[アーカイブ] Visual Studio 2012 RTM まとめ [更新]


<オリジナル投稿 2012年8月16日 本ポストの情報はオリジナル投稿時点のものです。マイクロソフトの正式な見解や製品の仕様を保証するものではないことをご了承ください。>

米国時間の2012年8月1日に Visual Studio 2012 「も」 RTM を迎えました。RTM とは、Release to Manufacturing です。ソフトウェア的には完成し、製造(DVD作成など)に送られたことを示します。その後、GA (General Available) を迎えることとなります。
そして、日本時間の8月16日未明にMSDNサブスクリプション会員向けに、Visual Studio 2012 のダウンロード提供が開始されました。同時に、Windows 8 もダウンロード提供が開始されました。MSDNサブスクリプション会員は、お得ですよね。
また、評価版も同タイミングで、全エディションが無償ダウンロード提供開始です。こちらはもちろん、どなたでもお試しいただけます。
最新情報は、以下をご覧ください。RTW とは、Release to Web です。

RTM については、下記をご覧ください。

日付ベースでまとめると以下になりますね。

  • 8/1 RTM
  • 8/15 MSDN Subscriptions ダウンロード提供の開始 < 今ここ!
  • 9/12 Virtual ローンチ イベント開催 ⇒ http://visualstudiolaunch.com

MSDN サブスクリプションでは、先行して Visual Studio 2012 を利用開始できますので、やはりおすすめですね。Windows 8、Windows Server 2012 をいち早く入手し、開発に活かせるというのも見逃せないポイントです。今の時代は、アイディア勝負ですので、いち早く環境を手に入れて、サービスやアプリケーションをいち早く世に出すことが重要になってきます。せっかくの機会ですので、MSDN 会員の皆さんはこのチャンスを活かしていただくとともに、お持ちでない方は、このタイミングを例にだし、意思決定者の方々に納得いただき、会員になれるといいですね。
Team Foundation Server 2012 でもいよいよ、Visual Studio Scrum 2.0 のプロセステンプレートが標準搭載となります。もちろん、日本語としてです。Beta, RC でも反映しきれませんでしたが、正式版では、スクラム関連用語もかなりこなれたものになる予定です。

Comments (0)

Skip to main content