自宅でカラオケ ~ Xbox Oneのカラオケ@DAM ~

マイクロソフトの田中達彦です。Xbox Oneのカラオケ@DAMのサービスが始まったので、早速使ってみました。 まず、サービス初日の会社帰りに専用カラオケマイクを買ってきました。このマイクを買うと、カラオケ@DAMの30日間無料コードがついてきます。マイクは約2,000円で、30日間無料コードは1,000円相当なので、ちょっと得した気分です。 家に着いて、早速アプリをダウンロード。マイクをつなげて、試してみました。 このような会社に勤めていながら、自宅のネットワーク環境は実はよくありません。ネットワークが遅いせいで、曲によってはしばしば音が途切れてしまいます。Xbox Oneの設定のネットワークの部分に、ネットワークの速度を測るメニューがあります。それによると、我が家のネットワークのスピードは実測約3Mbps。この速度ではちょっときつかった。 ということで、次の日にネットワーク環境を見直して、少し速い環境でつなげてみました。今度のネットワークのスピードは実測約7Mbps。これで使うと快適です。カラオケ@DAMはXbox Oneのキラーアプリと言えます。何と言っても、30日間使い放題で1,000円。24時間使い放題プランなら300円です。 もちろん、こんな感じで採点もOK。 「シズカタケの七本槍」のような、知る人ぞ知るマイナーな曲も入っています。これはお買い得です。Xbox Oneをお持ちの方は、ぜひお試しください! マイクロソフト田中達彦 


めとべや東京 #6 で使用したpptファイル

マイクロソフトの田中達彦です。2014/11/15に開催されためとべや東京 #6 で「ユニバーサルWindowsアプリの勘所」というセッションを持たせていただきました。ちょうどVisual Studio 2015 Previewの発表直後だったので、その話を少し入れつつセッションを行いました。そのときに使用したスライドを公開します。 マイクロソフト田中達彦 141115Metbeya_ttanaka.pdf


Windowsストア アプリ 縦書きビューワー おまけ04 ~ユニバーサル Windows アプリ化~

マイクロソフトの田中達彦です。以前に連載していたWindowsストアアプリの縦書きビューワーのユニバーサルWindowsアプリ版を作ってみました。実は6月くらいに作っていたのですが、しばらく放置していました。この度、めとべや 東京 #6というコミュニティイベントで高橋忍エバのピンチヒッターとして話すことになったので、そこのネタで使おうと思いドラフト版を公開します。 Windows、Windows Phoneそれぞれの固有のソースはなく、共有プロジェクトに #if を使ってWindows版とWindows Phone版を切り分けています。詳細はソースのコメントをご参照ください。 マイクロソフト田中達彦 Dazai_hashiremerosu_UnivApp_20141110_2ndDraft.zip