Outlook 2007 Form Region のサンプルが動作しない場合の回避方法について


環境:
Office Professional 2007 Beta 2
VSTO v3 JuneCTP

こんにちは。

VSTO を使った Outlook 2007 Form Region の以下のサンプル

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms788695.aspx

で、結果がうまく表示されない(このサンプルではテキストボックスにインターネットヘッダーの内容が表示されるはずです)場合があります。この回避方法について以下に記載します。

これは、プロジェクトの参照(ライブラリの参照)として追加する [Microsoft Forms 2.0 Object Library] が複数存在してしまっており、誤った方のライブラリが選択されているために発生しています。上記サンプルの Figure 7 で同じライブラリが複数存在しているのが図でおわかり頂けると思います。このうち片方は正しく動作しますが、他方は正しく動作せず、Form Region 上のコントロールを Microsoft.Office.Interop.Outlook のコントロールにキャストする箇所(Visual Basic でいうと、以下の箇所)で関数を抜けてしまうためです。

TextBoxHeaders = DirectCast(_
        Form.Controls.Item("TextBoxHeaders"), Outlook.OlkTextBox)
BtnCopy = DirectCast(_
        Form.Controls.Item("BtnCopy"), Outlook.OlkCommandButton)

ですので、回避方法は、別のライブラリを選択して再度リビルドをすることです。

動作環境は、Office 2007 Beta 2 (TR でない Beta 2 バージョン) と VSTO JuneCTP (Visual Studio Tools for Office v3 JuneCTP) で確認しています。

 

Comments (0)

Skip to main content