新しいスタート ページの新機能をご紹介

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Harness the Power of the Redesigned Start Page 2016/11/29   Visual Studio 2017 RC (英語) では、インストール時間が短縮され、パフォーマンスが向上したほか、新たな生産性機能の数々が導入されました。今回は、この生産性機能導入の一環として刷新されたスタート ページの新機能についてご紹介します。これにより、特にコードを取得してから作業を開始するまでの操作がスピーディに行えるようになりました。 最近使用した項目 (MRU) のリスト ユーザーの皆様からのご意見をもとに、今回、スタート ページの中でも特に重要な構成要素である MRU について重点的に検討を行いました。まず、探している項目をすばやく見つけられるように、MRU の各アイテム (プロジェクト、ソリューション、フォルダー、ローカル アイテムのファイル パス、ローカル ディスクには存在しないリモート アイテムの URL など) のアイコンが種類別に表示されるようにしました。また、新たに追加したフォルダーを開く機能で、最近使用したフォルダーをサポートしました。さらに、項目を日付でグループ化できるようにし、履歴の長いアイテムやピン留めしたグループが MRU の上部に表示されるようにして、重要なアイテムにすばやくアクセスできるようにしました。 また、複数のマシンを利用している場合の生産性を向上するために、MRU でのローミングを可能にしました。Visual Studio Team Services や GitHub などのサービスでホストされているリポジトリのクローンを作成する際、Visual Studio で同一アカウントに関連付けられた Visual Studio インスタンスにローミングすることができます。そして、MRU からローミングされたアイテムを選択してクローンを作成し、そのコード ベースでの作業を継続できます。…


Visual Studio 2017 RC 皆さんの生産性を高める機能たち

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Productivity in Visual Studio 2017 RC 2016/11/28   Visual Studio が多くの開発者に選ばれる理由は、強力ながら自然に使いこなせる生産性機能によって、「究極の集中力」を得られるからではないでしょうか。Visual Studio 2017 RC では、開発者の皆様がツールの使い勝手を気にすることなく、プログラムの中身に集中していただけるように、この機能の強化に力を入れています。今すぐダウンロードして、日々の開発作業を快適にする機能を実際にお確かめください。 Visual Studio 2017 RC では、ほとんどの開発者が時間を費やす、コード編集、ナビゲーション、デバッグの 3 つに重点を置いて機能強化を行いました。今回はその 3 つの点に関する各機能を詳しくご紹介します。 コード編集 IntelliSense フィルタリング IntelliSense は、カテゴリごとに一連の値を絞り込むことで、新しい API をすばやく参照できるフィルタリング機能です。この機能を使用すると、必要な変数を多くの型の中から探し出す必要がなくなります。下のスクリーンショットは、フィルターを使用して、C++ コード ファイルの IntelliSense の結果に変数と定数のみを表示している例です。 すべてのフィルターには便利なキーボード ショートカットが用意されています。たとえば、C# コードの入力では、Alt + P キーでプロパティに絞り込んだ表示を、Alt + M キーで拡張メソッドの除外をすばやく行うことが可能です。フィルター バーの上にマウス ポインターを合わせるだけで、状況に応じたすべてのショートカットを確認できます。 一致箇所の強調表示 結果をすばやく得るためにキャメル ケース マッチング…


Visual Studio 2017 RC で JavaScript 開発がより生産的に

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 More Productive JavaScript in Visual Studio 2017 RC 2016/11/28   開発者に Visual Studio が選ばれているのは、JavaScript 編集の生産性を高める各種のツールが用意されているためです。これまで Visual Studio 2017 RC では、開発者がよく使用する機能を強化することに重点が置かれてきました。その結果、開発者はコーディングにより多くの時間を割り当てられるようになっています。この記事では、Visual Studio 2017 RC で現在提供されている IntelliSense とコード参照の機能強化の中でも特に便利なものをいくつかご紹介します。 機能が豊富になった IntelliSense Visual Studio 2017 RC の JavaScript IntelliSense では、パラメーターやメンバー一覧に関する情報がさらに多く表示されるようになりました。この新しく追加された情報は TypeScript から補充され、バックグラウンドでのスタティック分析に基づいて開発者のコードを適切に理解します。TypeScript の複数のソースを基に情報が生成されます。 jQuery ajax() 関数に関するリッチな IntelliSense JSDoc に基づいた IntelliSense 既定での型の推定で望ましい型の情報が提示されないときは、JSDoc アノテーションから明示的に型情報が提示される場合があります。たとえば、部分的に宣言されたオブジェクトに特定の型を持たせるには、下図のように @type タグを使用できます。…


WinAppDriver: Selenium に似た Appium のテストを使用して、Windows であらゆるアプリのテストを実行

  本記事は、マイクロソフト本社の SCOTT HANSELMAN の記事を抄訳したものです。 【元記事】 WinAppDriver – Test any app with Appium’s Selenium-like tests on Windows 2016/11/16   過去のブログ記事をさかのぼってみたところ、私は 2007 年から Selenium の Web テスト フレームワークを使用していました (英語)。現在では、Microsoft Edge を含む各種 Web ブラウザー向け (英語) の Selenium ドライバーが提供されており、Ruby、Python、Java、C# など、現在使用されているほぼすべての言語 (英語) で Selenium テストを作成することができます。 私は Selenium (英語) を愛用しており、BrowserStack などのシステムと併用 (英語) して、各種 OS でさまざまなブラウザーのテストを自動化しています。 “Appium” は Selenium 風の優れたテスト フレームワークで、以前の JsonWireProtocol に相当する…


Package Management の一般提供を開始: NuGet、npm などのサポート

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Package Management is generally available: NuGet, npm, and more 2016/11/16   このたび、Team Services と TFS 2017 で Package Management の一般提供が開始されました。まだご利用でない方は、ぜひ Visual Studio Marketplace (英語) からインストールしてください。 業界最高レベルの NuGet 3 のサポート Package Management で NuGet がサポートされたことにより、パッケージをホストし、チーム、ビルド、リリースで利用できるようにして、継続的デリバリー ワークフローを実現できます。Package Management では最新の NuGet 3.x クライアントが業界最高レベルでサポートされているため、.NET エコシステムに容易に追加できます。NuGet.Server のプライベート コピーをホストしている場合やパッケージをファイル共有で管理している場合、Package Management を使用するとこのような手間をなくすことが可能で、移行時にも役立ちます (英語)。 Package Management で…


Release Management の一般提供を開始

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing general availability of Release Management 2016/11/16   このたび、Visual Studio Team Services の Release Management の一般提供が開始されました。Release Management は Team Foundation Server 2017 でも使用できます。 マイクロソフトは、Release Management のパブリック プレビューを開始して以来、継続的に新機能を追加 (英語) してきました。このサービスは非常に多くのお客様にご利用いただき、製品改良の参考となる貴重なご意見を多数いただいています。 Release Management は DevOps に不可欠な要素であり、高品質なソフトウェアを速いペースで継続的に提供するうえで重要です。Release Management では、開発環境、テスト環境、ステージング環境、運用環境といった複数の環境へのアプリケーションのデプロイやテストを自動化することが可能で、あらゆるアプリケーション プラットフォームにデプロイし、オンプレミスまたはクラウドをターゲットにすることができます。 Release Management はクロス プラットフォーム対応で、Java から ASP.Net や Node.js まで、さまざまな種類のアプリケーションをサポートします。また、各種 ALM ツールとの統合やリリース プロセスのカスタマイズも可能です。たとえば、Release…


Visual Studio 2017 RC のデータ サイエンス ワークロード

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 The Data Science Workloads in Visual Studio 2017 RC 2016/11/18   Facebook で写真に写っている人物が自動でタグ付けされたり、オンライン サイトでおすすめの商品が表示されたり、写真をキーワード検索できたり、クレジット カードの不正利用が警告されたりと、機械学習とデータ サイエンスは、私たちのごく身近に存在しています。 このたび、Visual Studio 2017 RC (英語) 向けのデータ ストレージとデータ サイエンスの専用ワークロードがリリースされました。このワークロードには、次世代のインテリジェントなアプリやサービスの構築に必要なバックエンドやツールがすべて含まれています。 それぞれのワークロードについて詳しく見ていきましょう。 データ ストレージとデータ処理: ビッグ データのストレージと高度な分析に使用します。 SQL (英語)、HDInsight (英語) (Hadoop/Spark)、Azure Machine Learning (英語) を使用すると、エンタープライズ レベルの分析に特化した各種の高度なテクノロジを利用できます。 データ サイエンス: 分析、モデルの構築、スマート アプリの作成に必要なツールがすべて含まれています。 Python Tools for Visual Studio: デスクトップ、Web、指数、データ サイエンス/機械学習 R…


JavaScript を使用する iOS 開発者や Android 開発者に向けた新機能

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Whats’s new for iOS and Android developers using JavaScript? 2016/11/17   今週発表された Visual Studio 2017 RC には、Visual Studio Tools for Apache Cordova (TACO、英語) の最新リリースが含まれています。このリリースにあたって、マイクロソフトではモバイル開発者の皆様が日々直面している大きな課題に取り組みました。その取り組みは、主に次の 2 つのテーマに分けられます。 高速かつ信頼性の高いビルド: Visual Studio の新しいインストーラーでは、サードパーティ製コンポーネントの十分に検証されたツールチェーンのオフライン インストールを組み合わせることで、より高速なビルドが実現されています。これにより、トラブルシューティングや修復もさらに容易になります。 編集とデバッグの大幅な高速化: 新しいブラウザー ベースのシミュレーターでは、コードをすばやく実行してブラウザー内で即座に結果を確認できます。ライブ リロード、プラグイン シミュレーション、Ionic Framework のサポートにより、Visual Studio に市場最速の開発者ワークフローが実現されています。 高速かつ信頼性の高いビルド Cordova 開発者の方々とお話ししたところ、現時点で最も一般的な問題となっているのは環境のセットアップとアプリケーションの構築に関連するものでした。これは当然のことでしょう。たとえば、ネイティブなターゲット プラットフォームの SDK を使用してネイティブなアプリケーションを構築するというように、構築こそが Cordova のすべてであるからです。マイクロソフトの調査によると、TACO を使用している開発者の 26%…


Visual Studio Tools for Unity 3 プレビューをリリース

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio Tools for Unity 3 Preview 2016/11/17   今回の Connect() (英語) において、Visual Studio Tools for Unity (VSTU) 3 プレビューがリリースされました。VSTU はマイクロソフトが提供する無料の Visual Studio アドオンで、Unity のゲーム開発用ツールおよびプラットフォームと連携してプログラミングやデバッグを行うためのリッチな機能を提供します。 VSTU 3 プレビューは [Game Development with Unity] ワークロードの一部として Visual Studio 2017 RC のインストーラー (英語) からインストールできます。このワークロードでは、Unity 開発者が Visual Studio 2017 RC でクロスプラットフォームの Unity ゲームを作成、デバッグする際に必要となるコンポーネントをインストールすることができます。 VSTU 3…


Visual Studio 2017 RC のライブ ユニット テスト

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Live Unit Testing in Visual Studio 2017 RC 2016/11/18   Visual Studio 2017 に新機能のライブ ユニット テストが導入されました。この機能を使用すると、スピードが求められる開発作業の中でも、品質を確保しながら必要なテストをすべて網羅できるため、生産性が大幅にアップします。たとえば、なじみの薄いコード ベースのバグを修正する必要がある場合、この機能を使用すれば、修正によるコード変更がシステムの他の部分に影響しないかをすぐにチェックできます。また、コードを入力していくとその場でフィードバックを得られるので、より生産的にコーディングを進められるだけでなく、バグの修正やユニット テスト作成も楽しくなるに違いありません。 ライブ ユニット テストでは、コードの編集中にバックグラウンドで影響範囲のユニット テストが実行され、その結果やテスト範囲がリアルタイムでエディターにわかりやすく表示されます。コード変更の既存テストへの影響のほか、新たに追加したコードが 1 つ以上の既存のテスト範囲でカバーされているかどうかも即座にフィードバックされます。このため、バグの修正や機能の追加の際に、ユニット テストの作成が必要かどうかを把握できます。コード ベースのテストがすべて成功すればひと安心です。 ライブ ユニット テストは Visual Studio 2017 Enterprise エディションで使用可能で、.NET Framework をターゲットとした C# と VB のプロジェクトに対応しています。この機能では、VB と C# のコンパイラを使用してコンパイル時にコードを実装します。次に、そのコードでユニット テストを実行してデータを生成します。このデータは、テスト範囲に含まれるコードの行を分析するために使用されます。そして、このデータを使用して編集箇所のテストを実行し、すぐにエディター内に結果を表示します。コードを編集したりテストを追加または削除したりするたびにデータが更新され、影響を受けるテストが特定されます。 ライブ ユニット テストを開始する ライブ ユニット テストを開始するには、上部のメニュー…