TFS に関するコミュニティイベント開催@大阪、札幌

TFS ユーザーズグループ (TFSUG) が主催、共催するイベントが大阪と札幌で開催されます。 いずれも 長沢も参加し、講演をさせていただきます。もちろん、情報交換、ご相談もお気軽にです!どちらにもいくつかのグッズも持っていこうと思っています! 2/25 大阪 間際ですみません!参加申し込みは、2/24 正午までです。 当日に「どうしても!」という方は、Twitter で @tomohn #tfsug をつけてご連絡ください。 第16回 #TFSUG: 大阪vol.2 私は、2/14に講演したデブサミ 2013 のセッションを早くも再演!します。デモを多めにした Remix バージョンを予定しています。 また、1月末に渡米してきた ALM Summit 3 の最新動向もお伝えします。細谷さんの有料でしか聞けない貴重なセッションも無償イベントで聞けてしまいます!「スクラムと品質」の話は、エンジニアもマネージャーも必須ですよ!   3/2 札幌 CLR/H と TFSUG 共催で ALM デイ が開催されます。TFSUG からのスピーカー陣から東京でも聞けないこと、やったことないことをやるのではないかと思います。 CLR/H with TFSUG – ALM デイ 私は、TFSの世界観 ~ アルティメイタム デモ と題してデモを中心に、TFS がどれだけ開発現場にとって便利なのかをご覧いただこうと思っています。そのほか、Java 絡み、OSS 絡みのセッションが多いので、.NET な人だけでなく、いろいろな技術を使っている方々に参加いただければなと思います。  …


Visual Studio Scrum 2.0 とは?

件名を見て聞いたことある方、聞いたことない方、切望していた方いろいろではないかと思います。 気になる方は、下記をご覧ください。 TFS 2012 プロジェクトのはじめ方 ~スクラム プロセステンプレート紹介つき [1/2] TFS 2012 プロジェクトのはじめ方 ~スクラム プロセステンプレート紹介つき [2/2]


[WDD] Windows Developer Days で2セッションお話しました。

24日、25日と開催された Windows Developer Days (WDD)の2日目のラスト2セッションにて Visual Studio 11 のコンセプトとデモのセッションをさせていただきました。 1日目、2日目と実施した2日目のキーノート デモラーでもある高橋忍さんセッションとして純粋に Visual Studio 11 をフィーチャーしたセッションは、3セッションとなります。 私のセッションでは、Visual Studio 11 のコンセプトである 「継続的フィードバック - Continuous Feedback」を以下の二つのテーマでご紹介しました: チームとしての価値の流れ ~ Flow of Value : PL-005 セッション 開発者、テスト担当者としての無駄の削減 ~ Reduce Waste : PL-006 セッション 45分タイムボックスの2セッションでしたが、そもそもそんな枠で収まるボリュームではありません。ご来場いただく方々の層も読めないイベントですので、デブサミ2012 で特別賞をいただいたようにある程度前提にしてお話することも難しいため、コンセプト大目でデモは、オムニバス的なものでやってみました。 ご参加くださった方は、よろしければ、以下の視点でもセッション資料をご覧いただければと思います: 全体の流れとエンジニアリング環境(デブサミ2010セッション資料) 品質 (JaSST’12 Tokyo セッション資料) WDDのセッション資料などは、イベント側で公開/非公開含めて今後にお知らせする機会があるかと思いますので、今しばらくお待ちください。 なお、ご参加くださった皆様の Tweet を Togetter にてまとめてみました。 http://togetter.com/li/293441 編集に制限もしてませんので、抜け漏れ、追加などありましたら、ボランティアベースでお願いできればと思います。 とにかく、今のイノベーションが起こしやすくなっているとき、開発者の能力を活かせるときに、何をしなければいけないのか?あえて言うと「テクノロジのワクワク感だけですまされる状況なのか?」を現場チームとして考えてみてほしいのです。そのうえで必要なものはなにか・・・その第一級のエンジニアリング環境は、Visual…


Visual Studio 11 Beta フィードバック ツール公開、フィードバックにご協力ください。

みなさん、Visual Studio 11 Beta はもう、お試しいただけましたでしょうか? Beta 版は、皆様からのフィードバックをいただく絶好の機会です。このたび、Visual Studio 11 Beta のフィードバックを簡単に行えるツールが提供されています。 詳しくは、 Visual Studio 11 Beta のフィードバックへのご協力のお願い に入手方法から、使い方まで、書きましたので、ご覧いただければと思います。 もちろん、Visual Studio だけでなく、TFS や、Test Manager、Feedback Client、PowerPoint Storyboarding などもぜひフィードバックをください! ながさわともはる


Visual Studio 11 Beta について

2/29 (日本時間では、3/1)に Visual Studio 11 Beta が公開されました。もちろん、日本語 UI が提供されています。 皆様からのフィードバックを得る貴重な機会ですので、ぜひご評価いただき、フィードバックをお寄せください。これに関連していくつかのブログ記事を書きました。 Visual Studio 11 Beta 情報源まとめ Visual Studio 11 Beta ダウンロード開始 Visual Studio 11 Beta Ultimate / TFS のインストール手順 Visual Studio 11 Beta 注目してほしい機能~その可能性~ その1 Visual Studio 11 Beta 注目してほしい機能~その可能性~ その2 何かのお役に立てれば幸いです。 ながさわともはる


米マイクロソフトにおけるテスト戦略とアジャイル開発におけるテストについて Bj Rollison が語ります!参加必須ですね!

みなさんに朗報です。2012年1月に開催される ソフトウェアテストシンポジウム(JaSST)’12 Tokyo (東京目黒・雅叙園)にて、基調講演を米マイクロソフトのテスト アーキテクトである Bj Rollison が担当することが発表されました! JaSST’12 Tokyo 基調講演: 「How We Test At Microsoft ~ マイクロソフトでどのようにテストをしているのか?」 Bj Rollison at Microsoft Corporation Bj Rollison は、今話題の Windows Phone 7 のソーシャル ネットワーク機能周りのテストのアーキテクトであり、テストチームのリーダーでもあります。多くの方が、 How We Test Software at Microsoft [←Amazon へのリンク] の著者としてご存じかと思います。この書籍は、日本語訳されていませんが、非常に有益な書籍として知られています。 書籍は英語ですが、JaSST では、同時通訳で、彼が直接語ってくれる「場」に参加できるチャンスです。JaSST 実行委員の方々には感謝感謝です。 Bj は、チュートリアルで、アジャイル環境におけるテストについても深く解説してくれます。 チュートリアル: Testing in an Agile Envrinment アジャイルにおけるテストは、かなり注目されている分野のひとつです。米マイクロソフトで実践している人から直接聞けるよい機会です。アジャイルに開発している方も、そうでない方も、ぜひこちらのチュートリアルにも参加することを強くおすすめします! 2012年というソフトウェア開発においても、重要な年(謎)に、しっかりとテストや品質をキャッチアップするよい機会ですね。ぜひ、JaSST’12 Tokyo に参加してみてください。もちろん、Bj…


ここ1か月くらいの TFS/ALM の動向まとめ

このブログをご覧のみなさんは、感じていらっしゃるのではないかと思いますが、Team Foundation Server (以下、TFS) や ALM の話題が多くなってきました。これは、ソフトウェア開発を取り巻く状況の変化が多くの現場にも影響を与えつつあることと、Scrum Gathering Tokyo などの有益なイベントが立て続けに開催されていること、そして、昨年4月にリリースされた TFS 2010 がだいぶ浸透してきて、うちに情報が蓄積されがちな開発プロセスや運営ノウハウがそのにも共有されてきたこと、TFS 2010 の活用例が表にでてきたこと、TFS 2010 を導入してきたが、他者(社)のノウハウへの渇望が増えてきたことなどがあるかと思っています。 ★ ★ ★ たとえば、今週土曜日には、「ALM Summit 2011 に参加されたみなさんにより参加報告会」が東京・品川で開催されます。余談ですが、こちらのイベントはとても重要で、おススメです。米国でのソフトウェア開発事情を肌で感じてきた方々による貴重な発表の機会ですので、都合がつく方は、できるだけ参加した方がいいと思います(※事前登録制/無償、12/8 午前9時に参加登録締切です)。 ★ ★ ★ さて、ここ1か月をふりかえってみます。 第1回 TFS ユーザーズ勉強会 まず、第1回の TFS ユーザーズ勉強会 が東京・品川で開催されました。これは、別に TFS ユーザーでなくても参加ができるのですが、「しゃべりたい人がしゃべり、聴きたい人が聴く」という「場」を月に一回くらい作りたいという私の思い付きからはじまっています。 しかも、3名の (いろいろな意味での) エキスパートの方が、「導入と OSS からの移行」、「ウォーターフォール開発での活用」、「分散アジャイル開発での活用」と事例をご紹介いただきました。参加者も会場が暑苦しくなるくらい満場感がありました。そして内緒ですが、マイクロソフトの社員も多数、こっそりと参加をしていました。コンサルティング部隊、サポート部隊、マーケティング部隊と(個人名は自粛w)。 ALM Summit 2011 米国で開催。日本から7名が参加 参加者による参加報告会 が12/10に開催されることは前述しましたが、このイベントでは、ALM、アジャイル開発、DevOps に関する非常に有益な「場」となっています。私も昨年に日本からたった一人で参加しましたが、今の米国、明日の米国の事情と熱を感じることができました。今年は、7人も参加していますので、それぞれのバックグラウンド、現場、キャリアの観点から6人の方が参加報告会で語ってくれると思います。私もいち参加者として楽しみにしています。 Agile 459 後述しますが、四国にて ALM や…