System Center Orchestrator の TFS Integration Pack で開発リソースを自在に活用

System Center Orchestrator をご存知でしょうか?これ、Runbook Automation を実現するすばらしい製品であり、ソリューションです。Runbook Automation により、複数システムの連動とした自動化の流れを促進することができ、それにより IT プロセスの可視化がより行え、かつ、無駄な作業やコストが削減できることで、注目されています。 System Center Orchestrator は、System Center ブランドの製品で、上記を実現できます。 IT プロセス、ライフサイクルには、当然ですが、開発も含まれる場合が多々あります。今までの考え方/制約だと、開発と運用は分けて考える傾向があったわけですが、「ビジネスを加速させる」という IT の命題に対して、今は、開発と運用の境をあまりわけず、コラボレーションし、問題解決やビジネス価値向上へ向かう DevOps などが注目されています。 System Center Orchestrator では、そんな IT プロセスに関してのオーケストレーションをドラッグ&ドロップによるプロセスモデリングをベースとして実現することができます。単純にいうと今までだと、スクリプティングや、運用監視ツール間の連携の仕組みをスクラッチから作成したり、アプリケーションも運用監視のための仕組みを実装したりいろいろと細部にわたるケアをしなければならない部分が、かなり楽に実現できるようになります。Integration Pack という形で、あらかじめ提供された主要な製品や技術はドラッグ&ドロップ+プロパティ設定で情報の抽出や利用、更新などが行えます。プロセスの中でこれらの情報を利用できるため、システム間の情報流通も図ることができます。 さてさて、System Center Orchestrator ですが、しっかり、Team Foundation Server で管理する開発リソースにアクセスできます。 Integration Pack for Team Foundation Server 2010 により、TFS で管理している開発リソースについて、ソースコード、作業項目、ビルドを利用するアクティビティが提供されています。 ソースコードに関しては、チェックアウト、チェックインのみならず、コードのダウンロードやワークスペースの更新、変更セットの取得などが用意されています。これらについてさらに詳細な情報を取得することができます。作業項目では、クエリによる情報の取得はもとより、作業項目の起票、更新、取得などが用意されています。したがってバグの起票やフィードバックの提供など運用から開発へ伝えたいことを自動化するプロセスを定義、自動化することができます。そしてビルドについては、さらに強力で、ビルドの詳細情報やビルド成果物へのアクセス、ビルド品質指標に応じた活用、ビルド自体の実施などが用意されているので、たとえば、運用しているアプリケーションが致命的な障害があった場合、その以前に安定稼働していたビルドを検索し、それを自動デプロイするといったロールバックや、開発側で十分な品質保証ができるビルドを運用側の都合で選別し、自動デプロイさせて利用するなどより、ビジネスを意識して運用、開発がコラボレーションできるようにするための実現可能性がグッと高くなるのではないかと期待しています。 こんな感じで、各アクティビティをドラッグ&ドロップし、プロパティで条件設定すると、自動化ができます。TFS のアクティビティだけではなく、ファイル操作や、System へのアクセス、ロギング、System Center 各製品との連携はもちろん、VMware や Tivoli などのアクティビティもあったりで、開発をも含めた総合的な…


あなたの開発現場、見えてますか?

突然ですが、以下の図を見てください! クリックすると拡大表示されます これは、ソフトウェア開発プロジェクトの状況を可視化したものです。日々現場で戦っているみなさんの戦場では、こういったものが見れたりしますか?見えていたとしたら、それは、本当に現実の状況になっていますか?ちょっと前の状態だったりしませんか? ちょっとここで、この図の解説を: これは、要求単位で、タスクの予実、テスト件数、テストの結果(成功/失敗)、バグの件数(未解決/解決)を表現しています。すなわち、お客様が関心のある 「要求」 に対するプロジェクトの計画と進捗の見える化、システムの品質の見える化が、表現されています。 いかがですか?みなさんの現場でチームで、こういったことを共有できていますか? 誰かの頭の中にある、いや、あるはずだ・・・あると信じたい・・・などということはないですか? ★ ★ ★ ★ ★ 要求は管理している、タスク、WBSも管理している、テストケースも管理している、バグも管理している、ソースコードも管理している・・・だから安心・・・と思っていませんか?その管理方法で、上記のような状況を把握できますか? たぶん・・・できないと思います。理由はいろいろありますが、ここに書くと長くなるので省略します。 誰かの頭の中、本気になったらこの情報は集めることができる、一週間待って!・・・これでスピードが求められる開発ができるでしょうか?その現場にストレスはないですか?開発者、テスト担当者、プロジェクト管理者、顧客・・・ストレスを感じてませんか?無理をしていませんか? ★ ★ ★ ★ ★ え?この図はそもそもなんだって? Team Foundation Server 2010 の標準で提供しているレポートの一つです (^-^) 詳しくは、以下でもお話します: 9/12 ソフトウェアプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第2回勉強会 9/16 XDev 2011 | B-4 明日を支えるITに求められる開発アジリティ ~ 継続的フィードバックで見る最新開発環境の全貌 9/12 は、すでに満席御礼ですが、XDev はまだ席があるようです。よろしければ、ご参加ください。 また、別の機会に話を聞きたいというご要望ありましたら、まずはご連絡ください。 Twitter: @tomohn メール: tomohn@microsoft.com 長沢


Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Language Pack を公開(セットアップ手順付き)

Team Explorer Evertwhere (TEE) は、Team Foundation Server (TFS) に クロスプラットフォーム環境下の Eclipse ベースの統合開発環境やコマンドラインから接続し、Visual Studio から接続するのと同じような操作感で、チーム開発を行うことができる製品です。 この製品は、英語版として提供しているのですが、4/7 に日本語を含む Language Pack が公開されました。これで日本語のユーザーインターフェイスで使っていただくことができるようになりました。   Visual Studio Team Explorer Everywhere 2010 with SP1 http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=53c27216-c4f0-48b6-9bed-fe1718a2e3b0 Language Pack http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bb050fb2-dfc5-41a7-a3df-7b629001af67&displayLang=jahttp://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=37bf805e-d44c-48dd-b530-d7b0e9d24698&displaylang=ja さてさて、どんなことができるのか?については、この SP1 と Language Pack に合わせて更新した TFS の活用しなりをご覧いただければ幸いです:   Team Foundation Server 2010 活用シナリオ 一覧: http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/product/tfs/default.aspx Team Explorer Everywhere の活用シナリオ: http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/product/tfs/eclipsejava.aspx そして、おまけですが、Eclipse に…


TFSの極意 Vol. 21 | TFS のインストールあれこれ

TFSの極意 Vol. 20 | 無償評価版を使って TFS 評価環境を構築する にて無償の評価版を利用して Team Foundation Server 2010 の評価ができる点をお伝えしましたが、今回は TFS のインストールについて触れます。 とはいえ、TFS 2010 が提供開始した当初に、いろいろな方々に「TFS のインストール手順とかブログで情報が必要でしょうか?」とお聞きしたところ、ほとんどの方が、「いらない」、「なくてもインストールは簡単!」とお返事をいただきました。 なので、あまり細かなインストール方法などは書かなかったわけです。 今回もあまり書きません。最新のインストールガイドをご覧になればインストールは簡単です。 インストール ガイド インストールガイドをダウンロードした後の注意点ですが、インターネット上からダウンロードした HELP ファイルになっているため、「ブロックの解除」が必要です。ファイルのプロパティを開き、下記のような [ブロックの解除] ボタンをクリックし、解除してください。 インストールについては、インストール ガイドをご覧いただければ大丈夫です。TFS はいくつかの構成を選ぶことができるのでそこだけ迷わないようにしてください。以下、簡単ですが、個人的視点での選択基準です。 TFS の構成 基本構成 クライアント OS (Windows 7、Vista)にも TFS サーバー機能をインストールすることができます。また、リポジトリとして使用する SQL Server は、SQL Server Express を選択することができます(TFS インストール時に自動的にインストールされますので意識しなくても大丈夫)。 こちらで、ソースコードのバージョン管理、作業項目管理(バグやタスク、要求、テストケース、懸案事項の追跡と管理)、自動ビルドというプロジェクト運営に必要な情報共有が行えます。 反面、プロジェクトポータルや Wiki, ドキュメント管理、レポート機能がありません。 たとえば、Visual SourceSafe などを使っていたとか、BTS や…


TFS の利用を拡大する Eclipse, コマンドラインでクロスプラットフォーム開発で使える Team Explorer Everywhere 2010 with SP1 が公開!日本語サイトにて最新情報を掲載中!

以前より、お伝えをしておりますが、Visual Studio Team Explorer Everywhere (以下、TEE) により、Windows だけでなく、Linux, Mac OS X, Solaris, AIX, HP-UX から Eclipse、コマンドラインで Team Foundation Server (以下、TFS) に接続できます。 この TEE は、現在 Team Explorer Everywhere 2010 with SP1 を提供開始! です。 with SP1 の名の通り、TEE 2010 にサービスパック 1 が含まれている形態をとっています。 TEE 2010 をご利用の皆様: TEE 2010 with SP1 を上書き(更新)インストールしてください。 TEE 2010 をご利用でない皆様 (評価利用したい方): TEE 2010 with SP1…


TFSの極意 Vol. 18 | スクリーンショットで見る Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta (on Mac OS X)

先日にお伝えしましたが、Visual Studio Team Explorer Everywhere 2010 SP1 のアナウンスおよび、Beta の公開がなされました。 そこで、今回は、この TEE 2010 SP1 Beta のスクリーンショットをいくつご覧いただきます。すべて、クリックすると拡大表示されます。画像は、チームメンバーとの共有や資料作成の材料などご自由にお使いください(※画像の利用はご自身の責任にてお願いします)。 では、スクリーンショットです♪ Team Foundation Server パースペクティブを選択する画面です。もちろん、Java パースペクティブなどに、TFS のビューを表示させることもできます。 チーム プロジェクトに接続するところです。 接続した後です。Visual Studio からアクセスできるものと同じものが表示されているのがわかります。 製品バックログ(プロダクトバックログ)のクエリを実行し、ユーザーストーリーの詳細を表示しています。 特定ユーザーストーリーのためのタスクもこの通り、確認ができます。 続いて、イテレーションバックログ(スプリントバックログ)です。そのイテレーションのユーザーストーリーと関連タスクが階層化されて一覧表示されています。当然タスクの入れ子もできます。 こちらはテストケース こちらはバグ バグと関連する(バグを発見した)テストケースも当然追跡できます。 テストケースと関連しているユーザーストーリーやバグ、共有できるテストステップなども追跡! こちらは、バーンダウンチャートです。 こちらは、ストーリーごとの作業見積もりと実績、テストケースと実数、バグの件数です。これらレポートは、すべて自動生成です。 イテレーションごとの実績としてもレポートできますので、ふりかえりや、次のイテレーション計画に役立ちます。 こちらは、Java のソースコードの構成管理、バージョン管理です。 Eclipse の流儀で、TFS にソースコードを追加(共有)できます。 チェックインです。このあたりのメニュー含め、日本語 Language Pack が提供されたら、日本語で見ることができるようになります。 変更したファイルも一目瞭然! お次は、自動ビルドの定義。ウィザードで楽々。こちらは継続的インテグレーションを選択したところ。 こちらは、ゲートチェックイン。継続的インテグレーションを進化させ、ビルド失敗したら、チェックインをなかったことにしてくれる。よりクリーンで品質を損なわない仕組みを提供してくれます。 ビルドは、Ant か、Maven2 の XML 定義ファイルを読み込めます。これは、Build Extensions…


【速報】Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta 公開!日本語 UI にも対応を表明!

※2011年1月5日更新(TEE 日本語 Language Packの情報) タイトル通りでは、ありますが、TFS フェローの Brian Harry のブログにて、Team Exploert Everywhere 2010 SP1 Beta のアナウンスがありました。 Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta is available for download! Team Explorer Everywhere(以下、TEE) は、オールインワンでチーム開発でのコラボレーションを強化する Team Foundation Server(以下、 TFS)に Cross-Platform な環境から、Eclipse と、コマンドラインインターフェイスから接続ができるもので、Java 開発や、組み込み、PHP などの開発での高度な ALM を比較的容易に実践できると注目をいただいています。 このあたりは、このブログでも何度かご紹介していますので、以下の過去のエントリーも参考にしていただければ幸いです: TFSの極意 Vol.6 | TFS に Eclipse からアクセス! Team Explorer Everywhere 2010 Team Foundation Server…


TFSの極意 Vol. 14 | TFS 2010 に Visual Studio 200x から接続するための更新プログラムと Visual Studio 2010 との差異について

Team Foundation Server (以下、TFS) 2010 には、Visual Studio 2010 だけではなく、Visual Studio 2005、Visual Studio 2008 からも接続することができます。ただし、そのためには、更新プログラムを適用する必要があります。 ※正確には、VS 200x というより、Team Explorer 200x です。 Visual Studio 2008 用 Visual Studio 2005 用 Team Foundation Server 2010 (インストーラー) 用の Visual Studio Team System 200x Service Pack 1 上位互換性更新プログラム という、どう考えても覚えられそうもない名前ですが、重要ですので、ぜひぜひ覚えてください(名前ではなく、存在を)。 注意点ですが、かならず、Service Pack 1 をインストール済みであることを確認ください。システム要件にしたがってくださいということです。 ここからは、Visual Studio 2008 での適用を見ていきましょう: インストーラーを起動です。 いうまでもなく あとは、待つだけです(1分くらい)…


TFSの極意 Vol. 13 | チーム プロジェクトの削除方法

ということで、TFS 管理コンソールで、「削除」と♪ 注意点は、チーム プロジェクトに関するすべてがまるっと削除されるところです!もちろん、権限なない人は、実行することができませんが、権限があれば、実行することができてしまいます。したがって、誤ったオペレーション実行を防ぐ意味で、TFS の管理権限を持ったアカウントは、普段、開発やプロジェクト管理で使うアカウントと別にすることをお勧めします! 以上です。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ これだけではなんですので、コマンドラインからの実施方法も。 > cd C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE > TFSDeleteProject /force /collection:http://TFSServer:8080/tfs/DefaultCollection “VS Scrum Java Prkect” 警告: チーム プロジェクトを削除した場合、元に戻すことができません。バージョン コントロール、作業項目トラッキング、および Team Foundation ビルドのデータは、すべてシステムから破棄されます。このデータを回復するには、保存されているデータベースのバックアップを復元する必要があります。チーム プロジェクトとそのすべてのデータを削除しますか (Y/N)? y SharePoint サイトは、複数のプロジェクトで共有されている可能性があります。このプロジェクトの SharePoint サイトを削除しますか (Y/N)? y Build から削除しています … 完了 バージョン管理 から削除しています … 完了 作業項目トラッキング から削除しています…


TFSの極意 vol. 11 | Visual Studio Test Professional 2010 インストールと基本

Visual Studio 2010 からの世界では、テストの包括的なコントロールが可能になります。その肝となるのは、作業項目の管理項目として、新たにテストケースが追加されたことが挙げられますが、テストケースに効果的にアクセスするための専用ツールも登場しています。 それが、Microsoft Test Manager 2010 というもので、Visual Studio Ultimate 2010、 Visual Studio Test Professional 2010 に含まれる「テスト専用」ツールです。このツールも WPF ベースのリッチな ”開発体験” をサポートしてくれますが、こちらは開発者向けではなく、テスト計画とテスト実行、ラボの管理に特化しているのが特徴です。 この Test Manager は、それ単体で機能するものではなく、Team Foundation Server とともに機能します。言い換えると、TFS 一元管理される各種リソースに対し、テストの視点で効果的にアクセスするのが Test Manager となります。 TFS で一元管理される各種リソースの例を挙げると テストケース 要件(ユーザーストーリー) バグ ビルド テストコントローラ Lab Management と多岐にわたります。TFS の特徴は、膨大なソフトウェア開発リソースを一元管理するとともに、それらを用途に応じたツールなどをインターフェイスとして表現できるところです。これもその一例ということになります。 テスト計画や実行を行う立場で、今のプロジェクトのビルドの健全度を見ながら、やるべき計画と実行を行えるようになったら、どれだけ精神的負担と、労力を低減できるでしょうか。想像してください。 さてさて、そんな Test Manager を使う最少単位の製品が、Visual Studio Test Professional 2010 となります。どんなコンポーネントを必要としているのか、何がインストールされるのかをインストール時のスクリーンショットで見てきましょうか: DVD…