[Windows Phone 7 UIガイドを読み解く] 第22回 ~境界線、ボタン、キャンバス~


[Windows Phone 7 UIガイドを読み解く]
22回 ~境界線、ボタン、キャンバス~

[Border] (138ページ - 139ページ)
[Push button] (140
ページ - 141ページ)
[Canvas] (142
ページ - 143ページ)

[境界線 (border)]
コントロールに対して、境界線か背景、またはその両方が提供されます。境界線には、1つのチャイルドの要素のみを含めることができます。

境界線の太さはプログラムで指定せず、電話機で用意している境界線の太さを使用します。

[ボタン]
ボタンは、ユーザーがそれをタップしたときに作動します。

標準の形は長方形で、文字またはイメージが表示されます。
文字を表示するときはなるべく簡潔な動詞を使用し、3単語以上の文章は使いません。
ボタンは、何もしない状態、押された状態、ディセーブルの状態を表すことができます。
ダイアログ等で[OK]ボタンと[キャンセル]ボタンを使用するときは、[OK]ボタンまたは肯定的な意味を表すボタンを左側に、[キャンセル]ボタンまたは否定的な意味を表すボタンを右側に配置します。

[キャンバス]
キャンバスは、チャイルドの要素を表示させるための面です。

キャンバスはピクセル単位のレイアウトを使用します。
キャンバスはグリッド コントロールよりもパフォーマンス面で優れています。
もしアプリケーションのフレームが広がったり縮まったり回転するときは、グリッド コントロールを使用します。

[注意事項]
この記事は、UI Design and Interaction Guide for Windows Phone 7 Version 2.0というドキュメントを元に書いています。個人的な意見や見解も含んでいます。

記事中のページは、印刷後のページ(左上または右上に表示されている数字)です。
画像は、断りのない限りオリジナルのドキュメントから引用しています。
英語の得意な方は、オリジナルのドキュメントもご参照ください。

[オリジナルのドキュメント]
オリジナルのドキュメントは、下記Webサイトよりダウンロードできます。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff637515(VS.92).aspx
このページの最初のほうにある、「UI Design and Interaction.....」というリンクをクリックすると、ダウンロードが始まります。

[Windows Phone 7 UIガイドを読み解く]
1回~第15回の一覧

16: ~タッチによる入力~
17: ~タッチ方法(ゼスチャー)の種類~
18: ~ハードウェアの周囲についているもの~
19: ~搭載されているセンサー~
20: ~出力方法の種類~
21: ~アプリケーションインターフェイスとなるコントロール~
22 : ~境界線、ボタン、キャンバス~

マイクロソフト
田中達彦


Skip to main content