[T2-302 follow-up (2)] WCF トレースの見方


環境 :
Visual Studio 2008 (.NET Framework 3.5)

  1. WCF の ASP.NET Compatibility Model を使用した Stateful な N-tier アプリケーション (WCF による Load Balancing 全般の考察)
  2. WCF トレースの見方
  3. WF の Activity Execution Context (AEC) とクローンに要注意 

こんにちは。

(1) で記載しました通り、本日できなかったデモのフォローアップを記載します。

本日のデモで、WCF サービスのパフォーマンスを早くする簡単なデモをおこないましたが、実際にどこか速くなったのでしょうか ?
ここではそれを WCF のトレースを使用して確認したいと思います。

まず本日のデモの復習ですが、以下のように Visual Studio がデフォルトで作成した wsHttpBinding を

<system.serviceModel>

  <services>

 

途中省略 . . .

 

      <endpoint address ="" binding="wsHttpBinding" contract="WcfServiceLibrary2.IService1">

customBinding を使用して以下の通り変更したという簡単な内容で、5 - 10 倍のパフォーマンス向上となりました。

<system.serviceModel>

  <services>

途中省略 . . .

 

      <endpoint address ="" binding="customBinding" bindingConfiguration="myTestBinding" contract="WcfServiceLibrary1.IService1">

        <identity>

          <dns value="localhost"/>

        </identity>

      </endpoint>

      <endpoint address="mex" binding="mexTcpBinding" contract="IMetadataExchange"/>

    </service>

  </services>

  <behaviors>

    <serviceBehaviors>

      <behavior name="WcfServiceLibrary1.Service1Behavior">

        <serviceMetadata/>

        <serviceDebug includeExceptionDetailInFaults="False" />

      </behavior>

    </serviceBehaviors>

  </behaviors>

  <bindings>

    <customBinding>

      <binding name="myTestBinding">

        <binaryMessageEncoding/>

        <tcpTransport/>

      </binding>

    </customBinding>

  </

Comments (2)

  1. こんにちは。 毎年同じようなことを書いているようですみません。またまた Tech*Ed でデモの多くを取りこぼしましたので、残り分を順次掲載していきます。(今、翌日のリハーサル待ちです . . .) 以下の順番で掲載していきます。

Skip to main content