[Windows Phone 7 UIガイドを読み解く] 第24回 ~グリッド、ハイパーリンク、イメージ~


[Windows Phone 7 UIガイドを読み解く]
24回 ~グリッド、ハイパーリンク、イメージ~

[Grid] (150ページ - 151ページ)
[Hyperlink] (152
ページ - 153ページ
)
[Image] (154
ページ - 155ページ
)

[
グリッド]
縦方向または横方向に線を引き、その線に合わせてボタン等のコントロールを配置することができるコントロールです。

線の間隔や本数は、任意に設定することができます。
グリッドは、コントロールを複雑に配置する場合に適しています。
グリッドは、電話機の向きの変更により表示方向が変わるアプリケーションや、表示領域が縮小/拡大するアプリケーションには向いていません。

[ハイパーリンク]
ハイパーリンク コントロールは、特定のページへのリンクを埋め込むことができ、タップすることによって指定したページを表示させることができます。

ハイパーリンク コントロールは特定のページを表示させるときのみに使用します。
タップすることによって別の文字を表示させるなど、他の用途で使用するときは、ハイパーリンクではなくボタンコントロールを使用します。

ハイパーリンクは、表示形態として、何もしない状態、押された状態、ディセーブルの状態を表すことができます。

ユーザーのアクションによってディセーブルの状態を解除できない場合は、ディセーブルの状態を使用するのではなく、ハイパーリンクそのものを表示させないようにします。

[イメージ]
イメージ コントロールは、画像を表示させるためのコントロールです。

PNG
JPEGの形式の画像をサポートしています。
サポートしている色数は、148ビット色または24ビット、32ビットのTrue Colorです。

[注意事項]
この記事は、UI Design and Interaction Guide for Windows Phone 7 Version 2.0というドキュメントを元に書いています。個人的な意見や見解も含んでいます。

記事中のページは、印刷後のページ(左上または右上に表示されている数字)です。
画像は、断りのない限りオリジナルのドキュメントから引用しています。UIが日本語の画像と、実機の写真を使っている画像は、独自に用意したものです。
英語の得意な方は、オリジナルのドキュメントもご参照ください。

[オリジナルのドキュメント]
オリジナルのドキュメントは、下記Webサイトよりダウンロードできます。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff637515(VS.92).aspx
このページの最初のほうにある、「UI Design and Interaction.....」というリンクをクリックすると、ダウンロードが始まります。

[Windows Phone 7 UIガイドを読み解く]
1回~第15回の一覧
16: ~タッチによる入力~
17: ~タッチ方法(ゼスチャー)の種類~
18: ~ハードウェアの周囲についているもの~
19: ~搭載されているセンサー~
20: ~出力方法の種類~
21: ~アプリケーションインターフェイスとなるコントロール~
22 : ~境界線、ボタン、キャンバス~
23: ~チェックボックス~
24: ~グリッド、ハイパーリンク、イメージ~

マイクロソフト
田中達彦

Skip to main content