Lync SDK のプログラム コードを使用した開発

環境 : Lync Server 2010, Lync 2010, Visual Studio 2010, Silverlight 4 開発者向けランタイム, Lync 2010 SDK Lync 2010 クライアント開発入門 はじめに Lync 2010 コントロールを使用した開発 Lync SDK のプログラム コードを使用した開発 Conversation Window 拡張 (CWE) Contextual Conversation 開発 Online Meeting (Web 会議) こんにちは。 Lync 2010 SDK では、UI Automatoin や単なる Lync クライアント コントロールの利用だけではなく、Lync クライアントそのものと同様の処理をコードを使って構築できます。 今回は、Lync クライアント SDK のプログラミングについて、その概念を見ていきましょう。 なお、Lync 2010 の日本語版 Bits も提供開始されましたが (MSDN Subscription…

0

Lync 環境構築と Lync 2010 コントロールを使用した開発

環境 : Lync Server 2010, Lync 2010, Visual Studio 2010, Silverlight 4 開発者向けランタイム, Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010, Expression, Blend 4, Lync 2010 SDK Lync 2010 クライアント開発入門 はじめに Lync 2010 コントロールを使用した開発 Lync SDK のプログラム コードを使用した開発 Conversation Window 拡張 (CWE) Contextual Conversation 開発 Online Meeting (Web 会議) こんにちは。 今回は、まず最初に、Silverlight を使用したアプリケーションを例に、Lync 2010 SDK で提供されているコントロールを使用した簡単な開発手法を見ていきましょう。 開発前の準備 (環境構築) まず環境設定についてですが、上記 (「環境」の項) に記載している通り、必要な環境をインストール / セットアップしておきましょう。(サーバーのインストールが面倒な方は、ここでの開発は、すべて Lync…

0

Lync 2010 クライアント開発入門 : はじめに

最新の Skype for Business のクライアント開発では、REST/JavaScript ベースの Skype Web SDK (または UCWA) が使用できます。 Lync 2010 クライアント開発入門 はじめに Lync 2010 コントロールを使用した開発 Lync SDK のプログラム コードを使用した開発 Conversation Window 拡張 (CWE) Contextual Conversation 開発 Online Meeting (Web 会議) こんにちは。 Microsoft Conference 2010 で紹介した Lync 2010 開発についていくつか質問を受けましたので、Lync 2010 SDK を使ったクライアントサイドの開発について記載したいと思います。(Microsoft Conference 2010 では、Exchange と SharePoint の開発を中心にお話しました。) まず、Lync  による開発の全体像をつかんでいただくため、下記に、Microsoft Conference 2010…

0

SharePoint Online 向けに機能 (フィーチャー) をまとめる

※ SharePoint 2013 以降では、サンボボックス ソリューションは非推奨です。SharePoint アドイン (SharePoint Add-ins) による開発手法を使用してください。 環境 : Office 365 Beta (SharePoint 2010 Online), Visual Studio 2010 裏 10 行でズバリ ! サンドボックス ソリューション  SharePoint 2010 ワークフローアクションのサンドボックス配置 SharePoint 2010 ワークフローの Visual Studio を使用したサンドボックス配置 SharePoint 2010 コードを含む InfoPath 2010 Web フォームのサンドボックス配置 SharePoint 2010 モジュールを使ったファイルのサンドボックス配置 SharePoint 2010 における .aspx ページ (リストフォームなど) のサンドボックス配置 Bing Maps を使って住所から地図を表示する (サンドボックス ソリューションの Networking)…

0

1 冊で .NET 4 のすべてを学べる、書籍 「.NET 開発テクノロジー入門」 (Visual Studio 2010 対応最新版) 登場 !

こんにちは。 以前、初版を作成した「.NET 開発テクノロジ入門」の Visual Studio 2010 版が、いよいよ発売されます。 ASP.NET、ASP.NET MVC、Silverlight、WCF、Entity Framework . . . と、.NET のすそ野は広がり、めまいを起こしそうですが、サンプル コードによって、それぞれのテクノロジーの位置付けや性質を網羅的にわかりやすく解説しています。 http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P94410.html 今回は、弊社エバンジェリストの新村 剛史が監修し、各分野のエバンジェリスト (及び、元エバンジェリスト) がそれぞれの章を担当しています。(新村は、全部の章を査読しました。ほんと大変です。。。) 前回、書籍の背表紙に、「Visual Studio 2008 対応」、「最新の .NET Framework 3.5 を解説」 などの記載がなく、本屋さんで見かけても、「古い技術がベースなのか、最新なのか分からない!」 という反省点がありましたので、今回の書籍では、 最新の .NET Framework 4 (Visual Studio 2010) に対応 ! という点をこれ見よがしに記載しています。あと余談ですが、ワークフロー (Windows Workflow Foundation, WF) は、「どうも、ワークフロー サービス以外で使っている人は少なそうだ」 ということで、今回、WF の章はボツ (没) になり、ワークフロー サービスのみにフォーカスを当てています。(ちょっと、悲しい。。。) また、注目の Windows Azure を学ぶ準備としても…

0

Bing Maps を使って住所から地図を表示する (SharePoint サンドボックス ソリューションのネットワーク接続)

※ SharePoint 2013 以降では、サンボボックス ソリューションは非推奨です。SharePoint アドイン (SharePoint Add-ins) による開発手法を使用してください。 環境 : SharePoint 2010, Visual Studio 2010 裏 10 行でズバリ ! サンドボックス ソリューション  SharePoint 2010 ワークフローアクションのサンドボックス配置 SharePoint 2010 ワークフローの Visual Studio を使用したサンドボックス配置 SharePoint 2010 コードを含む InfoPath 2010 Web フォームのサンドボックス配置 SharePoint 2010 モジュールを使ったファイルのサンドボックス配置 SharePoint 2010 における .aspx ページ (リストフォームなど) のサンドボックス配置 Bing Maps を使って住所から地図を表示する (サンドボックス ソリューションの Networking) SharePoint Online 向けに機能 (フィーチャー)…

0

[AppFabric Caching] A to Z

Azure における最新の Redis Cache サービスについては「Azure Redis Cache の使用 (.NET, PHP, Node.js)」に記載しました。(以下は、古い記事です。) 関連ナンバー Windows Server AppFabric Cache v1.0 Cache 機能一覧 Windows Azure Shared Cache Windows Server AppFabric Cache v1.1 (新機能紹介) Windows Azure Role-based Cache New Windows Azure Cache (留意点) こんにちは。 Tech Ed Japan ではかなりお茶を濁した表現になってしまいましたが、先日開催された PDC 10 で、Windows Azure AppFabric Caching が遂にアナウンスされました。( ゆっくりとですが、Windows Server AppFabric と Windows Azure…

0

VSTO プロジェクトの .NET 4 への移行に際して

環境 : Visual Studio 2008 (Professional Edition 以上), Visual Studio 2010 (Professional Edition 以上), Office 2007 / 2010 こんにちは。 Tips 的な話ですが、Visual Studio 2008 で構築した Office のプロジェクト (アドインなど) を Visual Studio 2010 の .NET Framework 4 に移行する際に、注意点がありますので記載しておきます。(本件、ご質問を受けましたので、ブログで詳細を記載させて頂きます。) まずは実験ですが、Excel アドインなど、Visual Studio 2008 の頃に作成した .NET Framework 3.5 のプロジェクトを Visual Studio 2010 で開き、表示される変換ウィザードで変換をおこなってみましょう。 結論から言うと、問題なくビルドでき、問題なく動作します ! (「当たり前だろ !」と思われるかもしれませんが、すみません。) つぎに、.NET 4 の機能 (No PIA…

0

Exchange Online 開発 : 自動検出 (Autodiscover) と EWS Managed API

環境 : Microsoft Online Services, Visual Studio 2008, Exchange Web Services (EWS) Managed API 1.0 Exchange Online 開発 EWS (Web サービス) による開発入門 通知 (Notification) の実装 自動検出 (Autodiscover) と EWS Managed API OAuth Token 認証 こんにちは。 今回は、自動検出 (Autodiscover) と、Managed API のすばらしさについて説明します。 例えば、第 1 回 で作成したアプリケーションを全世界にリリースしたと仮定しましょう。この第 1 回の app.config をもう 1 度見て頂いくと分かりますが、今は、日本の利用者を想定しているため、下記の接続先のアドレスが埋め込まれています。 https://red003.mail.apac.microsoftonline.com/EWS/Exchange.asmx このため、米国でこのアプリケーションを使う人は、そのままでは動作しません。(Exchange Online の EWS では、米国領域、欧州領域、アジア領域で、接続先のアドレスが異なります。) アプリケーションの起動時に、「どこの国籍ですか ?」と聞いて接続先を変更するのもどうも…

0

Exchange Online 開発 : 通知 (Notification) の実装

環境 : Microsoft Online Services, Visual Studio 2008 Exchange Online 開発 EWS (Web サービス) による開発入門 通知 (Notification) の実装 自動検出 (Autodiscover) と EWS Managed API OAuth Token 認証 こんにちは。 GMail 用の Notifier アプリケーションや Mailer アプリケーションなど、世の中には、便利なツールがいくつか存在します。これと同様の仕組みを Exchange Online でも、もちろん、実装できます。 今日は、昨日に続き、EWS (Exchange Web Services) を使った通知 (Notification) の実装方法について説明しましょう。 通知 (Notification) の概念 通知の仕組みは、例えば、Inbox のメール一覧を定期的に取得して、 この内容を前回と比較すれば実装できるかもしれません。しかし、今やメールは、日常業務における主要アプリケーションの 1 つです。例えば、数百、数千というメールアイテムを対象に、毎回こうした処理をおこなうのは現実的ではありません。 このため、EWS (Exchange Web Services) では、こうした通知…

0