クラウド時代のソフトウェア開発ビジネス ~ Team Foundation Server によるコスト削減のストリーミング【#MSC2010】

Microsoft Conference + Expo 2010 Tokyo のセッションの資料は、以前にも先行で公開しましたが、Microsoft Conference Digital にてセッションのストリーミングと資料のダウンロードでのご提供も開始されています。 私のセッションでは、クラウド時代のアプリケーション開発、ソフトウェア開発ビジネスという経営・管理視点でのコスト削減についてお話しをさせていただきました。 多くの方にご参加いただき、アンケート結果も穴が開くくらい拝見をさせていただきましたが、概ね、この一風変わったセッションにご満足もいただけ、Team Foundation Server 2010 が特別なプロジェクトではなく、ごく普通なプロジェクトで、効果を発揮することをご理解いただけたのかなと思っております。 開発におけるコストを削減するには、大掛かりな開発プロセスの見直し、改善、プラクティスの取り込みやテーラリングは不可欠です。ですが、今のやり方であっても、コストを削減することはまだまだ可能です。それをこのセッションでは、”地味なコスト” の削減としてお伝えをしています。 開発現場のチームメンバー(マネージャー含む)は、常に心配と不安に駆られています。なぜか?それは、本来の業務に専念できないこと、そして、自分の仕事が完遂できているか?自分の仕事がデリバリーできているか?といったところにあることは誰しもわかっていることです。 本当は、各作業ステップ(たとえば、自分の作業リストを確認するとか、ソースコードをチェックインするとか、チームの負荷を確認する、人のアサインをする)ごとに完結したいのです。でもそうならないから、作業が間延びし、他の作業にも影響し・・・。これが地味なコストにつながります。 といった話です。50分少々のセッションですが、ぜひご覧ください。内容が気に入りましたら、マネージメント層の方々や、同僚の方にもおすすめくだされば幸いです。 このセッションは、準備不要で実施できますので、ご要望ありましたら、まずはお気軽にご相談くださいませ(必ずご期待に沿えるわけではないことをご了承ください)。 長沢

0

VSUG DAY 2010 Winter のセッション資料を公開!

開催前ですが、明日の VSUG DAY 2010 Winter のセッション資料を公開します。 VSUG DAY 2010 Winter 「Team Foundation Server を乗りこなすコツ教えます~知る、そして評価する編」   今回は、PowerPoint WebApp にて公開してみました。こちら最大化するとアニメーションも再現されますので、ぜひご覧ください。 長沢

0

TFSの極意 Vol. 19 | Microsoft Conference + Expo Tokyo セッション資料を公開します #msc2010

2010年11月25日、26日に、Microsoft Conference Japan Tour の第一弾となる東京会場が開催されました。私は、開発関連のセッションのトラックオーナーと1セッションのスピーカーを担当しました。 今回のこの投稿では、私が担当したセッションの資料を先行して公開します。セッション資料のダウンロードは、Microsoft Conference + Expo 2010 のサイトにて行われると思いますので、そちらで入手ください。 Microsoft Conference 2010 | T4-2 クラウド時代を迎えたソフトウェア開発における現場力の向上 View more presentations from Tomoharu Nagasawa. もろもろの条件の中、おそらくお昼ごはんも食べずにご参加くださった皆様、ご清聴ありがとうございました。また、本セッション資料をご覧の皆様、Team Foundation Server がどのようにご自身のソフトウェア開発の現場に効果があるのかを示したつもりです。ぜひフィードバックをいただければと思います。 Team Foundation Server は、導入しやすくなったこともあり、今非常にホットです。ぜひこの流れに乗り、皆様の開発現場をより良いものにする道具の一つとしてご活用ください。 ながさわ(@tomohn)

0

Microsoft Conference + Expo 開催目前 ~ 恒例の私のセッションのプレビュー

こんにちは。先週は、レドモンドにて開催されていた ALM Summit に参加をしており、日本にはおりませんでした。あまり関係はありませんが、私が担当をさせていただくセッションについては、公開できる限り、事前にプレビューという形でスライドのいくつかをご覧いただくようにしておりますが、11月25日に開催される Microsoft Conference + Expo の私のセッション(T4-2)についても、遅ればせながら、いくつかのスライドをご覧いただこうかと思います。 Microsoft Conference + Expo T4-2 クラウド時代を迎えたソフトウェア開発における現場力の向上 – Visual Studio Team Foundation Server で地味なコストを削減する 日時: 11月25日 13:00~13:50 場所: ザ・プリンス パークタワー東京 参加費: 無料 アプリケーション開発関連のセッションは、2日目の 11月26日 に集中しておりますが、私のセッションは、初日に開催です。開発者の方々向けというよりは、プロジェクト管理者、開発ビジネスの運営を対象とした内容を考えています。ぜひ開発者の方は、上長など関連しそうな方々へおすすめくださればと思います。また、開発者の方は、ぜひ今までと違った視点にて、ご自身の開発現場を確認する、見つめなおす、きっかけしていただくスタンスにてご参加くださればと思います。 ※ 内容は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。 ながさわ (@tomohn)

0

Agile Day 4 – 伝説のイベントここに復活!

Agile Day といえば、1月22日に第1回を実施し、日経コンピュータ誌にも取り上げられた「伝説」のイベントですが、1月、3月、6月と開催し、その後、月日が流れました。 今回、Agile Day 参加経験のある方々の熱い、熱い、ご要望により、ついに復活することとなりました。 もともと、このイベントでは、マイクロソフトの製品や技術を扱うことではなく、「MS 色なし」とうたわれている通り、開発現場の改善であったり、アジャイル、チームといったものを取り上げ、その道にスペシャリストの方にご登壇いただくスタイルをとってまいりました。 今回もその主旨に変わりはありませんし、ご登壇いただく方は、特に前回より、Agile Day に想いを寄せてくださっている方々によりセッティングをいただきました。 平日(金曜日)の日中ですが、このスピーカー陣での開催はきっとそうそうないと思います。必ず、一つ以上の気づきと共感をお持ち帰りいただけると確信していますので、ぜひご参加ください。 Agile Day 4 – アジャイルなチームを育てるセッション&ワークショップ 2010.12.10 Fri. @Shinjuku, Tokyo/JAPAN マイクロソフト 新宿オフィス セミナールーム 無償 すでに 80% 席が埋まってしまっております!!残席わずかですので、万難を排し、ぜひご都合をつけてください。また、すでに参加のご登録をされた方で、ご都合がつかなくなってしまった方は、お手数ですが、キャンセルの手続きを必ずお願いします。おひとりでも多くの方にご参加いただくためです。よろしくお願いいたします。 スケジュール (都合により変更の可能性あり) 13:00 – 13:30 受付 13:30 – 13:45 前説『マイクロソフトのアジャイル支援と Agile Day について』by 長沢智治  Twitter: @tomohn 13:45 – 14:15 セッション 1.『アジャイルでのテストを考えてみる』by 近江 久美子 氏 アジャイル開発におけるテストの進め方や計画について、私が考える特色や悩みどころなどをお話したいと思います。 14:25 –…

0

TFSの極意 Vol. 18 | スクリーンショットで見る Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta (on Mac OS X)

先日にお伝えしましたが、Visual Studio Team Explorer Everywhere 2010 SP1 のアナウンスおよび、Beta の公開がなされました。 そこで、今回は、この TEE 2010 SP1 Beta のスクリーンショットをいくつご覧いただきます。すべて、クリックすると拡大表示されます。画像は、チームメンバーとの共有や資料作成の材料などご自由にお使いください(※画像の利用はご自身の責任にてお願いします)。 では、スクリーンショットです♪ Team Foundation Server パースペクティブを選択する画面です。もちろん、Java パースペクティブなどに、TFS のビューを表示させることもできます。 チーム プロジェクトに接続するところです。 接続した後です。Visual Studio からアクセスできるものと同じものが表示されているのがわかります。 製品バックログ(プロダクトバックログ)のクエリを実行し、ユーザーストーリーの詳細を表示しています。 特定ユーザーストーリーのためのタスクもこの通り、確認ができます。 続いて、イテレーションバックログ(スプリントバックログ)です。そのイテレーションのユーザーストーリーと関連タスクが階層化されて一覧表示されています。当然タスクの入れ子もできます。 こちらはテストケース こちらはバグ バグと関連する(バグを発見した)テストケースも当然追跡できます。 テストケースと関連しているユーザーストーリーやバグ、共有できるテストステップなども追跡! こちらは、バーンダウンチャートです。 こちらは、ストーリーごとの作業見積もりと実績、テストケースと実数、バグの件数です。これらレポートは、すべて自動生成です。 イテレーションごとの実績としてもレポートできますので、ふりかえりや、次のイテレーション計画に役立ちます。 こちらは、Java のソースコードの構成管理、バージョン管理です。 Eclipse の流儀で、TFS にソースコードを追加(共有)できます。 チェックインです。このあたりのメニュー含め、日本語 Language Pack が提供されたら、日本語で見ることができるようになります。 変更したファイルも一目瞭然! お次は、自動ビルドの定義。ウィザードで楽々。こちらは継続的インテグレーションを選択したところ。 こちらは、ゲートチェックイン。継続的インテグレーションを進化させ、ビルド失敗したら、チェックインをなかったことにしてくれる。よりクリーンで品質を損なわない仕組みを提供してくれます。 ビルドは、Ant か、Maven2 の XML 定義ファイルを読み込めます。これは、Build Extensions…

0

E-AGILITY カンファレンス 2010 – 11.19 東京・文京シビックホールで開催

2010年11月19日(金) 13:30~16:30 に文京シビックホールにて無料のカンファレンスが開催されます。 E-AGILITY Conference 2010 このカンファレンスは、E-AGILITY 協議会 準備委員会が主催となっております。私もこの準備委員会に参加をさせていただいておりますが、E-AGILITY とは、エンタープライズ アジリティ です。企業 IT におけるシステム開発のアジリティを高め、より競争力を高めるには、エンドユーザー企業の IT 部門とソフトウェア開発者の交流がもっと行われるべきだと感じています。壁の向こうの見えない相手ではなく、利用者側と提供者側がより近い存在になり、日本の IT、ソフトウェア開発がもっともっと世界と戦えるようになるには・・・一緒に考えていければと思います。 カンファレンスでは、パネルもありますし、注目の協和発酵キリン 中山氏による情報システム部門での開発方法論や開発に対する考えを聞くことができます。情報システム部門の方、そして、開発者の方、ぜひご参加ください。 私は、残念ながら、出席することができませんが、何らかの形で、参加できるよう調整をしております。会場に行くことはかないませんが、ぜひ皆さんには、ご参加をいただき、新たな歴史の目撃者であり、当事者になっていただけれ幸いです。 ながさわ(@tomohn)

0

【速報】Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta 公開!日本語 UI にも対応を表明!

※2011年1月5日更新(TEE 日本語 Language Packの情報) タイトル通りでは、ありますが、TFS フェローの Brian Harry のブログにて、Team Exploert Everywhere 2010 SP1 Beta のアナウンスがありました。 Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta is available for download! Team Explorer Everywhere(以下、TEE) は、オールインワンでチーム開発でのコラボレーションを強化する Team Foundation Server(以下、 TFS)に Cross-Platform な環境から、Eclipse と、コマンドラインインターフェイスから接続ができるもので、Java 開発や、組み込み、PHP などの開発での高度な ALM を比較的容易に実践できると注目をいただいています。 このあたりは、このブログでも何度かご紹介していますので、以下の過去のエントリーも参考にしていただければ幸いです: TFSの極意 Vol.6 | TFS に Eclipse からアクセス! Team Explorer Everywhere 2010 Team Foundation Server…

0

TFSの極意 Vol. 17 | .NET と Java の混在環境/相互運用環境に効く! Eclipse + TFS 動画

すでに、もう一方のブログには、同じ動画を公開しておりますが、こちらのブログは、マイクロソフトなブログですので、記載するメッセージを変えて書きたいと思います。 皆様、すでにご存じのとおり、Team Foundation Server 2010 は、導入ハードルも下がり、多くの開発プロジェクトで活用できるフェーズになりました。当然ながら、Visual Studio 2010 + TFS 2010 の最強の組み合わせで、最大の効果を上げていただくことができますが、Visual Studio 2008 + TFS 2010、Visual Basic 6.0 + TFS 2010 なども効果を上げることができます。 そして、このブログでも Team Foundation Server にて Java アプリを管理、ビルド、JUnit も自動化で、継続的インテグレーションを実現できます(^^) としてお伝えしたように、Team Explorer Everywhere 2010 を用いることで、Eclipse から TFS にアクセスできるようになります。したがって、Java をはじめとした Eclipse 上のアプリケーション開発でも TFS による高いレベルのチームコラボレーションを手に入れていただくことができます。 すなわち、TFS は、.NET 開発だけのものではなく、Java や 組込み開発などでも気軽に使っていただけるものとなったわけです。もちろん、.NET と Java など多彩なテクノロジーを使い分けたり、相互運用させたりしている開発部門の皆さんも多いことでしょう。そういったシーンで、TFS が力を発揮してくれます。 今回、ご紹介の動画では、Eclipse から…

0

10/23 アジャイルプロセス協議会 西日本セミナーで登壇

こちらでお知らせしておりませんでした(^^; 今週土曜日(10/23)に、マイクロソフトの大阪支店(最寄駅・福島)で開催される アジャイルプロセス協議会 第7回 西日本セミナー ~実践するアジャイル~ で登壇いたします。 私のセッションは、 ◆13:55 ~ 14:45 特別講演 「Going Agile with Tool – Team Foundation Server で実践するアジャイル」 ◎講演者 マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト/シニアプロダクトマネージャー 長沢 智治 様 http://blogs.itmedia.co.jp/nagap ◎概要 Kent Beck 氏のホワイトペーパー『Tool for Agility』(PDF) でも触れられているようにアジャイルでのツール活用の次の一手は、高い透明性の確保と維持、共同作業の最適化にあります。本セッションでは、最新のチーム開発環境であるTeam Foundation Server 2010 を例として、アジャイルな開発のさらなる効率化についてデモンストレーションを交えてご紹介します。 です。 Kent Beck 氏のホワイトペーパーでも、アジャイル、アジリティのためにはツール活用も考える必要があります。私自身は、ツールといってもアナログツールと、デジタルツールがあり、どちらがいいということではなく、どちらも含めて、”現場” にとって一番良いものを模索していくべきだという考えです。最初はアナログで、効率化のために、デジタルも活用というのはよくありパターンですが、逆も、ないわけではありません。このセッションでは、デジタルツールの一つとして、Team Foundation Server で何ができるのか、どんなところで役に立つのかをご紹介しながら、ツール活用の一端をご覧いただきます。 このセミナーだけではありませんが、どうか、単なるツール紹介セッションだと思わずに聞いてください。私自身は、ツールの紹介セミナーをする意思はありません。常々言い続けているように、結局は、ご参加いただき、お聞きいただいた参加者ご自身(受け手)次第ですので、どんな目的で来ていただいても構いませんが、私はツールの紹介をするつもりはありません。一つの例として見ていただいて、ご自身の今の現場、これからの現場、困っていることへの解、これからきっと困ること・・・そういった皆さんの現場を中心に一つでもヒントをお持ち帰りいただければと思います。 数か月ぶりの大阪、大阪支店でのセミナーとなるともう数年ぶりだと思います(^-^) お時間のある方は、ぜひご参加ください。ぜひ直接お話しなどさせていただければ! このイベント自体、私は、いち参加者として非常に楽しみにしています。普段、ご講演をお聞きできないような方のお話し、そして、何度か講演を聞いたことがある方の、次のお話しが聞けると思うと、今から楽しみです。協議会の会員でなくても、ご参加いただけるようですので、ぜひ! ながさわ(@tomohn)

0