Continuous Delivery Tools にコンテナーのサポートを追加

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Continuous Delivery Tools adds support for Containers 2017/5/18   先日の Microsoft Build 2017 にて、Continuous Delivery Tools for Visual Studio (英語) の更新が発表されました。マイクロソフトでは、お客様からのフィードバックを拡張機能の拡充に積極的に取り入れています。私たちは皆様からの熱意のあるご意見やご要望を受けて製品を追求する多くのチャンスをいただき、お客様にさらに価値あるものを継続的に提供することができています。今回の更新では、不具合を修正したほか、Docker Compose を使用したソリューションで Azure App Service on Linux および Azure Service Fabric クラスターへの継続的デリバリ パイプラインを構成できるようになりました。また、コードの品質改善を支援する新機能 (英語) を追加しました。この機能を使用すると、コードをコミットする際に未解決のコード分析問題が通知され、エラー インジケーターをクリックしてエラー リストを参照できます。チーム内の CI/CD プロセスに影響が及ぶ前に対処することが可能なため、安心してコードをコミットできるようになります。この機能の詳細については、こちらのブログ記事 (英語) を参照してください。 App Service on Linux への継続的デリバリ コンテナー対応ソリューションのサポート拡大の一環として、このたび、ビルドやリリース定義を IDE…


Build での発表: Visual Studio Mobile Center のプラットフォーム、選択肢、機能を拡充

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 More Platforms, More Choices, More Power: Visual Studio Mobile Center at Build 2017/5/11   昨年秋に、マイクロソフトは Visual Studio Mobile Center (プレビュー) をリリースしました。これは、モバイル アプリのライフサイクル管理と高品質なアプリのリリース サイクルの短期化を支援するために開発された開発者向けクラウド サービスです。今回はこの Mobile Center の機能強化を行い、さらに幅広いユーザーの皆様やプラットフォームでご利用いただけるようにしました。 新機能 Windows のサポート Mobile Center は、すべてのアプリ開発者が高品質なアプリを短期間で構築し配信できるようにすることを念頭に設計されました。マイクロソフトは、すべての開発者がどのようなプラットフォームを利用しても最高の環境を手に入れられるすることを目指しています。Microsoft Build 2017 (英語) の今朝のセッションでは、iOS と Android に続き、新たに Windows アプリをサポートすることが発表されました。これにより、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) の開発者が Mobile Center の…


Visual Studio for Mac での Unity ゲーム開発

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Unity game development with Visual Studio for Mac 2017/5/10   2014 年に Visual Studio Tools for Unity (VSTU) の最初のバージョン (英語) をリリースして以来、Windows 向けには Tools for Unity の複数のバージョンをリリースしてきましたが、Mac OS を実行している Unity 開発者にこのツールを提供する機会はありませんでした。 本日の Microsoft Build カンファレンスにおいて、Visual Studio 2017 for Mac の一般提供開始が発表されました。これは、フル機能を備えた Mac 向けの IDE で、モバイル アプリや Web アプリからゲームまで、あらゆる開発作業に利用できます。 今回のリリースでは Tools for…


Visual Studio とデータ サイエンス ワークロードでインテリジェント アプリをすばやく構築

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Build Intelligent Apps Faster with Visual Studio and the Data Science Workload 2017/5/10   本日、Visual Studio 2017 のデータ サイエンス ワークロードと分析アプリケーション用ワークロードをリリースしました。この機能はしばらくの間プレビューとして提供されており、ローカリゼーションとアクセシビリティの対応が完了するまで時間がかかっていましたが、このたび満を持して一般提供が開始されました。 データ サイエンス (DS) ワークロードでは、3 つの言語と各ランタイム ディストリビューションを単一のワークロードとして提供します。 R と Microsoft R Client Python と Anaconda F# と .NET framework R と Python はデータ サイエンスで使用される 2 大スクリプト言語です。どちらの言語も覚えやすく、充実したパッケージ エコシステムのサポートがあり、データ取得、データ クリーニング、モデル学習、広範なドメインへのデプロイなど、あらゆるシナリオに対応しています。F# は強力な関数型 .NET…


Visual Studio for Mac の一般提供を開始

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio for Mac: now generally available 2017/5/10   本日の Microsoft Build カンファレンスで Visual Studio 2017 for Mac の一般提供を発表しました。 Visual Studio for Mac は Mac 用に設計されたフル機能のネイティブ IDE で、モバイル アプリや Web アプリ、ゲームにいたるあらゆるものに対して開発、デバッグ、テストを行うことができます。PC と Mac 間で同じソリューションやプロジェクトをベースとしたコードをシームレスに共有できる Mac 用ネイティブ IDE で、Mac ユーザーが使い慣れた操作方法で利用することができます。 モバイル、Web、クラウド、ゲーミングに対応 C# と .NET を使用したモバイル開発 統合デザイナーやコード編集、ツールのパッケージ化や発行まで、Visual Studio for Mac は…


Azure App Services に ASP.NET Core プロジェクトを自動でビルドおよびデプロイ

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Automatically build and deploy ASP.NET Core projects to Azure App Services 2017/4/25   マイクロソフトでは、最近の更新プログラムにおいて、一般的なさまざまなシナリオをサポートするよう取り組みを進めてきました。今月の始めには、ソースをパブリックまたはプライベートの GitHub リポジトリ (英語) からプルする Visual Studio Team Services (VSTS) での自動 DevOps パイプライン設定のサポートを追加しました。また、TFVC シナリオのサポートについても現在対応を進めており、拡張機能のさらなる充実を図っています。今回の更新では、Continuous Delivery Tools for Visual Studio (英語) 拡張機能のしあげとして、Azure App Services 向け ASP.NET Core アプリケーションのビルドおよびデプロイのサポートを追加しました。これを使用すると、ASP.NET 4.x または ASP.NET Core アプリケーションのビルド、テスト、デプロイを自動で行う VSTS ビルドおよびリリース定義を構成できます。また、コミュニティで報告されたバグの修正も実施しました。皆様のご協力に感謝します。 ASP.NET Core…


クラウドだけにとどまらない Visual Studio for Mac

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio for Mac to the Cloud and Beyond 2017/4/12   昨年 11 月に、Mac 用モバイル アプリやクラウド アプリケーション開発のためのフル機能 IDE である Visual Studio for Mac を発表しました。これは、Xamarin でのモバイル開発や .NET Core でのクラウド開発の基盤として開発されています。 マイクロソフトはこの数か月間、Windows 向けに設計された C# コードの Mac への移植に取り組んできました。優れた Visual Studio アーキテクチャでは、コードを難なく再利用できました。Mac チームと Windows チームは愛情と熱意を持って快適な開発エクスペリエンスを提供できるようにすることを目指しています。 今回は、Visual Studio for Mac の最新機能を紹介します。 Web 編集 macOS 向けに…


Visual Studio 2008 のサポート終了まで残り 1 年に

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 End of Support for Visual Studio 2008 – in One Year 2017/4/10   10 年間というマイクロソフトのサポート ポリシーに従い、Visual Studio 2008 および関連する製品、ランタイム、コンポーネントのサポートを 2018 年 4 月 10 日をもって終了します。この日以降も Visual Studio 2008 アプリケーションは動作しますが、今後 1 年の間に Visual Studio プロジェクトを移植、移行、アップグレードして、サポートの利用を継続していただくことをお勧めします。Visual Studio の最新版を入手するには、visualstudio.com にアクセスしてください。 次の製品は、2018 年 4 月 10 日にサポートの提供を終了いたします。それ以降、セキュリティ更新プログラム、テクニカル サポート、修正プログラムは提供されません。 Microsoft Visual Studio 2008 (全エディション)…


Visual Studio の新しいアイコン セット

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Iterations on infinity 2017/3/8   開発者の皆様は、毎日のように Visual Studio のアイコンを目にしているのではないでしょうか? 一日に何度もクリックしたり、タスク バーに並んでいるところやプロジェクト ファイルにアタッチされているのを見たりしているかと思います。アイコンは、簡単には変更できない重要なものです。一般的な画面で見ると 1 cm にも満たない小さな画像ですが、その存在はとても大きなものです。アイコンにはたくさんの意味が込められています。そのアプリケーションでどんなことを体験できるのかを暗に知らせてくれたり、ユーザーの気持ちを引きつけるものになることもあります。 このたび、Visual Studio 製品ファミリの新しいアイコンがロールアウトされました。無限大を表す記号と、色は紫が引き続き採用され、ブランドのイメージがそのまま引き継がれています。この紫色の無限大の記号は、皆様に信頼を寄せていただいているこの製品スイート全体を表すものとなり、製品ファミリには、フラッグシップ製品の Visual Studio IDE を始め、Visual Studio Team Services、Blend for Visual Studio、Visual Studio Mobile Center などが含まれます。他にも Visual Studio for Mac 用の macOS 形式のアイコン、近日リリース予定の Visual Studio Code (英語) 用の新しいアイコンなどがあります。 しかし、無限大の記号を採用すればそれでよい、ということはありませんでした。ユーザーからは「バージョンの区別がつきにくい」というご指摘をいただいており、たとえば Visual Studio Code…


アプリの機能拡張を支援する Visual Studio 2017 パートナー

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Extend your App Success with Visual Studio 2017 Launch Partners 2017/3/7   Visual Studio 2015 のリリース以降、Visual Studio を取り巻くテクノロジ エコシステムは多様化し、大きく成長してきました。現在 Visual Studio パートナー プログラムでは、Visual Studio、Visual Studio Code、Visual Studio Team Services、Xamarin 向けの拡張機能や統合機能が 6,500 種類超も提供されています。パートナー コミュニティでは、ツールの作成のみならず、開発者エクスペリエンスのカスタマイズや高機能化の支援も盛んに行われています。 Visual Studio 2017 で使用できる拡張機能は急速に増えており、マイクロソフトのテストに合格しているのは、この記事の執筆時点で 700 種類にも上ります。Visual Studio パートナーの数も Visual Studio 2015 リリース時の 2 倍になりました。同時出荷パートナーが提供する拡張機能の一覧はこちらです。これらは、Visual Studio Marketplace…