[アーカイブ] Visual Studio / TFS Update 3 “go-live” RC 版を公開


<オリジナル投稿 2013年5月8日 本ポストの情報はオリジナル投稿時点のものです。マイクロソフトの正式な見解や製品の仕様を保証するものではないことをご了承ください。>

先日に、Update 2 がリリースされ、1か月ほどしかたっていませんが、Update 3 の RC (リリース候補版) が公開されました。4月に公開された CTP は異なり、”go-live” です。実開発環境に適応いただくことができます (正式リリース版公開後に速やかに正式公開版を適用ください)。

Visual Studio 2012 Update 3 RC (2012.3) ダウンロード

Visual Studio 2012 の各エディション、Team Foundation Server 2012 および、TFS Express 2012 の Update が含まれます。

TFS (および、TFS Express) については、ISO ファイルのダウンロードをお勧めします。また、Visual Studio については、Web インストーラーでの提供となります。オフラインでも適用できるようにするには、「VS2012.3 RC.exe /layout」 と /layout オプションを付けて実行してみてください (詳しくは、こちら!)。
さて、Update 3 についての詳細は、以下の情報リソースをご覧ください。

更新内容は、主に、Connect などに寄せられたユーザーのみなさんからの機能強化および、バグ修正です。機能強化としては、Team Foundation Service で早期実装されたソース管理に Git を使った場合についての TFService ⇔ オンプレミス TFBuild の連携による継続的インテグレーション (CI) が可能になります。
Visual Studio、TFS は、Continuous Value Delivery を実践しています。概ね四半期に一度のペースでの Update のリリース、TFService については、3週間スプリントでの機能追加/改善が実践されています。今回の Update 3 もその一環です。Update 3 が、ユーザーフィードバックで多かったものを多く採用しているように、みなさんからのフィードバックがみなさんが価値を生み出すための道具である Visual Studio と Team Foundation Server が進化していきます。ぜひフィードバックをドンドン日本から送ってください。投票の機能のあるので、そちらでもどんどんお寄せください。

また、Visual Studio 2012 には、フィードバックツールが提供されています。こちらを使って報告いただくとより簡潔にレポートすることができますので、ぜひご活用ください!

  • Visual Studio の拡張機能と更新プログラムで入手するimage検索ボックスに、「フィードバック」と入力すればでてきます。
  • 直接ダウンロードする場合は、こちら

フィードバックツールは、Visual Studio 2012 の [ヘルプ]:[バグの報告]からアクセスできるようになります。

Comments (0)

Skip to main content