Project Siena Beta3: 一般ユーザーがビジネス プロセスを変革するカスタムアプリケーションの作成が可能に


本記事は、マイクロソフト本社の Somasegar’s blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】Project Siena Beta 3: Enabling business users to create custom apps to transform business processes  2014/7/14 9:45 PM

このたび、Project Siena Beta3 をリリース いたしましたことをお知らせいたします。今回のリリースは、ビジネス エキスパート、ビジネス アナリストおよびアプリケーションの企画者向けに、企業のサービス、大手 SaaS、人気のウェブサイトおよびソーシャル サービスに接続することができるパワフルなカスタム モバイル アプリをより簡単に開発していただくことを目的としました。

Project Siena はその公開以来、法人のお客様やソリューション パートナー様から非常に高い評価をいただき、素晴らしい方法でご利用していただいている様子を目にしてまいりました。一般ユーザーの皆さまが、パワフルなモバイル ファーストのカスタム アプリを、一切のプログラミングなしで、ほんの数時間で作成されています。また、これまでのモバイル機器では想像もできなかったほどのシグナル リッチかつメディア リッチなエクスペリエンスとともに、バック エンド サービスや SaaS の拡張によって ビジネス プロセスを変化させたモバイル アプリが開発されたことも存じ上げています。

しかし、もっとも重要なことはユーザーの皆さまがアイディアをアプリに転換することをどのように考えるのかについて、変化の兆しがあらわれたことです。

ビジネス プロセスの変革

ビジネス プロセスの変革についての完全な例として、革新的なターフ、景観管理機械の販売およびレンタルのリーディング プロバイダー、Toro 社 が挙げられます。同社のマーケティング マネージャーとウェブ コンテンツ マネージャーは、タラデガ・スーパースピードウェイで大規模なマーケティング イベントである NASCAR レースが開催されるちょうど 4 週間前に、Project Siena を知りました。それから数日でアプリの構想を思いつき、レース イベントについて具体的に作られたコンテンツとその動作で、イベントの参加者が Toro 社の製品カタログを閲覧し、製品理解を促す、インパクトのあるアプリが完成する結果となりました。

もう一つは、ソフトウェア製品開発と技術サービスを行うグローバル企業である Persistent Systems 社 の例です。同社の ビジネス アナリストとビジネス アーキテクトは、顧客と交わす「より良いアプリとは?」についての対話を変える手段として、Project Siena を使用しています。現在、彼らはその会話の中で、高機能のプロトタイプが顧客の望むものであると同時に発想を変えることとなり、アイデアの検証と改良がその場で行われる例となりました。

Aditi Technologies 社 はクラウド サービス、IT アウトソーシングおよびデジタル マーケティングに注力しているグローバル展開しているテクノロジー ソリューション パートナーです。同社はプリ セールスに Project Siena を導入し、ほぼリアルタイムにアプリを作成できる能力は、スポット的な変更、セールス サイクルの短縮、顧客、特に意思決定者またはプロセス オーナーと戦略的な関係構築を進められることにより Aditi 社にアドバンテージを与えています。

Siena Beta3

The Beta3 リリースでは、ビジネス エキスパートやアナリストの業務を進める Project Siena の機能に大きな追加を行いました。キーとなる新機能として、以下の内容が含まれます。

  • ワン クリック リード/ライト機能(Yammer、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、Coursera、Bing Search、Bing 翻訳への接続)
  • Oauth 1 および Oauth 2 サポートによる、より多様な RESTful サービスへの接続
  • システムを素早く RESTful サービスに接続させる WADL アクセラレータ – 本機能は 4 週間以内にリリース予定です。
  • SharePoint リストへのライト バック
  • インタラクティブ チャートによるデータの可視化
  • 公式および関数を含む UI 全体の多言語サポート – 本機能は 4 週間以内にリリース予定です。
  • 双方向性およびデザインの操作性の向上を含むボード全体の改良

Beta2 で、私たちはそのコンセプトを、プログラマーではない方にも Excel の関数を使うような簡単な操作でお使いいただけることとし、そして 2 つの Excel 関数を組み合わせるような操作だけで複数のサービスを作成できることを、以下の画像のようにご紹介いたしました。

Beta3 はその機能性を異なるレベルに引き上げ、PowerPoint のスライド レイアウトをプレゼンテーション ファイルに加えることと同様に簡単な操作で始めることができます。

 

 
まとめ

Project Siena Beta3 は、最もクリエイティブなビジネス マインドにモバイルとクラウドの際限ない力を与えるという私たちの使命の中で、重要な歩みといえます。

是非 Windows ストアから最新の Project Siena をインストール し、http://Microsoft.com/Project Siena をご覧いただき、チュートリアル ビデオをご視聴になり、インスピレーションを得るためにサンプル アプリをダウンロードしてください。Siena アプリとしてご自身のアイデアに命を吹き込ませてください。

Namaste! (それではまた!)

Comments (0)

Skip to main content