名刺アプリ作成のすすめ(Windows 8.1アプリ開発入門) 第1回 ~ 名刺アプリとは? ~


マイクロソフトの田中達彦です。
本連載では、Windows 8.1に対応した名刺アプリの作り方を解説します。

名刺アプリとは、自分のプロフィールなど表示するアプリです。

初めてあった人などに紹介して話題にすることもできます。
試しに、僕自身の名刺アプリを作ってみました。
http://apps.microsoft.com/windows/app/94909f7c-d5a9-4f98-85f2-356164de9e49

起動すると、最初にパスワードが求められます。
パスワードとして
ttanaka
と入力してください。
万人に見てもらいたい情報というわけではないので、最初に起動したときのみパスワードの入力が必要な仕様にしています。

アプリの中身は、このような感じです。

2013年11月に開催されたThe Microsoft Conference 2013の僕のセッション(Surface 2 アプリ開発入門 ~ C# で始める Windows ストア アプリ ~)でも、今回紹介する名刺アプリの作り方の応用版として、エバンジェリストのブログ閲覧アプリを作成しました。
名刺アプリだけにかかわらず、他にも応用できます。

次回は、開発環境の準備と、Windowsストアでアプリを公開できるようになる開発者登録について説明します。

[前後の記事]
第2回 : 開発環境を整える

マイクロソフト
田中達彦

Skip to main content