Eclipse, CLI でクロスプラットフォーム開発環境から Team Foundation Server を利用できる Team Explorer Everywhere 2010 SP1 が5か国語対応に。※日本語 Language Pack の ダウンロード URL も変更になってます。

# タイトル長すぎですが、そういうことですw Windows だけではなく、Mac OS X、Linux, Solaris, AIX, HP-UX から Eclipse, コマンドラインにて、Team Foundation Server (TFS) を利用できる Team Explorer Everywhere (TEE) 2010 SP1 に新たに ポルトガル語(ブラジル)が加わり、英語、日本語、ドイツ語、フランス語と5か国語に対応となりました。 すでに、3月には日本語に対応する Language Pack を提供済みですが、今回 ダウンロード URL が変更となりましたので、改めてお知らせいたします。 Team Explorer Everywhere 2010 SP1 用 Language Pack ダウンロード おかげさまで、TFS + TEE は、多くのプロジェクトで利用いただけているようで、私の元にも、直接活用いただいていることをお知らせくださった方もいらっしゃいます(もっと知りたいので、是非お気軽にお知らせください!)。 お世辞抜きで TFS はチームにツールの細かいことを意識せずに、本業に注力しつつ、コラボレーションするためのよい仕組みを提供してくれますので、Visual Studio からだけではなく、Eclipse その他からでもぜひぜひ積極的な活用をしてくだされば幸いです。 TEE については、以下もぜひ参考にしてください(チームの他の方にもご紹介ください): http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/product/tfs/eclipsejava.aspx なお、過去にこのブログで TEE…


Team Foundation Server 2010 関連ダウンロードのまとめ

■■■ このエントリーにて、今後も更新していく予定です ■■■ Team Foundation Server 2010 に関連したダウンロード可能なリソースをこちらのエントリーにて列挙してみました。 TFS 評価版、製品: Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010 試用版 – ISO ※TFS を試用したい方は、こちらを。合わせて Visual Studio 2010 Ultimate 試用版もご利用ください。 Microsoft Visual Studio チーム エクスプローラー 2010 – ISO ※TFS に接続するための専用クライアント。Visual Studio 2010 には組み込み済みですが、別途必要な方もこちらを。 Microsoft Visual Studio Team Explorer Everywhere 2010 with SP1(試用版 兼、SP1 更新用) Microsoft Visual Studio Team…


Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Language Pack を公開(セットアップ手順付き)

Team Explorer Evertwhere (TEE) は、Team Foundation Server (TFS) に クロスプラットフォーム環境下の Eclipse ベースの統合開発環境やコマンドラインから接続し、Visual Studio から接続するのと同じような操作感で、チーム開発を行うことができる製品です。 この製品は、英語版として提供しているのですが、4/7 に日本語を含む Language Pack が公開されました。これで日本語のユーザーインターフェイスで使っていただくことができるようになりました。   Visual Studio Team Explorer Everywhere 2010 with SP1 http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=53c27216-c4f0-48b6-9bed-fe1718a2e3b0 Language Pack http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bb050fb2-dfc5-41a7-a3df-7b629001af67&displayLang=jahttp://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=37bf805e-d44c-48dd-b530-d7b0e9d24698&displaylang=ja さてさて、どんなことができるのか?については、この SP1 と Language Pack に合わせて更新した TFS の活用しなりをご覧いただければ幸いです:   Team Foundation Server 2010 活用シナリオ 一覧: http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/product/tfs/default.aspx Team Explorer Everywhere の活用シナリオ: http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/product/tfs/eclipsejava.aspx そして、おまけですが、Eclipse に…


TFS の利用を拡大する Eclipse, コマンドラインでクロスプラットフォーム開発で使える Team Explorer Everywhere 2010 with SP1 が公開!日本語サイトにて最新情報を掲載中!

以前より、お伝えをしておりますが、Visual Studio Team Explorer Everywhere (以下、TEE) により、Windows だけでなく、Linux, Mac OS X, Solaris, AIX, HP-UX から Eclipse、コマンドラインで Team Foundation Server (以下、TFS) に接続できます。 この TEE は、現在 Team Explorer Everywhere 2010 with SP1 を提供開始! です。 with SP1 の名の通り、TEE 2010 にサービスパック 1 が含まれている形態をとっています。 TEE 2010 をご利用の皆様: TEE 2010 with SP1 を上書き(更新)インストールしてください。 TEE 2010 をご利用でない皆様 (評価利用したい方): TEE 2010 with SP1…


Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta 日本語 Language Pack 公開!

Team Foundation Server に Eclipse や コマンドラインからアクセスできる Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta については、以前に 【速報】Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta 公開!日本語 UI にも対応を表明! としてお伝えをしましたが、昨年末に MSDN サブスクリプション会員向けに、そして現時点で、一般公開にてダウンロードをいただけるようになっています! <追記 2010.02.15> Team Explorer Everywhere 2010 SP1 beta (英語): Eclipse プラグイン コマンドライン Team Explorer Everywhere 2010 SP1 beta 日本語言語パック: Eclipse プラグイン用言語パック コマンドライン用言語パック Team Explorer Everywhere 2010 with SP1 (英語)…


TFSの極意 Vol. 18 | スクリーンショットで見る Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta (on Mac OS X)

先日にお伝えしましたが、Visual Studio Team Explorer Everywhere 2010 SP1 のアナウンスおよび、Beta の公開がなされました。 そこで、今回は、この TEE 2010 SP1 Beta のスクリーンショットをいくつご覧いただきます。すべて、クリックすると拡大表示されます。画像は、チームメンバーとの共有や資料作成の材料などご自由にお使いください(※画像の利用はご自身の責任にてお願いします)。 では、スクリーンショットです♪ Team Foundation Server パースペクティブを選択する画面です。もちろん、Java パースペクティブなどに、TFS のビューを表示させることもできます。 チーム プロジェクトに接続するところです。 接続した後です。Visual Studio からアクセスできるものと同じものが表示されているのがわかります。 製品バックログ(プロダクトバックログ)のクエリを実行し、ユーザーストーリーの詳細を表示しています。 特定ユーザーストーリーのためのタスクもこの通り、確認ができます。 続いて、イテレーションバックログ(スプリントバックログ)です。そのイテレーションのユーザーストーリーと関連タスクが階層化されて一覧表示されています。当然タスクの入れ子もできます。 こちらはテストケース こちらはバグ バグと関連する(バグを発見した)テストケースも当然追跡できます。 テストケースと関連しているユーザーストーリーやバグ、共有できるテストステップなども追跡! こちらは、バーンダウンチャートです。 こちらは、ストーリーごとの作業見積もりと実績、テストケースと実数、バグの件数です。これらレポートは、すべて自動生成です。 イテレーションごとの実績としてもレポートできますので、ふりかえりや、次のイテレーション計画に役立ちます。 こちらは、Java のソースコードの構成管理、バージョン管理です。 Eclipse の流儀で、TFS にソースコードを追加(共有)できます。 チェックインです。このあたりのメニュー含め、日本語 Language Pack が提供されたら、日本語で見ることができるようになります。 変更したファイルも一目瞭然! お次は、自動ビルドの定義。ウィザードで楽々。こちらは継続的インテグレーションを選択したところ。 こちらは、ゲートチェックイン。継続的インテグレーションを進化させ、ビルド失敗したら、チェックインをなかったことにしてくれる。よりクリーンで品質を損なわない仕組みを提供してくれます。 ビルドは、Ant か、Maven2 の XML 定義ファイルを読み込めます。これは、Build Extensions…


【速報】Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta 公開!日本語 UI にも対応を表明!

※2011年1月5日更新(TEE 日本語 Language Packの情報) タイトル通りでは、ありますが、TFS フェローの Brian Harry のブログにて、Team Exploert Everywhere 2010 SP1 Beta のアナウンスがありました。 Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta is available for download! Team Explorer Everywhere(以下、TEE) は、オールインワンでチーム開発でのコラボレーションを強化する Team Foundation Server(以下、 TFS)に Cross-Platform な環境から、Eclipse と、コマンドラインインターフェイスから接続ができるもので、Java 開発や、組み込み、PHP などの開発での高度な ALM を比較的容易に実践できると注目をいただいています。 このあたりは、このブログでも何度かご紹介していますので、以下の過去のエントリーも参考にしていただければ幸いです: TFSの極意 Vol.6 | TFS に Eclipse からアクセス! Team Explorer Everywhere 2010 Team Foundation Server…


TFSの極意 Vol. 17 | .NET と Java の混在環境/相互運用環境に効く! Eclipse + TFS 動画

すでに、もう一方のブログには、同じ動画を公開しておりますが、こちらのブログは、マイクロソフトなブログですので、記載するメッセージを変えて書きたいと思います。 皆様、すでにご存じのとおり、Team Foundation Server 2010 は、導入ハードルも下がり、多くの開発プロジェクトで活用できるフェーズになりました。当然ながら、Visual Studio 2010 + TFS 2010 の最強の組み合わせで、最大の効果を上げていただくことができますが、Visual Studio 2008 + TFS 2010、Visual Basic 6.0 + TFS 2010 なども効果を上げることができます。 そして、このブログでも Team Foundation Server にて Java アプリを管理、ビルド、JUnit も自動化で、継続的インテグレーションを実現できます(^^) としてお伝えしたように、Team Explorer Everywhere 2010 を用いることで、Eclipse から TFS にアクセスできるようになります。したがって、Java をはじめとした Eclipse 上のアプリケーション開発でも TFS による高いレベルのチームコラボレーションを手に入れていただくことができます。 すなわち、TFS は、.NET 開発だけのものではなく、Java や 組込み開発などでも気軽に使っていただけるものとなったわけです。もちろん、.NET と Java など多彩なテクノロジーを使い分けたり、相互運用させたりしている開発部門の皆さんも多いことでしょう。そういったシーンで、TFS が力を発揮してくれます。 今回、ご紹介の動画では、Eclipse から…


TFSの極意 Vol.6 | TFS に Eclipse からアクセス! Team Explorer Everywhere 2010

Team Foundation Server (以下、TFS)には、Visual Studio からは、Team Explorer でアクセスができます。 ちなみに、Web インターフェイスも標準搭載なので、実はどこからでもアクセスすることができます。ついでに、Power Tool により、Windows エクスプローラーからソース管理にアクセスすることもできます。MSSCCI API 準拠の IDE などからもソースコード管理にアクセスすることができます。 といったところで、本題ですが、Eclipse からもアクセスすることができます。ソースコード管理だけといったケチなことはいいません。ほぼすべてにアクセスいただけます。 ということで、今回は、Team Explorer Everywhere のセットアップのお話です。Eclipse ですから、Windows のみなんてことも言いません。Linux, Solaris, AIX, HP-UX, Mac OS X といろいろなところから Eclipse を使ってアクセスできます(ちなみに、各種OS用のコマンドラインインターフェイスもあります)。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ まず、入手方法!MSDN サブスクラバ会員の方はそちらからアクセスください。一般には、 Team explorer Everywhere 2010 より入手いただけます(※この投稿ではライセンスの話はしません。あしからず)・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ダウンロードできましたら、Eclipse を起動します。 な感じですね(見ての通り、今回のセットアップは、Mac OS…


TFSの極意 vol.5 | Build Extensions を用いたビルドサーバーでの Ant/Maven 2 実行!Java プロジェクトでも TFS を活用。

以前にもお伝えはしておりますが、Team Foundation Server (以下、TFS)で、Java アプリケーションの自動ビルド(ビルドだけではなく、JUnit の実行と結果の収集も)を行うことができます。 要するに、TFS の大きな特徴でもある継続的インテグレーション環境を非常に容易に構築できるメリットを .NET だけではなく、Java をはじめとした他の技術でも受けることができます。 これを実現するためには、 Team Foundation Build Extensions Power Tool を利用するのが一番簡単です。Build Extensions は、Visual Studio Gallery で公開されています。 こちらのセットアップは、非常に容易です。 TFS ビルド エージェントがセットアップされているマシン(要するにビルドサーバー)にこの Build Extentions をインストールするだけです。 正確には、システム要件である、JDK と Ant または、Maven2(お好みでどうぞ)が必要となります。 一応書いておくと、JDK は、こちら あたりから入手できます。 Ant は、こちら あたりに。Maven2 は探してください(今回は、Ant での使い方を解説します)。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ JDK の設定ですが、お決まりの環境変数 JAVA_HOME と、PATH に %JAVA_HOME%\bin を設定しておきましょう。…

1