名刺アプリ作成のすすめ(Windows 8.1 アプリ開発入門) 第3回 ~ 開発ツールVisual Studioを使ってみる ~

マイクロソフトの田中達彦です。本連載では、Windows 8.1に対応した名刺アプリの作り方を通じて、アプリの開発方法を説明します。今回は、アプリを作るための開発ツールであるVisual Studioについて説明します。 [Visual Studioとは]マイクロソフトが出している開発ツールの名称です。いくつかのバージョンがあり、今回はVisual Studio 2013というバージョンを使用します。Visual Studioは、C/C++、Visual Basic、C#、JavaScriptなどの様々な開発言語に対応していて、得意な開発言語を選んでアプリを作れます。この連載では、C#という開発言語を使用します。 Visual Studioにはバージョンのほかに、エディションというものがあります。Visual Studio 2013には、ざっと以下のエディションがあります。 Visual Studio 2013 Ultimate (最上位エディション)Visual Studio 2013 Premium (開発やテストの効率を上げる様々な機能が含まれています)Visual Studio 2013 Professional (様々な形態のアプリを作れます)Visual Studio Express 2013 for Web (無償版。Webアプリを作れます)Visual Studio Express 2013 for Windows (無償版。Windows ストア アプリを作れます)Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop (無償版。デスクトップ アプリを作れます) それぞれ、以下のサイトからダウンロードできます。http://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads有償版については、90日間の無償評価版が提供されています。今回の記事を試すときに無償版を使う場合は、Visual Studio Express 2013 for Windowsを選んでください。 [Visual…

0

名刺アプリ作成のすすめ(Windows 8.1 アプリ開発入門) 第2回 ~ 開発環境を整える ~

マイクロソフトの田中達彦です。本連載では、Windows 8.1に対応した名刺アプリの作り方を通じて、アプリの開発方法を説明します。今回は、アプリを作るために必要な環境について説明します。 [名刺アプリが動く環境]名刺アプリは、Windows 8.1に対応したアプリとして作成します。アプリを動かすには、Windows 8.1が必要です。アプリは、Windowsストアと呼ばれる場所からダウンロードして、インストールします。この形式のアプリを、Windowsストア アプリと呼んでいます。 [開発する環境]開発する環境としても、Windows 8.1のPCが必要です。開発ツールとしては、Visual Studio 2013を使用します。Visual Studio 2013には有償版と無償版があります。有償版には90日間無償で使える評価版も用意されています。本連載では、有償版のVisual Studio 2013を使って説明します。無償版及び評価版は、以下のサイトからダウンロードできます。http://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads 有償版にはUltimate、Premium、Professionalという3つのエディションがあります。左に書いてあるものが上位製品です。上位製品になるほど、より便利で多彩な機能が多く含まれます。 無償版は、Expressという名前で提供されています。Expressには、Webアプリを作るもの、デスクトップアプリなど、いくつかの種類があります。今回はWindowsストア アプリという種類のアプリを作りますので、無償版を使う場合はVisual Studio Express 2013 for Windowsを選択してください。 学生であれば、DreamSparkというプログラムによって、有償版であるVisual Studio 2013 Professionalを無償で使えます。 [アプリをWindowsストアに登録するには]作成したアプリをWindowsストアからダウンロードできるようにするためには、アプリをWindowsストアに登録する作業が必要になります。この登録作業は、開発者ダッシュボートというサイトで行います。開発者ダッシュボードでは、開発者が新しいアプリを登録する以外にも、既に公開したアプリのダウンロード数や使用時間を見ることができます。「開発者アカウント」というものを取得すると、自分自身の開発者ダッシュボードが用意されます。開発者アカウントは有償です。個人で登録する場合は年間1,847円、法人で登録する場合は年間9,800円です。(2013/12/5現在) [開発者アカウントの取得方法]開発者アカウントを取得するには、まず以下のサイトにアクセスします。https://appdev.microsoft.com/StorePortals/ このときにマイクロソフト アカウント(旧Live ID)の入力が求められます。個人で開発者アカウントを取得するときには、今まで使っていたマイクロソフト アカウントを利用しても、新たにアプリ公開用のマイクロソフト アカウントを作ってしまっても構いません。法人で開発者アカウントを取得するときは、個人のマイクロソフト アカウントを利用せずに、新たに専用のマイクロソフト アカウントを作成することをお勧めします。法人の場合は複数の人がアプリの申請を行う可能性があるため、個人のマイクロソフト アカウントで登録してしまうと、そのアカウントのパスワードを他の人に教えなければならなくなる可能性が出てきます。 マイクロソフト アカウントでサインインすると、以下のページが表示されます。 あとは、書いてあるメッセージに従って進めていきます。 途中で、発行者の表示名を入力する場所があります。 この表示名は、Windowsストアでアプリが公開されたときに、発行者として表示される名前です。この名前は日本語でも入力できますが、もし日本以外にもアプリを提供する可能性がある場合には、英語にしておいたほうが無難です。また、この表示名は世界中で重複しないようなっていますので、もし自分のつけたい表示名を他の誰かが使っていたら、その表示名は使えません。他とかぶりそうな表示名をつけたいときは、早めに開発者アカウントを取得しておきましょう。 進めていくと、クレジットカードの情報を入力する画面があります。そこに、以下のような文言があります。 支払い方法としてクレジット カードを追加すると、Microsoft はお客様の口座に少額の一時的な決済を行うことでカードを承認します。 本人のクレジットカードを使っているかどうかを確認するため、そのカードに数百円の課金をします。その金額は、後ほど払い戻されます。そのときに課金する金額は、100円~500円程度の金額です。開発者アカウントの登録が一旦終わった後で、この課金された金額を入力する場面が出てきます。そこに金額を入力すると、開発者アカウントの登録が完了します。 この少額課金の金額は、クレジットカードのオンライン明細を見るか、クレジットカード会社に電話で問い合わせると教えてくれます。ただし、金額がオンライン明細に反映されるまで、2~3営業日かかることがあります。もし数日経ってもオンライン明細に少額課金の金額が表示されないときは、既に課金分が払い戻されて、相殺されて明細に記入されていない可能性があります。そのときは、クレジットカード会社に「○月○日頃、数百円の課金がされているはずなので、その金額を教えてほしい」と伝えると教えてくれます。 法人で登録した場合は、後日法人に関する書類の提出を求められることがあります。 次回は、Visual Studioの使い方について説明します。 [前後の記事]第1回 名刺アプリとは?第3回 開発ツール Visual Studio…

0

名刺アプリ作成のすすめ(Windows 8.1アプリ開発入門) 第1回 ~ 名刺アプリとは? ~

マイクロソフトの田中達彦です。本連載では、Windows 8.1に対応した名刺アプリの作り方を解説します。名刺アプリとは、自分のプロフィールなど表示するアプリです。初めてあった人などに紹介して話題にすることもできます。試しに、僕自身の名刺アプリを作ってみました。http://apps.microsoft.com/windows/app/94909f7c-d5a9-4f98-85f2-356164de9e49 起動すると、最初にパスワードが求められます。パスワードとしてttanakaと入力してください。万人に見てもらいたい情報というわけではないので、最初に起動したときのみパスワードの入力が必要な仕様にしています。 アプリの中身は、このような感じです。 2013年11月に開催されたThe Microsoft Conference 2013の僕のセッション(Surface 2 アプリ開発入門 ~ C# で始める Windows ストア アプリ ~)でも、今回紹介する名刺アプリの作り方の応用版として、エバンジェリストのブログ閲覧アプリを作成しました。名刺アプリだけにかかわらず、他にも応用できます。次回は、開発環境の準備と、Windowsストアでアプリを公開できるようになる開発者登録について説明します。 [前後の記事]第2回 : 開発環境を整える マイクロソフト田中達彦

0

Windowsアプリ アートギャラリーに効果音追加(13/10/21)

マイクロソフトの田中達彦です。今までWindowsアプリ アートギャラリーで提供していた、Windows用アプリの開発用にご使用いただける画像や素材に加えて、効果音のファイルを追加しました。 Windows アプリ アート ギャラリーhttp://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsphone/hh544699 以下のように、直感的にわかるファイル名を付けています。 Windowsストア アプリや、Windows Phone用アプリを作成されるときにご活用ください。 マイクロソフト田中達彦

0

Windows 8.1 対応アプリ開発入門 vol.1 ~ スナップの変更 ~

マイクロソフトの田中達彦です。Windows 8.1は、Windows 8の思想をより進化させたOSです。Windows 8と同じように、デスクトップアプリとWindowsストアアプリの2種類のアプリを動かせることに違いはありません。Windowsストアアプリについては、Windows 8用に作成されたアプリはWindows 8.1上でも動きます。しかしWindows 8.1とWindows 8は仕様が違っている点もあり、Windows 8.1用にアプリを作り直すことにより、より良いアプリを提供できます。本連載では、Windows 8.1で仕様が変わった部分について、どのように対処していくかを説明します。 Windows 8.1では、スナップが廃止されました。代わりに、複数のアプリケーションを同時に表示できるようになりました。Windowsストアアプリは、画面解像度により最大4つまで表示できます。標準的な1366x768のスクリーンでは、2つのアプリが同時に表示できます。Windows 8のスナップも、2つのアプリを同時に表示できていました。しかし、スナップの横幅は320pxに固定されており、スナップ専用の画面を設計していました。 Windows 8.1では、横幅のサイズが可変になりました。デフォルトでは500pxが最小の横幅のサイズです。マニフェストを変更することにより、320pxを最小の横幅のサイズに変更することができます。これは従来のスナップの横幅と同じですね。その結果、画面を2つに分割して、左右にアプリケーションを表示させるようなことができるようになりました。 最初のほうに、Windows 8用のストアアプリはWindows 8.1でも動くと書きました。それでは、Windows 8用のアプリをWindows 8.1上で動かしたらどうなるかを見てみましょう。 以下の図は、Windows 8.1上でWindows 8用のアプリを動かし、スナップのように表示させている画面です。 これだけ見ると、この画面はWindows 8上で撮影したものか、Windows 8.1上で撮影したものか分かりません。Windows 8では、左右のアプリの境界の縦線を少し動かすということはできませんでした。Windows 8.1では縦線を少し動かすことができるので、ちょっと左に動かしてみましょう。 あらあら、左右に黒い部分が表示されてしまいました。Windows 8用のアプリのスナップは横幅320pxで設計されているため、320pxを超える部分はこのように黒く表示されてしまいます。 それでは、Windows 8用として作成されたアプリをWindows 8.1用に作り直してみましょう。実は、作り直しはとっても簡単です。開発するための環境として、Windows 8.1とVisual Studio 2013を用意します。Visual Studio 2013でWindows 8用のプロジェクトを開くと、以下のようにメッセージが表示されます。このメッセージのように、再ターゲットすればよいのです。 Visual Studio 2013でプロジェクトを開いた直後は、以下のようにソリューション エクスプローラーに[(Windows 8)]と表示されています。この部分を右クリックすると[再ターゲット]というメニューが表示されますので、これをクリックするだけです。   再ターゲットは自動的に行われ、終了するとソリューション エクスプローラーの表示が[(Windows 8.1)]に変わります。 このままアプリを実行するとどうなるでしょう?早速やってみましょう。 再ターゲットする前のアプリと比べて、アプリが表示されている幅が広がっています。Windows 8.1では、デフォルトの最小の横幅のサイズが500pxなので、再ターゲットしたままでは500pxより小さい表示ができないのです。また、500px以上で表示するときは、スナップ用の用意されている画面ではなく、通常の画面が表示されます。 最小の横幅のサイズは、アプリのマニフェストで変更できます。Visual Studioのソリューション エクスプローラーに表示されているPackage.appxmanifestを開くと、以下のような画面が表示されます。この最小幅の部分を320pxに変更するのです。 320pxに変更したアプリを実行すると、以下のように従来のスナップと同様に320pxで表示できるようになります。…

0

プログラミングWindows第6版

マイクロソフトの田中達彦です。チャールズ・ペトルゾさん著の「プログラミングWindows第6版」の日本語版が出版されました。日本語版は、荒井省三エバが加筆し、英語版よりも良いものに仕上がっています。 発行元 : 日経BP社http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P94960.html プログラミングWindowsといえば、Windowsのアプリ開発者のバイブルと呼べる書籍です。遠い昔、僕も初めてWindowsのアプリを開発するときにお世話になりました。そのときはWindows 3.1の時代です。 第6版は、Windowsストアアプリ開発について、細かく説明されています。ぜひご覧ください。 マイクロソフト田中達彦

0

Windowsストア アプリ 縦書きビューワー おまけ03 ~源氏物語 公開完了! プレゼント キャンペーン実施~

========2013/12/11 追記こちらのキャンペーンは、2013年末をもって終了いたします。======== マイクロソフトの田中達彦です。縦書きビューワーを使用して作っていた源氏物語が全帖完成しました。Windowsストアで「源氏物語」と検索していただくか、この記事の下に用意しているリンクをクリックしてください。 完成を記念して、源氏物語1の桐壷から源氏物語56の夢の浮橋まで、全56アプリをインストールして応募いただいた先着20名の方に、私の著書である「Windows Phone ゲーム プログラミング」を差し上げます。 [応募方法]桐壷から夢の浮橋までのタイルをスタート画面に並べ、そのスクリーンショットを私宛にお送りください。スクリーンショットは以下のように、全てのタイルが写っていなくても、右端に夢の浮橋が写っているものの1枚で構いません。 [メールの送り先]以下のメールアドレスまでお送りください。 [源氏物語アプリのリンク一覧] 1. 桐壺    http://apps.microsoft.com/windows/app/a1d7c1e4-3311-4006-be37-bdbd75cd93cd 2. 帚木    http://apps.microsoft.com/windows/app/a6585aff-bf19-45e3-a1e8-99a8d48f3ffb 3. 空蝉    http://apps.microsoft.com/windows/app/e7cdb8c5-e4f4-43b8-a466-c48d2d4b4ec6 4. 夕顔    http://apps.microsoft.com/windows/app/0ecfb054-e953-4e43-863c-7c9881427de0 5. 若紫    http://apps.microsoft.com/windows/app/4173f1ca-8f53-4866-9e89-cd490e82aeba 6. 末摘花   http://apps.microsoft.com/windows/app/7706ac7c-054c-47cf-bd6f-37afe3a09e3c 7. 紅葉賀   http://apps.microsoft.com/windows/app/d878de5c-5ba8-4319-8a3f-0f9fe6df2a44 8. 花宴    http://apps.microsoft.com/windows/app/b5bddcd1-57d0-45af-870f-4e2c5c201667 9. 葵     http://apps.microsoft.com/windows/app/c5c2e88b-50ed-4b7d-866d-23d1f649561b10. 榊     http://apps.microsoft.com/windows/app/55626bbf-6ee0-4490-bbed-134df0c2c74411. 花散里   http://apps.microsoft.com/windows/app/4e7d32f0-3463-42a8-b871-a4641902b35912. 須磨    http://apps.microsoft.com/windows/app/3d3ea0ab-5bfc-47d6-8238-592f2f2b081713. 明石    http://apps.microsoft.com/windows/app/7f1e87fa-bf9c-45a3-ba19-763012bb5e9114. 澪標    http://apps.microsoft.com/windows/app/eefffe5f-9c29-44b1-8f11-5dd229d3733a15. 蓬生    http://apps.microsoft.com/windows/app/8172d11e-afa0-4908-802b-796462e7f7e216. 関屋    http://apps.microsoft.com/windows/app/2f58afe1-d7f0-4d47-bef4-78c5cae3de5a17. 絵合    http://apps.microsoft.com/windows/app/5a2df4b7-1d9e-4c72-a585-558a9163032318. 松風    http://apps.microsoft.com/windows/app/22d9f520-5170-4185-bd77-af048d0adcc819. 薄雲    http://apps.microsoft.com/windows/app/ce231f83-9cf5-46e3-b3a8-ccd1fba96a0f20. 朝顔    http://apps.microsoft.com/windows/app/e6c518f1-33c0-498e-a1e3-7dd0485b901b21. 乙女    http://apps.microsoft.com/windows/app/cc58db32-0e46-4196-80bb-043df02ced4622. 玉鬘    http://apps.microsoft.com/windows/app/759ead81-7d85-4e81-8300-175f33e88a3a23. 初音    http://apps.microsoft.com/windows/app/e660924b-fddc-4127-9f69-94eef0ff3c2124. 胡蝶    http://apps.microsoft.com/windows/app/60843d1a-44c0-4682-bed3-a76992e4000325. 蛍     http://apps.microsoft.com/windows/app/13fb5751-49ee-4714-992d-5afaf21cb5a426. 常夏    http://apps.microsoft.com/windows/app/60aaa81e-d695-4dce-b08b-c695c31fef6227. 篝火    http://apps.microsoft.com/windows/app/366a5374-2011-40db-a7b4-fd8f04bb4fd328. 野分    http://apps.microsoft.com/windows/app/bd3a58fe-3a00-427b-a210-7cdc8f700e2b29. 行幸    http://apps.microsoft.com/windows/app/78bac88c-b65d-455c-b5c5-b14808d12d9f30. 藤袴    http://apps.microsoft.com/windows/app/55063a0e-2cbf-48bd-90bb-f9fc660778d731. 真木柱   http://apps.microsoft.com/windows/app/3f0883c7-b4ba-414b-a364-e252aa4a16b532. 梅が枝   http://apps.microsoft.com/windows/app/fe770b18-b26d-4afc-ad30-73735b429a6533. 藤のうら葉 http://apps.microsoft.com/windows/app/a24a42e7-d7af-439a-bfb2-beb028c9032734. 若菜(上)  http://apps.microsoft.com/windows/app/e86a12e2-1b02-42a3-ac9d-afb93b9cce0635. 若菜(下)  http://apps.microsoft.com/windows/app/5f74f633-fd49-4775-894c-5c066c5a78e436. 柏木    http://apps.microsoft.com/windows/app/2550bc35-10b0-4a06-aba2-1047f764a12e37. 横笛    http://apps.microsoft.com/windows/app/51eb9808-467f-4f95-a35e-7e534a11d77238. 鈴虫    http://apps.microsoft.com/windows/app/4facf9cc-3fa8-4bc2-b29f-1f12df783bc239. 夕霧一   http://apps.microsoft.com/windows/app/561d87fd-ca1e-4d13-9fa3-fce73485ad4340. 夕霧二   http://apps.microsoft.com/windows/app/811ddb28-f5e4-4651-8709-faa09ad80f6441. 御法    http://apps.microsoft.com/windows/app/22497158-ad20-4ceb-9614-015cc716318442. まぼろし  http://apps.microsoft.com/windows/app/7f1067d9-8cce-4086-81c7-0be82444a55d43. 雲隠れ   http://apps.microsoft.com/windows/app/811858fd-2716-43ec-a51a-e5f474cd121844. 匂宮    http://apps.microsoft.com/windows/app/31fd8d69-e3ea-471a-a5b4-70de0799e25745. 紅梅    http://apps.microsoft.com/windows/app/33fcf36d-3c8d-4e1a-a56b-249cfc99addb46….

0

Windows 8 ストア アプリ開発関連リンク集 (2013/8/1)

マイクロソフトの田中達彦です。Windows ストア アプリを開発するときに役に立ちそうな、MSDNオンラインの記事のリンク集をテスト的に作成しました。C#/XAMLでアプリを作るときの情報をまとめています。アプリの開発時のヒントや逆引きとしてご活用ください。項目の追加などのリクエストやご意見があれば、コメントにご記入いただくかメールをいただけないでしょうか。 ユーザー インターフェイスナビゲーション全般、ページ間のナビゲーション、Web ページへのリンク、コントロール一覧、コントロールの追加とイベント、コントロールのスタイル、テキストの表示、テキスト入力、図形の描画、ブラシ、アプリ バーの追加、アプリ バーの共有、セマンティック ズームの追加、アニメーション、検索の追加、設定チャームの追加、ライブ タイルの実装、バッジの更新、トースト通知、プッシュ通知、タッチ操作 データとファイルデータ バインディング、ローカルへのデータ保存、ローミング、一時フォルダー (テンポラリ フォルダー)、ファイルやフォルダーへのアクセス、ファイルの読み込みと書き出し、ファイル ピッカー、ファイルのダウンロード、ファイルのアップロード、コンテンツの共有、クリップボード (コピーと貼り付け)、データ保護 API ネットワークHttpClient を使用した接続、ストリーム ソケットを使用した接続、MessageWebSocket を使用した接続、StreamWebSocket を使用した接続、近接通信と NFC、接続情報の取得、Web フィードへのアクセス、フィード エントリの管理 アプリの実行ファイルに応じてアプリを起動、URI に応じてアプリを起動、アプリの自動起動、バックグラウンドでのデータ転送、バックグラウンド タスク マルチメディア / 画像処理Web カメラからのビデオのプレビュー、ビデオの回転、手ぶれ補正の追加、ビデオとオーディオ(音声)の再生、バックグラウンドでのオーディオ再生、ネットワーク上のメディア ファイルを開く、ビデオのサイズ変更、画像のデコード、画像の編集、画像のプロパティの取得、新しい画像の作成 デバイス / センサーデバイス機能を有効にする、印刷機能の追加、印刷プレビューのカスタマイズ、特定のページの印刷、加速度計の使用、ジャイロメーターによる角速度の測定、コンパスによる方位の取得、傾斜計の使用、Orientation センサーによる四元数と回転マトリックス、光センサーによる照明の変化への対応、ユーザーの位置の検出、Bing Map で自分の位置を表示 Windows ストア関連アプリの試用版の作成、アプリ内購入の概要、アプリ内購入(アプリ内課金) 多国語対応 (ローカライズ)UI リソースの翻訳、書式のグローバル対応、言語と地域の管理方法、多言語アプリ ツールキットの使用 このリンク集は、随時更新する予定です。 マイクロソフト田中達彦 

0

Surface RT用での開発者ライセンス(Developer License)

マイクロソフトの田中達彦です。Surface RTを入手したので、アプリのテスト用にさっそく開発者ライセンスを取得しました。Surface RTなどのWindows RT機での開発者ライセンスの取得方法は、以下の通りです。 1. [Windowsキー] + [X] を押して、[コマンド プロンプト(管理者)]を選択します。2. コマンドプロンプトが起動したら、powershell と入力して [Enter] を押します。3. 以下のコマンドを入力します。Show-WindowsDeveloperLicenseRegistration4. あとはメッセージに従ってください。5. マイクロソフト アカウントを入力するダイアログで、既に開発者アカウントであるマイクロソフト アカウントを入力すると、ライセンスの有効期限が90日になります。 詳細は下記サイトをご参照ください。http://technet.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/hh974578.aspx ちょっとしたいたずら心で、Surface RT上でVisual Studio 2012が動いているように見えるアプリを作りました。(単に画像を表示させているだけですが…)興味があればダウンロードして試してください。 マイクロソフト田中達彦   Visual Studio 2012_1.0.0.0_AnyCPU_Debug_Test.zip

0

Windowsストア アプリ 縦書きビューワー おまけ02 ~Windows Phoneへの移植~

マイクロソフトの田中達彦です。Windowsストア アプリとして作成した縦書きビューワーを、Windows Phoneに移植してみました。スクリーンショットはこんな感じです。 WindowsストアからWindows Phoneへの移植は、プログラムの大きさや、ストア アプリ特有の機能をどれだけ使っているかにもよりますが、今回の縦書きビューワーの例だと、ざっと1時間というところです。設定チャームの部分をどうしようか悩みましたが、上記のスクリーンショットのようにほぼXAMLのコピペで移植できちゃいました。 .xapファイルを添付したので、興味がある方はインストールしてみてください。折を見て、プロジェクトを公開する予定です。 マイクロソフト田中達彦 Reader.zip

0