Subversion が気になる あ・な・た に贈る Team Foundation Server の紹介♪

ごくたまにですが、聞かれますので、ちょっとだけ書いていきたいと思います。 Subversion (以下、SVN) は、オープンソースのソースコード管理ツール(VCS: Version Control System)です。Team Foundation Server (以下、TFS) はソースコード管理を含む、開発プラットフォームです。したがって、同じカテゴリのツールとは、私はまったく思っていないのですが、以下の観点で見ていきたいと思います。 ※詳細に言及したり、比較する気はありません。気になるならば、ご自身でお調べくださいw SVN と TFS は同じか? SVN も TFS もソースコードのバージョン管理ができます。 SVN も TFS も変更セット(※開発のトランザクションの単位でのバージョン管理)が行えます。 SVN も TFS も Web セントリックなアーキテクチャです。 SVN も TFS も比較やマージのツールを選択できます。 SVN と TFS は違う? SVN には、Windows エクスプローラーから利用できる TortoiseSVN がある! TFS だと、TFS Power Tools にて、同様の機能を提供しています。 (TFS Power Tools の Windows エクスプローラー拡張機能 -…


TFS の魅力を伝えるシンプルな特集はじまる

みなさん、マイクロソフトの スマート ビジネス センターをご存知でしょうか(そう、例の壁紙ダウンロードなんかもやっているあれですw)。今、こちらで、Team Foundation Server に関連をした特集をやっています。 こちらの特集は、今更聞けないバージョン管理や VCS (Version Control System: VSS, CVS, Subversion など) の「基本のき」に触れ、それを極限までシンプルに伝えています。 ですから、ご自身の認識の再確認のため、はたまたチームメンバーへの共通認識の確認、上司にバージョン管理やソフトウェア構成管理を行う意義の認識あわせや確認などにご利用することもできると思います。 そして、この特集はまだまだ続きますが、Team Foundation Server (TFS) が単なる VCS、 SCM(Software Configration Management)の製品ではないと同時に、VCS、SCM を実はチームで均質的に実践できる仕組みを持っていることを知っていただくきっかけとなってくることが徐々に明らかになることでしょう。 より詳しい話、VSS との比較などは、こちらの特集からも紹介している こちら を見るといいかと思います。こちらには無音声の動画や、購入時のコストの比較の目安もあります。 この特集でも、触れていますが、TFS は、無償で評価版を入手することができます。インストールは至って簡単です。下のビデオは、インストールの模様をノーカットで収録した無声動画です: 長沢