Visual Studio “15” Preview 3 のリリースを発表

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio “15” Preview 3 2016/6/27   Visual Studio “15” Preview 3 がリリースされました (Visual Studio 2015 Update 3 とは別物です)。今回のリリースは引き続きプレビュー版でサポート対象外であるため、運用環境にはインストールしないことをお勧めします。ただし、以前の Visual Studio “15” のプレビュー版へ上書きでインストールすることや、以前のバージョンの Visual Studio とのサイドバイサイドで実行することが可能です。詳細については、Visual Studio “15” Preview のリリース ノートおよび Visual Studio “15” Preview 3 の既知の問題をご確認ください。 前回のバージョンに引き続き基礎的な作業を進めていますが、同時にいくつか新しい機能も追加しています。たとえば、IntelliSense を機能強化してメンバー リストを型で絞り込めるようにしたり、新しい例外ヘルパーで内部例外がモードレス ビューに瞬時に表示されるようにしました。また、IntelliSense トレイは既定では無効になっていますが、[Tools] > [Options] > [Text Editor]…


Visual Studio 2015 Update 3 および .NET Core 1.0 をリリース

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2015 Update 3 and .NET Core 1.0 Available Now 2016/6/27   Visual Studio 2015 Update 3、Team Foundation Server 2015 Update 3 (英語)、.NET Core 1.0 (英語)、ASP.NET Core 1.0 の最終リリースが公開されました。   ここではまず .NET Core と ASP.NET Core についてご説明します。こちらの .NET ブログ (英語) や WebDev ブログ (英語) をまだお読みでない方のためにご説明すると、.NET Core…


リリースへの道: Visual Studio のインストール方法を刷新

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 On the Road to Release: Redesigning Visual Studio Installation 2016/6/17   Visual Studio の次期リリース (コードネーム「Visual Studio “15”」) の進捗を細かくチェックしているという方は、次のリリースで私たちが最も大きなテーマに掲げているのがインストールと更新であることはお気付きなのではないでしょうか? 以前のブログ記事 (下記リンク参照) でもお伝えしたとおり、現在マイクロソフトは、標準のインストールを軽量化し、信頼性と管理性を向上させることを目指してリファクタリングを進めています。 新しい Visual Studio のインストーラー: より高速、より軽量に、皆さまの開発ニーズに適応 //build では新しいインストールエクスペリエンスがお試しいただけるプレビューをリリースしましたが、これには最小限の Visual Studio 用「コア エディター」が搭載され、ディスク容量は約 320 MB にまで縮小されました。このリリース (およびそれに続くリリースの Preview 2) では、.NET デスクトップ アプリ、Python、C++、Unity のエクスペリエンスがサポートされており、このインストールに関する取り組みに対して早期フィードバックをいただいています。Visual Studio の他のツールコンポーネントについても、影響が小さい新しいインストールモデル (英語) への移行作業が進んでいます。最終的には、「従来型」のインストーラーは新しいエクスペリエンスとセットアップ エンジンに切り替えられます。…


モバイル ファースト、クラウド ファーストのビジョンを掲げるマイクロソフト、Gartner Magic Quadrant の Mobile Application Development Platforms 分野で「リーダー」に

  本記事は、マイクロソフト本社の Official Microsoft Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Mobile-first, cloud-first makes Microsoft a Leader in the Gartner Magic Quadrant for Mobile Application Development Platforms 2016/6/16   マイクロソフトが Xamarin を買収してから数か月後、Scott Guthrie と私は、これまで両社が長年にわたってパートナーとして協力してきたモバイル開発およびクラウドサービスの分野をさらに補完するロードマップを発表しました。Visual Studio と Xamarin そして Azure を組み合わせたことで高い成果が得られており、たいへん嬉しく思っています。既に大勢の開発者の皆様にご採用いただいているだけでなく、開発者コミュニティ以外からもご好評の声が届いています。 昨日、マイクロソフトは、ガートナーのマジッククアドラントのモバイル アプリケーション開発プラットフォーム部門で「リーダー」に選出されました。これは、Xamarin の統合、Azure App Service の強化、モバイル DevOps 機能の改良などを推し進め、モバイル アプリケーション開発プラットフォームのビジョンを劇的に拡大させているマイクロソフトの取り組みを評価したものです。 この 1 年間、マイクロソフトは「すべての開発者、すべてのアプリ、すべてのプラットフォーム」というビジョンの下、驚くほどの進化を遂げました。開発者の皆様にとっては、フルスタック ソリューションの効率性と、開発者が習熟している言語やツール、サービスを状況に応じて使用できるという柔軟性を両立させる必要があります。マイクロソフトは、すべてのアプリ、すべての開発者、すべてのプラットフォームに向けて完全なソリューションを提供している唯一の企業でありながら、皆様のワークスタイルに合わせてお使いいただける柔軟性も兼ね備えています。このアプローチは、私たちがモビリティ分野において独自に進めているもので、業界内でもますます高く評価していただいており、嬉しいかぎりです。 マイクロソフトでは、開発者がアプリの構築や保守を行う方法を根本的に変革するべく取り組んでいます。また、この取り組みはまだまだゴールにはほど遠いですが、これまでの成果をガートナーから認められたことを誇りに思っています。今回の勝因と思われるポイントを以下にご説明します。 1 つのパッケージに最高級の開発ツールを集約 すべては IDE から始まります。Visual…


Visual Studio 2015 Update 3 RC

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2015 Update 3 RC 2016/6/7   このたび Visual Studio 2015 Update 3 RC がリリースされました。今回のリリース候補版 (RC) では、主に安定性やパフォーマンスに関する更新と不具合の修正が行われており、一部の機能も更新されています。この記事では主な変更点についてお伝えしたいと思います。 Tools for Apache Cordova: 今回の更新には、Intune、Azure Mobile Engagement、セキュリティ、SQLite ストレージの各プラグインを追加する TACO Update 9 (英語) と TACO Update 10 (英語) が含まれています。また、npm パッケージ名か ID のいずれかを使用して構成デザイナーからプラグインを追加する機能も含まれています。   Application Insights および HockeyApp: Developer Analytics Tools…


dotnetConf 再び開催! – 2016 年 6 月 7 ~ 9 日、開発者向け無料ストリーミング イベントをお届け

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 dotnetConf is back! Free live streaming developer event – June 7th-9th 2016 2016/6/6   .NET は、多くの Visual Studio 開発者の開発作業で重要な役割を果たしています。私も長年開発者の 1 人として、ASP.NET、WPF デスクトップ、その他のバックエンド .NET サービスなどの開発に携わってきました。そんな中、今週 dotnetConf が再び開催され、ライブ ストリーミングが配信されることになりました。私もその開催チームの一員として皆様にイベントをお届けできることをたいへん光栄に思っています。イベントへの参加は無料で、登録も不要です! 2016 年 6 月 7 ~ 9 日にライブ配信、その後も Channel 9 でオンデマンド視聴可能 ライブ ストリーミング配信は、2016 年 6 月 7 日~ 9 日の…


アプリの収益を向上し、管理を合理化する新しいデベロッパーセンターの機能を発表

※本記事は、Building Apps for Windows Blog で 3 月 31 日に公開された  “Announcing New Dev Center Capabilities to Increase App Revenue and Streamline Management” の抄訳です。   Build の最初の基調講演 (英語) において、Satya Nadella と Terry Myerson はWindows をすべての開発者のホームベースにするという Microsoft の大望についてお話しました。昨年は Windows 10 で可能になったことを紹介しましたが、今や2 億 7,000 万台以上のデバイスで Windows 10 が稼働していることを祝うまでになりました。どのバージョンの Windows よりも速いペースで普及しており、開発者コミュニティにとって非常に大きなチャンスであることがわかります。 Microsoft では、強力なエコシステムを構築するために投資が必要であることを自覚しています。また、リーチを拡大して収益化の機会を増やすこと、生産性を向上すること、さらには優先事項としてアプリ管理を合理化することが求められていることもはっきりと認識しています。Windows ストア アプリを効率よく申請、管理、収益化できるサイトとしてデベロッパー センターを整備するための数年にわたるビジョンを昨年発表しました。Microsoft では、このビジョンをさらに発展させ、各種 Microsoft 開発者向けポータルを…


.NET Core への移植を簡単に

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Making it easier to port to .NET Core 2016/5/27 前回の記事では .NET Core への移植 (英語) について取り上げ、エクスペリエンスに対するご意見や改良すべき点についてコメントをいただけるようコミュニティの皆様にお願いしました。 おかげさまで、ユーザーの皆様と活発に意見交換させていただくことができました。 .NET チームは、この会話の内容と社内外のパートナーとの共同作業を踏まえて、主要な API を他の .NET プラットフォーム、特に .NET Framework や Mono/Xamarin と統合して移植作業を大幅に簡素化することにしました。 この記事では、この取り組みの計画、進め方やスケジュール、既存の .NET Core ユーザーにとってのメリットについてご説明します。   .NET Core への反映 .NET Core プラットフォーム (英語) は、先進的でアプリローカルなモジュール形式のクロスプラットフォーム .NET スタックを求める声から生まれました。開発を進めるうえで目標としたのは、まったく新しい種類のアプリケーション (タッチ操作対応 UWP アプリなど) や最先端のクロス プラットフォーム アプリケーション (ASP.NET…


Project.json への変更

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Changes to Project.json 2016/5/23   今回は Scott Hunter の記事をご紹介します。 先日、.NET Core および ASP.NET の RC2 と RTM の今後のスケジュール (英語) を発表しました。そして今回その RC2 がリリースされました。ここでは .NET Core のツールを .xproj/project.json から .csproj/MSBuild に移行する点についてさらに詳しい情報をお伝えします。   MSBuild ASP.NET チームが ASP.NET 5 (現在は ASP.NET Core) の開発するにあたって目標としたのは、Windows、Mac、Linux での作成や開発をさらに容易にできるようにすることでした。このため .xproj/project.json を基盤とするシステムは、この目標に従って作成されました。以下はその主な成果の一部です。 プロジェクト ファイルのファイル リストが不要に IDE を使用しなくても、プロジェクト定義が簡単に変更可能に プロジェクトから Nuget…


Visual Basic、25 歳の誕生日おめでとう!

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Happy 25th Birthday, VB! 2016/5/20   Visual Basic が初めてリリース (英語) されてから、本日でなんと 25 周年を迎えます。VB は私がマイクロソフトに勤めてから 1 年ほど経ったころに 20 周年を迎えました (英語) が、まるで昨日のことのように思い出されます。この 5 年間の歩みを振り返ってみると、VB はユーザーの皆様のおかげで大きく進化してきました。IDE やデバッガーが全面的に改良されたり、新たな言語機能が充実したり、コードが数百万行に達したりと、さまざまなことがありました。Roslyn チームの思いも同じです。しかし、この “5 倍” もの長さになる VB の歴史でリリース回数は 14 度にわたり、さまざまなチームと担当者が何百という画期的な生産性機能を実装してきました。このことを考えると、私はよりいっそう謙虚な気持ちになります。週末の午後に書いた記事だけでは、これほど長い歴史について語り尽くすことはできません。 ではここで盛大に発表します。 (大声でいきます) Visual Basic 25 周年を記念して、「Celebratiathon」を開催します! (失礼しました) そう、これはまったく新しい造語で、「celebration (お祝い)」と「marathon (マラソン)」を組み合わせて「celebratiathon (お祝いマラソン)」です。どういう意味かわかりますか? つまり、このお祝いはまだまだ続くということです。この大きな節目を迎えるにあたり、私たちは、VB 1.0 から VB 6、初期の VB.NET、Roslyn…