがサポートされています。

クロス プラットフォームのモバイル開発

iOS、Android、Windows などのモバイル デバイス プラットフォームに対する開発者の注目が強まる中、クロス プラットフォームのモバイル開発ソリューションの必要性がこれまで以上に高まっています。

ユニバーサル Windows アプリケーションの開発ツールの 1 つとして高く評価されている Visual Studio 2015 は、C#、C++、HTML/JavaScript で iOS、Android、Windows、その他のプラットフォームを対象とした完全なクロス プラットフォーム モバイル アプリケーションを開発する際に最適なツールです。

C# と Xamarin

Xamarin プラットフォームでは、あらゆるデバイス向けのネイティブ アプリケーションを Visual Studio で開発できます。このため、.NET の生産性を利用しながら各デバイスの能力を最大限に引き出すことができます。マイクロソフトは Xamarin とのパートナーシップを継続し、C# および F# の開発者がクロス プラットフォームのモバイル開発を行うための優れたエクスペリエンスを引き続き提供します。

今回はこの連携をさらに強化するために、次の 3 点を発表しました。

  • 両社の連携により、MSDN サブスクリプション契約者向けに Xamarin Business/Enterprise を割引価格でご提供 (英語) します。
  • Visual Studio に Xamarin をインストールする合理的なエクスペリエンスを採用し、Visual Studio と Xamarin の統合をさらに推進します。
  • 無料版である Xamarin Starter Edition に Visual Studio のサポートを年内に追加します。これにより Visual Studio Community リリースを補完し、あらゆる開発者の皆様に .NET のクロス プラットフォームのモバイル開発機能を利用していただけるようにします。

image

C++

C++ は現在もハイパフォーマンスなアプリケーションを開発する際の有力な選択肢であり、業界内で最もリッチなエクスペリエンスを利用できます。モバイル開発者にとって C++ は、ゲーム開発や複数のプラットフォームに対応するハイパフォーマンスな共有コード ライブラリにおいて重要視されており、今日のリッチなモバイル アプリケーション開発ではその重要性がさらに増しています。

マイクロソフトは Visual Studio 2015 を通じて、クロス プラットフォームのモバイル開発を C++ で行うための完全なツール チェーンを提供します。これには Android 向けの Clang コンパイラや LLVM オプティマイザーの統合的なサポートが含まれています。近いうちに iOS でもサポートを予定しています。このツールでは C++ の 1 セットのソース コードの編集やデバッグ (英語) を行い、iOS、Android、Windows 向けにビルドすることができます。

さらに Visual Studio 2015 では、新しいリファクタリング機能、「ファイルを指定して検索」機能の強化、インクリメンタル ビルドの改良など、C++ 開発者向けの数十種類の生産性機能を提供します。また、Visual C++ コンパイラでの C++ 11 および C++ 14 のサポートも強化しています。

image

HTML/JavaScript Apache Cordova

モバイル デバイスでは、モバイル向けに最適化されたリッチな Web エクスペリエンスから HTML5 と JavaScript の普及が進み、パッケージ化されたモバイル アプリケーションの一部としての利用も増えています。Visual Studio 2015 では、iOS、Android、Windows を対象としたオープン ソースの Apache Cordova プラットフォームでのアプリケーション開発が初期状態でサポートされています。

Visual Studio が Cordova をサポートしているため、Cordova アプリケーションの作成、デバッグ、解析、パッケージ化、展開を、すべて使い慣れた Visual Studio IDE で実施できます。

最新リリースの Visual Studio Tools for Cordova では、Windows 8.1/ユニバーサル アプリ、Visual Studio での iOS アプリのデバッグ、TypeScript とのシームレスな統合などがサポートされており、非常に生産的なアプリケーション作成エクスペリエンスをご利用いただけます。

image

Visual Studio Emulator for Android

複数のモバイル デバイスのフォーム ファクターを対象とする開発者が増加するにつれ、開発サイクルの生産性を高めるうえで優秀なエミュレーターの確保が重要となっています。これを受けて、Visual Studio 2015 の一部として新たに Visual Studio Emulator for Android (英語) が利用できるようになりました。これは Android プラットフォーム用のハイパフォーマンスな x86 ベースのエミュレーターで、加速度、位置、ネットワーク状態など、デバイスの各種入力をエミュレートするためのさまざまな生産性機能をサポートしています。

image

Visual Studio 2013 Update 4

Visual Studio 2015 の開発と並行して、Visual Studio 2013 の定期更新の配信も進めてきました。今回、Visual Studio 2013 ユーザーを対象に Visual Studio 2013 Update 4 をリリースすることを発表しました。この更新では、数十種類の機能強化と共に新機能もいくつか導入されており、Unity Tools for Visual Studio の完全な統合により Unity アプリケーションの開発に Visual Studio IDE をご利用いただけるようになっています。

Visual Studio および Visual Studio Online での DevOps

開発 (Dev) と運用 (Ops) の統合により、エンドツーエンドのアプリケーション開発プロセスがこれまでにないレベルで迅速化しています。企業における DevOps の実践を支援するために、Visual Studio Online、TFS、Azure、Visual Studio では統合型ツールのセットを提供しています。

Cloud Deployment Projects では、環境を構成してコードとしてキャプチャし、Visual Studio のクラウド プロジェクトやソリューションと同時に管理することができます。Cloud Deployment Projects は Visual Studio 向けの Azure SDK 2.5 ツールの 1 つで、今回の更新から提供が開始されます。

また、Visual Studio Online サービスのプレビューでは、Release Management for Visual Studio の提供も開始されます。Release Management を使用すると、ソースや構成の成果物の開発環境、テスト環境、運用環境の各パイプラインへの展開を容易に管理できます。これにより、運用の確実性を高め、リリースの頻度を上げることが可能になります。

image

まとめ

今回の発表では、マイクロソフトの開発プラットフォームに対する私たちの今後のビジョンを皆様にお伝えすることができました。マイクロソフトではこのビジョンの一環として、すべての開発者の方々、そしてアプリケーションが Visual Studio、.NET、Azure、Visual Studio Online にアクセスできるようになることを目指しています。

Visual Studio、Visual Studio Online、.NET、Azure は、スタートアップ企業や学生、一般ユーザー、オープン ソース開発者や商用製品開発者などのさまざまなユーザーの皆様が、プラットフォームやアプリケーションの種類を問わず、最新のモバイルやデスクトップ、Web、クラウド プラットフォームといった多様な環境での開発にご利用いただけます。

ぜひ皆様の開発にお役立てください!

Namaste!(それではまた!)

Comments (1)

  1. 窓辺ありにゃん より:

    Somasegar's blog へのリンクと元記事へのリンクが「file:///c:/~」となっています。お手数ですが、修正をお願いします。

Skip to main content