過去コードを最新 Visual Studio で効率開発


 

マルチ ターゲットをご存知でしょうか? 最新の Visual Studio ではアプリケーションで必要とされる .NET のバージョンを指定できます。これを使うことで以前のバージョンで作成したプロジェクトを最新の Visual Studio の機能を使って開発することができます。

今回は .NET Framework 3.5のPetShopWeb をサンプル アプリとして使って説明します。

http://petshopvnext.codeplex.com/SourceControl/latest#PetShop/CacheDependencyFactory/DependencyAccess.cs

clip_image002

1.NET 3.5 サンプル アプリ

 

 

旧バージョンの .NET のソリューション ファイルを開く

ダウンロードしたサンプル アプリのソリューション ファイルを開きます(下図の “PetShop.sln”)。

clip_image004

2.NET 3.5 サンプル ソリューション ファイル

 

 

ソリューション ファイルの変換

旧バージョンのソリューション ファイルを開くと、ソリューション ファイルの変換が行われます(.NET のバージョンとは無関係です)。変換が必要なプロジェクトとソリューションが表示されますので、OKを押して変換を進めます。

clip_image006

3.ソリューション ファイルの変換レビュー

 

 

ソリューション ファイル変換確認

ソリューション ファイルの変換完了後、結果レポートがブラウザに表示されます。

clip_image008

4.ソリューション ファイル変換レポート

 

 

.NET のターゲット バージョン設定

変換が終わったソリューション ファイルは、最新の Visual Studio でコード編集が可能です。その際、ターゲットとなる .NET のバージョンを設定することができます。最新バージョンに引き上げることも可能ですし、そのままのバージョンに留めておくことも可能です。

.NET のバージョンを変更したいプロジェクトのショートカット メニューから [プロパティ] をクリックします。

clip_image010

5.NET のターゲット バージョンの指定

 

 

過去の .NET バージョンでのプログラム実行

.NET のバージョンを変更後も問題なくプログラムの稼働が可能です。もちろん、.NET のバージョンを変更せず、維持したバージョンでも稼働可能です。

clip_image012

6.サンプル プログラムの稼働

今回は、旧バージョンの .NETのソリューション ファイルを最新の Visual Studio で取扱い、 .NET のターゲット バージョンを設定(維持・変更)することをご紹介しました。最新の Visual Studio を利用することで、旧バージョンの .NET でも最新の機能を使うことができます。是非、過去に作成したコードのメンテナンスにご活用ください。

Visual Studio を使いこなしましょう!


Comments (0)

Skip to main content