今年も、 X-over Development Conference 2011 (XDev) でお話しします。

「明日を支えるITを創ろう~クラウドとマルチデバイスで変わるソフト開発~」というテーマで開催される 秋の開発者の祭典 XDev 2011 でお話をさせていただける機会を得ました! 開催概要 【名称】X-over Development Conference 2011 【日時】2011年9月16日(金) 10:30~16:40(10:00開場) 【会場】目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1-8-1) 【受講料】無料(事前登録制) 【主催】日経BPセミナー事業センター 私は、B-4 明日を支えるITに求められる開発アジリティ ~ 継続的フィードバックで見る最新開発環境の全貌(仮) と銘打って(仮タイトルですが・・・)、昨年のお話をさらに充実させつつ、話をシンプルにしてお伝えしようと考えています。40分という限られた時間の中(14:10-14:50)で、お伝えするため、これから中身を精査していきます。 開発を支援するツール群としては、Visual Studio ALM (Visual Studio, Team Foundation Server)ももちろん紹介もしますが、LightSwitch、Expression も含めてこれらがなぜ必要なのか、どう考えると自分たちの現場(Gemba)で活かせるのかをお話ししたいです。ここの製品紹介や機能紹介などはしないので、ぜひ製品については関心のある方は、製品概要を予習してきてください。製品に現時点であまり関心がないが、開発の最新動向は気になる、長沢の話を聞きたい(いるのか?)という方は、特に予習は必要ありません。 Visual Studio を使っていない方でも役に立つ話をするつもりですので、そういう方は、Visual Studio だとこうなんだというように一つの例ととらえて聴いてください。Visual Studio をお使いの方、特に MSDN サブスクリプションをお持ちの方は、もっと活用のし甲斐がある宝をもっていることを実感いただけるでしょう。 今提供されている非常に豊富な機能は、すべて「継続的フィードバック」という名のもとに説明ができます。フィードバックループを回すために何がいるのか?といった一つの指針で広大な製品群、機能群をシンプルに解説しますので、ぜひお見逃しなく! 長沢  


LightSwitch Metro Theme でイケてる UI にする

LightSwitch も提供が開始され、多くの拡張機能が提供されはじめました。 そんなさなか、マイクロソフトから至極のテーマが公開です。 Metro Theme です。 このテーマは、LightSwitch のインストールされている環境にて、ダブルクリックするだけでセットアップできます。 さらに、LightSwitch のプロジェクトのプロパティで設定すると利用可能になります。 さてさて、ふつうの LightSwitch でのデスクトップ アプリは以下: これを先ほどご紹介した、プロジェクトのプロパティにて、テーマを変更するだけで、以下に: この手軽さも、LightSwitch の魅力です。 エンドユーザーに近い方は、UI を気にせずにさくっと作り、拡張機能提供者が、ナイスな UI をあらかじめ提供しておけば、いろいろなアプリで、その良さを提供することができる新しいビジネスモデルにもなりえるわけですね。 以下は、公開されている拡張テーマではありませんが、TechEd North America 2011 のセッションでやっていたシェル/テーマです。 こうやってみていただくと、シェルとテーマの関係もわかるかと思います。その辺はまた今度機会があったら。 長沢


LightSwitch を Visual Studio 2010 が入っている環境にセットアップしたときの動画を公開

LightSwitch だけをセットアップして簡単アプリを作るまでの動画を公開 に引き続き、Visual Studio 2010 (ここでは、Premium でやっていますが、Professioanl でも Ultimate でも OK です)がインストール済みの環境にセットアップした際の LightSwitch のセットアップの様子を動画として公開済みです。 LightSwitch は、そのものを使ってさくっと業務アプリを構築したいなら、Visual Studio 2010 も不要です。開発者をはじめとして、LightSwitch を活用したさらにすぐれた業務アプリやエクステンションの作成やそのテストを行う方は、Visual Studio 2010 環境に LightSwitch もインストールするとよいかと思います。 詳細は、リリースノートなどご覧いただきたいですが、Visual Studio 2010 環境に LightSwitch をインストールするには、Visual Studio 2010 は、Service Pack 1 (SP1)を適用済みにしてください。 ながさわ


LightSwitch だけをセットアップして簡単アプリを作るまでの動画を公開

LightSwitch 2011 を 素の Windows 7(*1) にセットアップしたところを動画にして公開してみました。 LightSwitch は、開発者であれば、すでにインストールされているであろう Visual Studio 2010 に追加でインストールすることができますが、Visual Studio 2010 は必須ではありません。LightSwitch アプリケーションの作成だけであれば、LightSwitch だけセットアップすることで可能です。 この点も、業務アプリを業務で使うユーザーやそれに近い方が、サクッと業務アプリを作れる所以です。そのあたりを感じていただきつつ、開発者の方や、開発に携わる方々は、こういう簡単にアプリを作成できるものもあるので、 ご自身でほしい業務アプリをさらっと作れますよ ご自身でほしい業務プリをさらっと作って見せてください。それを引き継いでご要望にマッチした業務アプリを開発します このシステムは、インターフェイズはご自身でも作れます。 などと今までのソフトウェア開発スタイル、ビジネスにひと工夫して、可能性を広げることが可能です。


提供が開始された LightSwitch が気になって仕方がないあなたに贈るおすすめブログ

Visual Studio LightSwitch 2011 が RTM を迎え、MSDN サブスクリプション会員のみなさんへの提供も開始されました。また、いち早く試用し、その可能性を感じていただける評価版の提供も開始しています。 まずは、このあたり含めた情報にアクセスするには、以下が鉄板です: Visual Studio LightSwitch ホーム LightSwitch の概要紹介、評価版のダウンロードへのナビゲート、LightSwitch と Visual Studio の比較などの基本情報にアクセスできます Visual Studio LightSwitch デベロッパーセンター LightSwitch は簡単にノンコーディングでも業務アプリが作成できるツールですが、開発者向けの情報ももちろんあります。拡張機能の開発や、エンドユーザーが作成した業務アプリを発展させるなど、新たなソフトウェア開発ビジネスアイディアが創出され、開発者のみなさんの活躍の場やスタイルも増えてきます。 さてさて、そんななか、日本語で、情報を提供しているブログがありますのでご紹介! Days with Microsoft Web Platform エバンジェリストの新村さんのブログです。彼は、Siliverlight、LightSwitch などの開発者の方向けの情報を提供しています。 LightSwitch についてもすでに、7/29 14:00 時点で 4 記事をエントリーしています。ぜひぜひ、これからもウォッチしてみてください。 私も今後のエントリーを楽しみにしています(プレッシャーをかけるテスト♪) 長沢


ユーザー企業も巻き込んだ最速で業務アプリを作成する LightSwitch 2011

LightSwitch 2011 をご利用いただける状況が整いました。 http://www.microsoft.com/visualstudio/en-us/lightswitch/overview 価格にも注目しつつ、90日評価版も活用して新たな時代を体感ください。 http://www.microsoft.com/visualstudio/en-us/lightswitch/try Beta2 での簡単デモ: