2/17 10周年を迎えるデブサミでセッションを担当します

2012年2月16日~17日に毎年恒例の Developers Summit (デブサミ) が開催されます。参加無料の開発者の祭典ですので、できるだけ時間を作って参加されることをおすすめします。 デブサミ 2012 10年後も世界で通じるエンジニアであるために 2012年2月16日、17日 東京・目黒 目黒雅叙園 翔泳社主催 さて、私も一席、担当をさせていただくことになりました。 【17-C-2】 10年後も通用する開発環境の秘訣 ~ 継続的フィードバックとVisual Studio 11 2月17日 11:10 ~ 11:55 開発プロセス トラック 長沢 智治 さて、このセッションを控えてですが、過去、私はデブサミで2010年、2011年とスピーカーをさせていただいております。今回で、3回目のスピーカーです。実は、過去2回のセッションは、今回のセッションへの壮大な前ふりだったのです! 実際にどう前ふりだったのかは、ご参加いただいてからのお楽しみとさせていただければと思います。必須ではありませんが、過去2回のセッション資料は、公開していますので、見ていただけるとうれしいです。 【デブサミ2010】アジリティを向上させる開発ツールの進化 View more presentations from Tomoharu Nagasawa 開発ツールの進化について、お話しました。リリース目前の Visual Studio 2010 の ALM についてです。開発支援ツールが単なる便利な道具から、やりたいことを達成するためのよき友となるまで進化をしていることをお伝えしました。 【デブサミ 2011】 いまだからこそ、ALM - 人・プロセス・ツール View more presentations from Tomoharu Nagasawa この年は、特定ツールの話はほとんどしていません。セッション冒頭であえて「ツールの話を聞きたいですか?」と問いかけて、ツールの話をしない構成にてお話をしました。冒頭で、Ken…

0

JaSST’12 Tokyo でセッションを担当します

2012年1月25日、26日に東京・目黒雅叙園で開催されるソフトウェアテストシンポジウム(JaSST) ‘12 Tokyo で登壇します。 このイベントでの基調講演やチュートリアルを米Microsoft の Bj Rollison が担当することは先日お伝えをしました。 その際にも、C3 というセッションの枠で日本マイクロソフトがセッションを行うことなどをリークしましたが、こちらのセッションを担当させていただきます! セッション C3 1月25日 15:05 – 16:05 継続的フィードバック ~ 品質をライフサイクルで作り込む秘訣と究極のツール Visual Studio 11 を初披露! 日本マイクロソフト 長沢智治 このセッションでは、Visual Studio 11 (←コードネームです) を活用して、ライフサイクル全体で、いかに品質を作り込んでいくかを解説しようと思っています。開発と運用の垣根のない考え方、継続的フィードバックのコンセプト、Visual Studio が今まで準備し、実現してきたこと、そしてこれからの Visual Studio で何を提供、実現していくのかをご覧いただこうと思っています。 ぜひ、Bj の基調講演と合わせて、ご参加ください。 ながさわ

0

tfsug 第3回の告知と参加登録が始まっています!

第3回の TFSUG が 2012年1月16日 (月) 東京・品川にて開催されるそうです! http://kokucheese.com/event/index/23832/ より、ご確認くださいませ。 バニラ TFS vs. トッピング TFS というテーマで実施とのことです(詳しくは、こくちーずのページと杉本さんの前説にて)。 セッションは、 @yasuohosotani さんによる Agile 開発での TFS の使い方(カスタマイズなし) 講演者調整中のプラグリンで工夫してみる(仮) ツール特集 の2本立てのようです! さらに、座談会、LT と盛りだくさんですね! LT は登壇者を募集中とのことです。詳しくは、告知ページにて、連絡先含め掲載されています。LT チャレンジしたいけど、ちょっと不安という方は、私にご相談いただいてもサポートいたします(主催の TFSUG にもおつなぎしますよ)。 今回、私は、スタッフ ミーティングにも参加しておりません。前説も取り上げられた(?)ので、いち参加者として参加したいと思います。 ながさわ

0

米マイクロソフトにおけるテスト戦略とアジャイル開発におけるテストについて Bj Rollison が語ります!参加必須ですね!

みなさんに朗報です。2012年1月に開催される ソフトウェアテストシンポジウム(JaSST)’12 Tokyo (東京目黒・雅叙園)にて、基調講演を米マイクロソフトのテスト アーキテクトである Bj Rollison が担当することが発表されました! JaSST’12 Tokyo 基調講演: 「How We Test At Microsoft ~ マイクロソフトでどのようにテストをしているのか?」 Bj Rollison at Microsoft Corporation Bj Rollison は、今話題の Windows Phone 7 のソーシャル ネットワーク機能周りのテストのアーキテクトであり、テストチームのリーダーでもあります。多くの方が、 How We Test Software at Microsoft [←Amazon へのリンク] の著者としてご存じかと思います。この書籍は、日本語訳されていませんが、非常に有益な書籍として知られています。 書籍は英語ですが、JaSST では、同時通訳で、彼が直接語ってくれる「場」に参加できるチャンスです。JaSST 実行委員の方々には感謝感謝です。 Bj は、チュートリアルで、アジャイル環境におけるテストについても深く解説してくれます。 チュートリアル: Testing in an Agile Envrinment アジャイルにおけるテストは、かなり注目されている分野のひとつです。米マイクロソフトで実践している人から直接聞けるよい機会です。アジャイルに開発している方も、そうでない方も、ぜひこちらのチュートリアルにも参加することを強くおすすめします! 2012年というソフトウェア開発においても、重要な年(謎)に、しっかりとテストや品質をキャッチアップするよい機会ですね。ぜひ、JaSST’12 Tokyo に参加してみてください。もちろん、Bj…

0

TFS Advent Calendar

更新日: 2011.12.26 Team Foundation Server の Advent Calendar が TFSUG の勇士 (有志) の方を中心に行われています! TFS Advent Calendar IT 業界での Advent Calendar は、12月1日から25日までテーマを絞って(縛って)ブログやまとめサイトなどに当番の方が記事を書いていくようです(つい最近勉強しましたw)。そのテーマの腕に覚えのある方、学習し始めた方の今の良質な記事が毎日読めるということになりますので、読者にとっては非常にありがたい企画ですね。 参加されている方にとっても日ごろからご経験されたことをまとめるよいきっかけになりますし、なにより、一緒にやっている仲間がいるということはモチベーションの維持、向上にもつながりますね。 現在、TFS Advent Calendar には、6名の方が参加されているようです。たしか、仲間を募集されていたかと思いますので、いいきっかけですので、ご参加されてみてはいかがでしょうか? この執筆時点で 12/8 分までの 8日分、8個の良質記事が ATND のサイトからご覧いただけるようになっています。 個人的には、もっと TFS や ALM について語って下さる方、ぐいぐい引っ張って行って下さる方、日本を代表してフィードバックをくださる方がいてほしいと思っています。そのために私自身ができることは惜しみなくやっていく所存ですが、これだけ素晴らしい記事を精力的に書いてくださったり、12/10 の ALM Summit 参加報告会 でお話しくださったりしているみなさんが、いるので、現在空位(?)の ALM の MS MVP もそう遠くない将来に表彰されるのではないかと期待しています(何ができるかわかりませんが、関心ある方は、ご連絡ください)。 しかし、クリスマスまでに、25 もの TFS に関連した記事が一挙に揃うなんてすごいことですね。うれしい限りです。 日本で、TFS や ALM が盛り上がってきていること、積極的に情報共有をしていただけていることは、海の向こうの…

0

ALM Summit 2011 セッション ストリーミング一挙公開![日本で聞ける参加報告会は12/8の朝9時が登録締め切りですよ]

ALM Summit 2011 のセッション ストリーミングが一挙公開されました! https://channel9.msdn.com/Events/ALM-Summit/2011 今年は、日本から7人も参加していますが、彼らが肌で感じたセッションをストリーミングでご覧いただけます(便利な世の中ですね)。とはいえ、肌で感じたことはストリーミングではなかなか伝わらないものです。しかも、あたりまえですが、英語ですしね。 再三お伝えしていますが、12/10 (土) に日本からの参加者による *日本語* での参加報告会があります(英語でしゃべる方いたらごめんなさいw)。こちらに参加して、セッション ストリーミングをご覧いただくと、見るセッションの的も絞れるし、英語でも耳と目が追いやすくなるので、おすすめフルコースです! 12/10 の参加報告会の参加登録が、本日の正午(12:00) 12/8 9:00am まで延長とのことです に設定されているようですので、急いでください (参加登録は →こちら)。 昨年の ALM Summit 2010 のストリーミングも1年前より公開されています。 https://channel9.msdn.com/Events/ALM-Summit/2010 こちらも超お勧めです。 ながさわ

0

ビジネスとITの関係ふりかえりとALM、DevOps | 資料を公開しました

最近使っている資料をアニメーション付きで Docs.com に公開しました。 ※スライド画面上をマウス クリックしながらご覧ください。 書いていることは、当たり前のことをベースに、簡素化してまとめてあるだけです。ただ、なかなか見直してみる機会も忙しいエンジニア、マネージメントにはないのも事実です。こちらをご覧いただき、今の開発の現場、顧客のビジネスの状況をふりかえってみてくだされば幸いです。 顧客にどのような価値を提供すべきなのか、そのために必要な開発現場の環境を考えるきっかけになれば幸いです。 もし、気に入っていただけたなら、チームの同士、上長や部下、他部門の方にもご紹介ください。こういうものは、一人で考えるより、多くの人で語り合えるとよりよい効果を生むはずです。この資料はそんなきっかけ、たたき台の一つとしていただければと思います。   ながさわ

0

ここ1か月くらいの TFS/ALM の動向まとめ

このブログをご覧のみなさんは、感じていらっしゃるのではないかと思いますが、Team Foundation Server (以下、TFS) や ALM の話題が多くなってきました。これは、ソフトウェア開発を取り巻く状況の変化が多くの現場にも影響を与えつつあることと、Scrum Gathering Tokyo などの有益なイベントが立て続けに開催されていること、そして、昨年4月にリリースされた TFS 2010 がだいぶ浸透してきて、うちに情報が蓄積されがちな開発プロセスや運営ノウハウがそのにも共有されてきたこと、TFS 2010 の活用例が表にでてきたこと、TFS 2010 を導入してきたが、他者(社)のノウハウへの渇望が増えてきたことなどがあるかと思っています。 ★ ★ ★ たとえば、今週土曜日には、「ALM Summit 2011 に参加されたみなさんにより参加報告会」が東京・品川で開催されます。余談ですが、こちらのイベントはとても重要で、おススメです。米国でのソフトウェア開発事情を肌で感じてきた方々による貴重な発表の機会ですので、都合がつく方は、できるだけ参加した方がいいと思います(※事前登録制/無償、12/8 午前9時に参加登録締切です)。 ★ ★ ★ さて、ここ1か月をふりかえってみます。 第1回 TFS ユーザーズ勉強会 まず、第1回の TFS ユーザーズ勉強会 が東京・品川で開催されました。これは、別に TFS ユーザーでなくても参加ができるのですが、「しゃべりたい人がしゃべり、聴きたい人が聴く」という「場」を月に一回くらい作りたいという私の思い付きからはじまっています。 しかも、3名の (いろいろな意味での) エキスパートの方が、「導入と OSS からの移行」、「ウォーターフォール開発での活用」、「分散アジャイル開発での活用」と事例をご紹介いただきました。参加者も会場が暑苦しくなるくらい満場感がありました。そして内緒ですが、マイクロソフトの社員も多数、こっそりと参加をしていました。コンサルティング部隊、サポート部隊、マーケティング部隊と(個人名は自粛w)。 ALM Summit 2011 米国で開催。日本から7名が参加 参加者による参加報告会 が12/10に開催されることは前述しましたが、このイベントでは、ALM、アジャイル開発、DevOps に関する非常に有益な「場」となっています。私も昨年に日本からたった一人で参加しましたが、今の米国、明日の米国の事情と熱を感じることができました。今年は、7人も参加していますので、それぞれのバックグラウンド、現場、キャリアの観点から6人の方が参加報告会で語ってくれると思います。私もいち参加者として楽しみにしています。 Agile 459 後述しますが、四国にて ALM や…

0

ASCII.jp ALM 連載 第2回が公開!MOTEXさんの好事例!必読です。

先日お伝えした ASCII.jp さんによる ALM の連載の第2回が公開されました。 第1回では、私が、ALM のビジネス価値についてインタビューに回答しています。第2回目は、MOTEX さんが新製品の開発に ALM の概念を取り入れ、Team Foundation Server 2010 を積極活用して、成果を上げた事例が、実際に ALM の概念の導入に関わった中本さん、清水さんの生の声と共に掲載されています。 Team Foundation Server 2010 による効果については、ぜひご覧いただきたいポイントですが、 Team Foundation Serverは、確かに開発の効率を上げたようだ。また、効率だけでなく、リーダーの作業効率やコード品質の向上にも役だった。ALMを実現するためには、開発からリリースというサイクルを短縮し、状況や結果に応じて、これを繰り返す必要がある。つまり、開発自体や携わるメンバー、リーダーなどの作業効率を改善し、単純なミスを排除、開発の本質的な部分へ専念することによる質の向上などが可能になって初めて、アプリケーションのライフサイクルが可能になる。 という部分を記事全体をご覧いただき感じていただければと思います。 長沢

0

System Center Orchestrator の TFS Integration Pack で開発リソースを自在に活用

System Center Orchestrator をご存知でしょうか?これ、Runbook Automation を実現するすばらしい製品であり、ソリューションです。Runbook Automation により、複数システムの連動とした自動化の流れを促進することができ、それにより IT プロセスの可視化がより行え、かつ、無駄な作業やコストが削減できることで、注目されています。 System Center Orchestrator は、System Center ブランドの製品で、上記を実現できます。 IT プロセス、ライフサイクルには、当然ですが、開発も含まれる場合が多々あります。今までの考え方/制約だと、開発と運用は分けて考える傾向があったわけですが、「ビジネスを加速させる」という IT の命題に対して、今は、開発と運用の境をあまりわけず、コラボレーションし、問題解決やビジネス価値向上へ向かう DevOps などが注目されています。 System Center Orchestrator では、そんな IT プロセスに関してのオーケストレーションをドラッグ&ドロップによるプロセスモデリングをベースとして実現することができます。単純にいうと今までだと、スクリプティングや、運用監視ツール間の連携の仕組みをスクラッチから作成したり、アプリケーションも運用監視のための仕組みを実装したりいろいろと細部にわたるケアをしなければならない部分が、かなり楽に実現できるようになります。Integration Pack という形で、あらかじめ提供された主要な製品や技術はドラッグ&ドロップ+プロパティ設定で情報の抽出や利用、更新などが行えます。プロセスの中でこれらの情報を利用できるため、システム間の情報流通も図ることができます。 さてさて、System Center Orchestrator ですが、しっかり、Team Foundation Server で管理する開発リソースにアクセスできます。 Integration Pack for Team Foundation Server 2010 により、TFS で管理している開発リソースについて、ソースコード、作業項目、ビルドを利用するアクティビティが提供されています。 ソースコードに関しては、チェックアウト、チェックインのみならず、コードのダウンロードやワークスペースの更新、変更セットの取得などが用意されています。これらについてさらに詳細な情報を取得することができます。作業項目では、クエリによる情報の取得はもとより、作業項目の起票、更新、取得などが用意されています。したがってバグの起票やフィードバックの提供など運用から開発へ伝えたいことを自動化するプロセスを定義、自動化することができます。そしてビルドについては、さらに強力で、ビルドの詳細情報やビルド成果物へのアクセス、ビルド品質指標に応じた活用、ビルド自体の実施などが用意されているので、たとえば、運用しているアプリケーションが致命的な障害があった場合、その以前に安定稼働していたビルドを検索し、それを自動デプロイするといったロールバックや、開発側で十分な品質保証ができるビルドを運用側の都合で選別し、自動デプロイさせて利用するなどより、ビジネスを意識して運用、開発がコラボレーションできるようにするための実現可能性がグッと高くなるのではないかと期待しています。 こんな感じで、各アクティビティをドラッグ&ドロップし、プロパティで条件設定すると、自動化ができます。TFS のアクティビティだけではなく、ファイル操作や、System へのアクセス、ロギング、System Center 各製品との連携はもちろん、VMware や Tivoli などのアクティビティもあったりで、開発をも含めた総合的な…

0