[アーカイブ] テストツールまるわかりガイド(入門編)公開


<オリジナル投稿 2012年7月3日 本ポストの情報はオリジナル投稿時点のものです。マイクロソフトの正式な見解や製品の仕様を保証するものではないことをご了承ください。>

NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER: Assciation of Software Test Engineering)の活動の一環でテストツール ワーキンググループ(テストツールWG; Test Tool Working Group)というのが一昨年くらいからだったでしょうか、行われています。ここでは、日本でなかなか活用しきれていないテスト関連ツールをもっと欧米並みに活用し、ソフトウェアの品質や生産性といった国力UPをするにはどうしたらよいのかいろいろとやっています。
参加している団体/企業も、現時点で、テストツール関連企業が12社、テストツールのユーザー企業が2社と多彩な顔ぶれです。私もマイクロソフトとして参加をしています。

テストツールWGの事業内容: http://aster.or.jp/business/testtool_wg.html

さて、本題ですが、このテストツールWGの活動として、『テストツールまるわかりガイド(入門編)』を作成し、昨日公開となりました。先述のような目的のもと、まずは、テストそのものとそこに関わるツールをある程度見通しがつくようにしようということで取り組みました。したがって、「入門編」と名がつく通りのレベル感で書いてあります。とはいえ、テストの道の専門家が集まっていることもあり、「これ難しすぎじゃね?」と油断すると難しくなる傾向にw すべての人に200%満足いくものではないかもしれませんが、こういったたたき台、リトマス試験紙的なものができたことはよいことだと思っています。
ぜひ、テストや品質についての現場での議論の材料としてご活用ください。
この手のものがでると、「全部実践しないといけない」とか、「うちでは状況が違うから意味がない」という意見が出たりしますが、そういうマインドでしたら読んでいただかなくていいかなというのが個人的な意見です。どんな材料でも、みなさんの現場、顧客への価値として結びつける貪欲さが今求められているかと思いますので、そういったお気持ちでダウンロードし、読んでいただければ制作に携わった一人として本望です。

NPO法人 ソフトウェアテスト技術振興協会 発行
ASTERテストツールWG 著
「テストツールまるわかりガイド(入門編)」
http://aster.or.jp/business/testtool_wg/pdf/Testtool_beginningGuide_Version1.0.0.pdf

なお、Microsoft としても Visual Studio 製品群を紹介させていただいています。テスト領域で見ても、広範囲をカバーできるところをご確認いただければ幸いです。
目次紹介:

  • はじめに
  • 第一章 なぜテストツールが必要なのか?
  • 第二章 あなたのプロジェクト健康診断
  • 第三章 プロジェクトで必要なテストとは
  • 第四章 テストツール体系
  • 第五章 テストツールマップ
  • 第六章 テストツールカタログ
Comments (0)

Skip to main content