投稿テスト

Word 2007 を使ったブログ投稿テスト。 下の図は SmartArt を使って描きました (画像は挿入できないようですね)。

0

Visio 2007 Beta2 をオンラインで使う

Visio 2007 の紹介を始めたところ、ベータ 2 のダウンロード配布が終了してしまいました。なんとも間が悪くて申し訳ありません。 ベータ 2 の入手方法は 2 つあります。1 つはこちらから。 CD DVD キットの申し込みサイトです。http://www.microsoft.com/japan/office/preview/beta/getthebeta.mspx おすすめなのがこちら。必要なコンポーネントをインストールするとブラウザ内で Office 2007 をテストドライブできます。http://www.microsoft.com/japan/office/preview/beta/testdrive.mspx

0

Visio 2007 Beta2 をオンラインで使う

Visio 2007 の紹介を始めたところ、ベータ 2 のダウンロード配布が終了してしまいました。なんとも間が悪くて申し訳ありません。 ベータ 2 の入手方法は 2 つあります。1 つはこちらから。 CD DVD キットの申し込みサイトです。http://www.microsoft.com/japan/office/preview/beta/getthebeta.mspx おすすめなのがこちら。必要なコンポーネントをインストールするとブラウザ内で Office 2007 をテストドライブできます。http://www.microsoft.com/japan/office/preview/beta/testdrive.mspx

0

Visio 2007 — 可視化

まずは可視化について。 今までの Visio の強みであった、システムやプロセスの可視化、つまりフローチャート、ネットワーク図、フロアレイアウト図、組織図、プロジェクト進行表の作成機能をさらに強化しました。 Visio の利用シナリオとしてはもっとも高い作業になるわけですが、これらは人に見てもらうことを前提に作成するドキュメントですから、見栄えに気を使う必要があります。また作成した図表をそのまま PowerPoint に張り付けて利用する、ということもあるでしょう。しかし図形を等間隔にしたり、見やすい配色を作ったり、配置を変えたり、は Visio になれている方でも時間のかかる作業です。 そこで「オートコネクト」です。このように接続が必要な図形をドロップすると、図形のまわりに矢印が表示されます。それをクリックするとステンシルで選択されている図形が自動的にドロップされ、さらにコネクタで接続されます。図形間隔は自動的に計算されます。考えを中断されずにフローチャートが作成できる、というメリットもありますね。ネットワーク図でも使えます。 また配色機能も強化されました。2003 まではアドイン メニューの下に隠れていた機能ですが…このように PowerPoint のように、クリックするだけで配色パターンを適用、切り替えができます。 「テーマ」機能と呼んでいます。自分で配色を作成することもできますが、PowerPoint 2007 と同じ配色パターンを使えるのが一番のメリットでしょう。 配色だけではなく、影や線の丸み、フォントや塗りつぶしパターンをまとめた効果パターンも切り替えができます。 わずか数クリックでまったく違ったテイストの図面になりました。 起動画面はやさしい感じなりました。各アイコンが大きくなっただけでなく、テンプレートの分類の数も少なくなっています。Visio を初めて使う人でも、数クリックで Visio でできることの概要が把握できます。これまでの Visio ユーザーにとっても、ほかの利用アイデアを発見するきっかけになるでしょう。 Visio 2007 の新機能の目玉は次回紹介するデータ接続機能です。こうした新機能も、サンプル図面を起動画面に追加してあります。白紙のテンプレートやヘルプによる解説よりも、活きたサンプルのほうが直観的に機能を理解できるはず、ということで追加してみました。 Visio には数々の機能やテンプレートが追加されてきましたが、便利なのにあまり使われることなく UI に埋もれているものもあります。既存の便利な機能を拡張し、露出度をあげた結果、今回のような機能ができあがりました。 図2.png

0

Visio 2007 の開発機能 — おまけ

ここでちょっとだけ開発者向けのネタを…これは Office 2007 全般にいえることなのですが、VBA のエディタでマウス ホイールが使えるようになりました。これまでは、マウス ドライバを別途インストールする必要があったのですが、頻繁に開発環境を構築しなおす方だとインストールしておくべきツールとしては忘れがちで (なくてもマウスは動きますしね)、面倒くさい、という声も結構ありました。 些細なことですがこれは結構ポイント高いと思います。

4

Visio 2007 Beta 2

皆さん Visio 2007 Beta2 は入手されたでしょうか。Visio は Professional バージョンにはなく、単体でのリリースとなっていますので、Beta2 をインストールしたのに Visio がない、という方は一度ご確認ください。 さて少しずつですが、Visio 2007 の紹介をしていこうと思います。 Visio 2007 は、企業内に点在する様々なデータ、情報を可視化、見える化もしくはビジュアル化のための機能を充実させました。 可視化、これは簡単にいえばデータベースなどに格納された情報を図解化する、ということですね。データベースの作成管理は数値の扱いということでデジタルな世界なのですが、それを図にするという作業はアナログな部分が多い作業です。情報が豊富でツールがそろっていても可視化という部分はなかなか簡単にできることではありませんでした。ここが Visio の最も得意とするところであり、これまで Visio とアドインを導入して実現してきた方も多いと思いますし、実際弊社としてもいくつかそのたえのアドインをリリース、紹介してきました。 Visio 2007 では、この可視化のための機能を大幅に強化し、またデータベース連携のための API を充実させ、アドインの開発も用意になります。 可視化複雑な情報の可視化、図面作成を容易に行えるようにします分析Visio で複雑な情報、データの分析を容易に行えるようにします伝達Visio を使って可視化、分析した情報を配布する方法を改善します 今後はこれら3 つの柱をベースに Visio 2007 を紹介していきたいと思います。

2

ワールドカップ続報

なかなか Visio 2007 の話をすすめられなくてすみません。 先日お知らせした Visio を使ったサッカーのスコア記録ソリューションですが、 MSN ではこれをつかったスコアの詳細を公開しています。   http://inews.sports.msn.co.jp/worldcup/visio/   今のところ日本戦のみ、です。

0

Visio とワールドカップ?

Beta2 の機能紹介を、と思っていくつかネタを用意していたのですが、とても旬なニュースが飛び込んできたので紹介することにします。 我々のパートナーであるマイスターさんからこんな素敵な製品が発売になりました。http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060602&j=0041&k=200606023222 Visio の描画エンジンとインターフェイスを使ってスコアブックを作成する、というものです。もともとは野球のスコアブックの記録ツールから始まり、さまざまなスポーツに対応したシリーズとなりました。大小さまざまな大会での実績も…とくに Web サーバーに直接データを送信する機能がここでいかされています。なにより新聞にあるような得点シーンの流れをささっと描画できてしまうところがすばらしいです

0

2007 用 SDK もリリース

こちらになります。http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=373d34b8-5ef7-4e6e-a582-c8d6b5ee4e33&displaylang=enVSTO との違いですが– ウィザード形式でプロジェクトを作成できる– コード サンプルが豊富。コードライブラリアン形式ではなく CHM 形式になりました– Event Monitor ツールは新しく追加されたイベントに対応

0

Office 2007 Beta2 リリース

…となりました。ダウンロードはこちらから。Visio 2007 ももちろん入手可能です。http://www.microsoft.com/japan/office/preview/default.mspxこれまで 2007 についてのトピックは扱いが難しいのでここで語ることは避けていたのですが、これからはこちらの話を中心にしていきたいと思います。新機能、いやそれ以前に互換性の話などリクエストがありましたらコメントをいただければと思います。さて、同時に VS2005 用の最新の VSTO もリリースされています。 Visio 開発も VSTO でサポートされていますのでぜひお試しください。英語版ですが…http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=68978824-CA55-4208-A55E-5C4858183B31&displaylang=enこれですが、日本語環境にインストールしても、日本語版 VS 2005  のプロジェクト作成画面に各種 Office アドイン項目が現れません。自己責任になりますがとりあえず使えるようにする方法は… C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\ProjectTemplates\CSharp\Office\1033 の中にある Zip ファイルを C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\ProjectTemplates\CSharp\Office\1041 にコピーします。 1041 の中には既に同名のファイルがあったりしますので必要なファイルだけコピーするのがよいと思います。ここにある Zip ファイルが各種プロジェクト作成のためのテンプレートです。 Addin とついているファイル名あたりがいいかもしれません。   また C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\ItemTemplates\CSharp\1031 の中にある Zip フォルダ 2 つを C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\ItemTemplates\CSharp\1041…

0