VB2005 を超える VB2008 のパフォーマンス (Lisa Feigenbaum)



VB2008 にアップグレードすべきかどうかお悩みの方は、パフォーマンスの違いを検討してみてください。VB チームでは、新しいリリースごとに操作性の向上を実現するだけでなく、処理速度を速くすることで、時間の節約と生産性の向上にも役立てたいと考えています。これが私たちの目標であり、Orcas のリリースにおいても、チーム全体がこの目標の実現に専念してきました。以下の表の数字から、注目に値するいくつかの変更点についてぜひご覧ください。


[**免責事項 : ここに掲載するデータは、社内のラボで 2 つの製品を実行し、その比較結果から得られたものです。1 台の特定のコンピュータで 2 つの大規模なカスタマ ソリューションを使用した結果であり、コンピュータ システムによっては、処理速度がこれより速い場合も、遅い場合もあります。また、ソリューションによって、各操作に必要な作業も異なります。そのため、実際のパフォーマンスがこれより良い場合も悪い場合もあります。このデータで重要なのは、同じハードウェア上でもバージョンによってパフォーマンスが異なる点です。新しいバージョンでパフォーマンスがどのように向上したかをお伝えするためにこのデータをお見せするもので、この数値を業界標準として使用する意図はまったくありません


次の表に示すのは、私が使用したソリューションとコンピュータでのパフォーマンスに関するデータです。1 つのソリューションには 29 のプロジェクトと 2,772 のファイルが含まれ、すべてのメソッドと型に xml コメントが付けられています。使用したもう 1 つのソリューションには、783 のファイルが含まれています。コンピュータの仕様は、Dual Core Pentium-D (3.0 GHz)、1 GB の RAM、10K の RPM HD です。また、オペレーティング システムは XP です。これは、私たちがパフォーマンスの内部テストで使用した、多数のコンピュータ仕様の 1 つです。]










































































































シナリオ


VB2005 での時間 (ms)


VB2008 での時間 (ms)


VB2008 VB2005 より x 倍高速 (2005 での時間/2008 での時間)


VB2008 VB2005 x% 程度の時間がかかる (100% * 2008 での時間/2005 での時間)


大規模プロジェクトのビルド (バックグラウンド コンパイルを使用)


222206.25


1352.88


164.25


0.61%


大規模な複数プロジェクト ソリューションのビルド (明示的なビルド操作)


1618604.75


57542.75


28.13


3.56%


大規模な複数プロジェクト ソリューションのビルド (バックグラウンド コンパイルを使用)


222925.50


19861.88


11.22


8.91%


クラスにメンバを追加した後の応答性


327.00


36.50


8.96


11.16%


プロジェクトを開いた後の応答性


255551.25


38769.38


6.59


15.17%


型の一覧を表示するために Intellisense を起動 (初回)


1192.50


530.5


2.25


44.49%


ソリューションで XML コメントでエディット コンティニュを実行 (初回)


441.25


210.5


2.10


47.71%


メソッド ステートメントを変更した後の応答性


390.25


236.38


1.65


60.57%


デバッガでの 10 ステップ (2 回目以降)


1850.75


1167.13


1.59


63.06%


型の一覧を表示するために Intellisense を起動 (2 回目以降)


79.25


51.5


1.54


64.98%


ソリューションが既にビルドされているときに F5 (2 回目以降)


385.20


278.7


1.38


72.35%


エラー後、エラー一覧への項目の追加


531.25


394.5


1.35


74.26%


デバッガでの 10 ステップ (初回)


1336.50


1150


1.16


86.05%


開いているソリューションでのバックグラウンド コンパイル中の応答性


4803.00


4284.75


1.12


89.21%


大規模なソリューションの読み込み (2 回目以降)


13667.5


12407.25


1.10


90.78%


大規模なソリューションの読み込み (初回)
(注 : これは XP で強化された機能です。Vista では、ソリューションの読み込みが XP の約 2 倍強化されています。)


19946.25


18222


1.09


91.36%


** すべての時間データは、カスタマ ソリューションの操作を実行して得られたものです。ご自分のソリューションでの最適をお望みの場合は、どうぞ私たちにお送りください (vbperf@microsoft.com)。私たちはいつでも、テストに使用できるカスタマ プロジェクトを入手したいと思っています。


皆さんが VB で経験しているパフォーマンス上の問題について、ここで取り上げた以外のシナリオがありましたら、その再現手順をぜひお寄せください (vbperf@microsoft.com)


VB2008 のパフォーマンスについて、これ以外にも役に立つ情報があります。ぜひご参照ください。



VB チーム


投稿 : 2008 年 1 月 4 日 8:08 AM 


分類 : Lisa FeigenbaumパフォーマンスVB2008Sarika CallaCameron McColl


The Visual Basic Team – http://blogs.msdn.com/vbteam/archive/2008/01/04/vb2008-outperforms-vb2005-lisa-feigenbaum.aspx (英語) より


Comments (0)