Team Foundation Service 5/28 更新

詳細は、以下に移動しました。 http://softwareengineeringplatform.com/articles/team-foundation-service-5-28/ ながさわ


WordPress ブロガーへ贈る!ブログを簡単にアプリ化する方法

WordPress ブロガーや、 WordPress で企業ホームページなどのサイトを開設している方は、簡単お手軽に、自身のページを Windows ストアアプリにしてしまうことができます。 Visual Studio を持っている人も、もっていない人 (サービス提供者が代行) も Web から簡単にできますのでお勧めです。 まずは、その例を (※作成する方法は後述)。   このブログを閲覧する専用アプリ 以下にこのブログを閲覧するための Windows ストアアプリを紹介します。 エバンジェリスト長沢智治のブログリーダー http://apps.microsoft.com/windows/ja-JP/app/db68232a-82f2-48a7-8732-aa49eed01cd9     Windows ストアで見ると以下のようになります。 うれしいことに、1件レビューをいただいていました!ありがとうございます!! 実際のアプリは、ライブタイルにも対応していますので、記事のサマリが表示されます。 ちなみに、その下にあるアプリは、長沢の SlideShare で公開しているセッションスライドを閲覧する Windows ストアアプリです。 長沢智治のセッション資料 http://apps.microsoft.com/windows/ja-JP/app/7435edc3-986b-4193-b4bc-1a22c9724ac2   ブログの閲覧もストアアプリならではの可読性です。ページが横つなぎになりますので、目が疲れず自然に読んでいただけます。下記にありますように、Slideshare や YouTube、UST の埋め込みも再生可能です。   IdeaPress さて、私の WordPress ブログを閲覧するアプリを作成したサービスを紹介します (※SlideShare のセッション資料のアプリは IdeaPress ではありません)。 http://www.ideapress.me に行けば英語が苦手でも理解できると思います。それくらい簡単でした。 このイメージは、IdeaPress のサイトから転載させていただきました。このステップのとおりです。既存で WordPress のブログなどのサイトを持っていれば、…


開発スタイルと開発環境のキャッチアップをオンサイトセミナーで!

忙しい開発現場のみなさんにとっては、ソフトウェア開発の動向をキャッチアップするのも結構大変です。 「アジャイルって?」、「ケイゾクテキニカチヲテイキョウシツヅケルって?」、「DevOps って?」、「Visual Studio がすごく広範囲になっていてついていけない・・・」、「Visual Studio って MS 技術のためのものでしょ?」などいろいろと迷ってしまったり、戸惑ってしまったりしてしまうこともあるでしょう。 そこで、エバンジェリストをはじめとしてソフトウェア開発の動向について 出張して オンサイトでセミナーを行ったり、相談会を行ったりすることに取り組み始めました。もともと長沢は、オファーいただき講演をさせていただいたり、ディスカッションをさせていただいたりすることが多いほうですが、それをきちんと窓口設けて行います。 古くからご存知の方は、「Microsoft On – 出張ワークショップ」 のソフトウェア開発スタイルと開発環境をテーマにしたものと思っていただくとだいたい合ってます。 おおざっぱに書くと、 無償です。 全国各地が対象です (≒ 交通費/宿泊費も考慮不要です)。 セミナーの場所と集客はお任せします (集客人数の縛りはありません。あくまで目的重視です)。 中立です (≒ MS技術や製品使っていないと呼べないということはありません)。 回数には限りがありますので、単純先着順ではありません (主にメールで内容や実施時期など調整をスピーカーとさせていただきます)。 やりたかったことは、以下です。 「MS と仲が良い(パートナーとか、日ごろ接する機会が多い人)でないと依頼しづらいよね」 を払拭したい 単純に言うとモチベーションや目的重視です。競合技術使っていたとして関係ありません。人数が少なくても大切なものが双方で合意できればいいわけです。 Twitter や Facebook で気軽に「やりましょう!」、「では行きます!」とやってますが、別に仲が良い人限定でやっているわけではないですが、窓口がないと頼みにくいですよね。 「MS 技術や製品、MS の考えを知るにはコストがかかる」 という先入観を払拭したい 今までもエバンジェリスト長沢が伺うのに講演料や出張費用をいただいたことは基本的にありません。 「より多くの方に、特にモチベーションの高い現場の方にキャッチアップしていただきたい」 常日頃から公言していますが、エバンジェリストたるもの、「伝えて、行動していただく」ことが本望です。その壁が仮に東京にいけないとか、時間がとれないとか、勉強する時間や意欲が進まないからとかだったら、こちらから乗り込んでいくのもありではないですか!ということですw まずは、下記をご覧いただき、お気軽にお問合せください。必ず、実施目的や実施タイミングはメールまたは電話で相談することにしています。 月によって伺える日程、回数など変動しますが、まずはコミュニケーションからはじめましょう。   出張 オンサイトセミナーの詳細について ソフトウェア開発環境の最新動向 また、別途お伝えしようと思いますが、「Visual Studio 製品 ホームページ直下」にソフトウェア開発の最新動向を紹介したページを作成しました。こちらから、Visual…


改めて『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』(書籍)と公式ボットの開始

アジャイルやプロセス改善などソフトウェア開発に関する書籍がとても好評ですね。中でも日本人書下ろしの書籍がドンドンでてきているのはとてもいい傾向ですし、ソフトウェア開発に関わる者としてとても心強く感じます。 さて、昨年 (2012年) の6月に出版された『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』を覚えてますか?もしくは、お初な方は、以下をじっくりご覧ください。 『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』 (日経BP) http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P94680.html   過去の投稿にて、本書籍にでてくるキーワードを書きました。おそらく多くの方にとって気になる内容ではないかと思いますので、こちらも合わせてみてみてください。 キーワードでみる『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』 http://softwareengineeringplatform.com/articles/agile-software-engineering-keywords/         どんな書籍か この書籍の著者は、米 Microsoft で Visual Studio 全体のコンセプトを考えている Sam Guckenheimer と欧州で活躍するプロセス改善コンサルタントの Neno Loje です。 私と Sam は、Rational Software 出身という共通点があり、私がマイクロソフトに参加した後も、今後のソフトウェア開発の在り方や、米 Microsoft でのアジャイルなソフトウェア開発について情報交換をしています。私が、米 Microsoft のアジャイル事例を話できるのもそのほとんどは、彼からの情報提供によるものです。 「Visual Studio?」、 「Microsoft?」と書くと、MS技術を使っていない、Visual Studio を使っていないから関心ないと思われてしまいそうですが、この書籍は以下のように考えてください。 米 Microsoft / 米国 でのソフトウェア開発の動向を知ることができる 最大規模のソフトウェア企業でのアジャイルへの姿勢と実践を知ることができる なぜ、アジャイルなのか?世界のソフトウェアをリードする企業がアジャイルな振る舞いになる理由がわかる 世界の最先端でのエンジニアリング環境が Visual Studio として実装されている事実を実感できる Visual Studio…


VS魂 100連発というのをやっています

日本マイクロソフトのエバンジェリストが Visual Studio 2012 についての動画配信をしています。概ね10分程度の配信を UST による Live と、その後の YouTube でご覧いただけるものです。 VS魂 100連発! コンテンツ インデックス LIVE 中継 (Ustream) YouTube 配信 私は、今のところ登場する予定が立っていませんが、普段使っていたりいなかったりする Visual Studio が見れるかもしれませんよ。


4/17 TFSUG は、「TFSの今」 TFService で自己組織化のセッションは必見!ここだけ!

4月17日 (水) 19:00- (開場は 18:30- を予定) で東京では久しぶりの TFSUG が開催されます。 2月、3月と大阪、北海道に進出していた TFSUG ですが、4月は久しぶりに “本拠地” (?) 東京・品川で開催です。 第18回 TFSUG TFS の今 参加費: 無料 (事前登録制) 参加条件: 特になし (TFSの知識/利用経験も問いません), 開発現場をよりよくしたい方にお勧めです。 日時: 2013年4月17日 水曜日 19:00 ~ 21:00 開場: 18:30 (予定) 場所: 東京・品川 日本マイクロソフト本社 セミナールーム セッションは、長沢から「TFS の概要と最新情報」をお伝えしようと思っています (TFSUG 東京でリアルにセッション持つのは第一回以来な気がします)。 必見のセッションは、 @chengeworlds さんによる「TFS をきっかけに始まった自己組織化」です。デブサミ2013 スピーカーでもある彼の職場での Team Foundation Service の導入のきっかけ、それに関連したスクラムチームの自己組織化について話をしてくれると思います。ほかではなかなか聞けない事例でもあり、TFS のメリットのリアルトークになるのではないかと思っています。 そのほか、スピーカー (LT…


TFS に関するコミュニティイベント開催@大阪、札幌

TFS ユーザーズグループ (TFSUG) が主催、共催するイベントが大阪と札幌で開催されます。 いずれも 長沢も参加し、講演をさせていただきます。もちろん、情報交換、ご相談もお気軽にです!どちらにもいくつかのグッズも持っていこうと思っています! 2/25 大阪 間際ですみません!参加申し込みは、2/24 正午までです。 当日に「どうしても!」という方は、Twitter で @tomohn #tfsug をつけてご連絡ください。 第16回 #TFSUG: 大阪vol.2 私は、2/14に講演したデブサミ 2013 のセッションを早くも再演!します。デモを多めにした Remix バージョンを予定しています。 また、1月末に渡米してきた ALM Summit 3 の最新動向もお伝えします。細谷さんの有料でしか聞けない貴重なセッションも無償イベントで聞けてしまいます!「スクラムと品質」の話は、エンジニアもマネージャーも必須ですよ!   3/2 札幌 CLR/H と TFSUG 共催で ALM デイ が開催されます。TFSUG からのスピーカー陣から東京でも聞けないこと、やったことないことをやるのではないかと思います。 CLR/H with TFSUG – ALM デイ 私は、TFSの世界観 ~ アルティメイタム デモ と題してデモを中心に、TFS がどれだけ開発現場にとって便利なのかをご覧いただこうと思っています。そのほか、Java 絡み、OSS 絡みのセッションが多いので、.NET な人だけでなく、いろいろな技術を使っている方々に参加いただければなと思います。  …


デブサミ 2013 で TFS 中心に開発動向のお話をします。

デブサミ2013で4年連続、4回目の登壇をします。今回は、TFS(サーバーとサービス)の話を中心にして構成します。 【14-B-4】 チーム×ツール Team Foundation Server & Service “共感しActionできる開発基盤” アルティメイタム 無償利用可能なエディションやすぐに始められるクラウドサービスも開始され注目される Team Foundation Server & Servic。その特徴から究極の活用シナリオまで一気にお伝えします。.NET, C++, Java, PHP, Objective-Cなどのあらゆる開発現場で活用でき「価値を提供し続ける」ために自然な流れで最適化された継続的デリバリー/DevOps に欠かせない開発基盤をキャッチアップしてください。バージョン管理、バックログ管理、バグトラッキング、テスト管理、ビルド自動化を一生懸命やっているけどしっくりこない、定着しないといった悩みを抱えている方、次の一手を模索している方はぜひご参加ください。 すでに参加登録が開始されていますので、参加される方は、お急ぎください。 今後のセッション資料の共有などは、 http://softwareengineeringplatform.com/articles/devsumi-14-b-4/ で行っていきますので、こちらをブックマークやお気に入りしておいてください。   ながさわ