Windowsストア アプリ開発 Tips集002 ~アプリバーのボタンの表示名を変更する~


マイクロソフトの田中達彦です。
本連載では、C#/XAML でWindowsストアアプリを開発するときにヒントを紹介します。

[アプリバーのボタンの表示名をコードから変更する]
アプリバーのボタンの表示名を変更するには、以下のようにします。
このコードでは、アプリバーのボタンに表示される名前が「前へ」に変更されます。

AppBarButtonPrev.SetValue(AutomationProperties.NameProperty, “前へ”);

アプリバーに表示されている名前を状況によって変える場合は、このように実装します。
AppBarButtonPrevはアプリバーに用意しているボタンの名前で、この例では以下のようにXAMLで定義しています。

<Page.BottomAppBar>
    <AppBar x:Name=”BottomAppBar1″ Padding=”10,0,10,0″ Background=”DarkBlue”>
        <Grid>
            <Grid.ColumnDefinitions>
                <ColumnDefinition Width=”30*”/>
                <ColumnDefinition Width=”70*”/>
            </Grid.ColumnDefinitions>
            <StackPanel x:Name=”RightPanel” Orientation=”Horizontal” Grid.Column=”1″ HorizontalAlignment=”Right”>
                <Button x:Name=”AppBarButtonPrev” Style=”{StaticResource PreviousAppBarButtonStyle}” Tag=”Prev” Click=”Prev_Click”/>
                <Button x:Name=”AppBarButtonNext” Style=”{StaticResource NextAppBarButtonStyle}”  Tag=”Next” Click=”Next_Click”/>
            </StackPanel>
        </Grid>
    </AppBar>
</Page.BottomAppBar>

[関連記事]
Windowsストア アプリ 作り方解説 Line Attack編 第7回 ~日本語と英語への対応~
http://blogs.msdn.com/b/ttanaka/archive/2013/02/07/windows-line-attack-7.aspx

[前後の記事]
001 ~アプリバーを自動的に表示させる~
003 ~何らかの値をストレージに記録する~
Tips集 まとめページ

マイクロソフト
田中達彦

Comments (0)