System Center Orchestrator の TFS Integration Pack で開発リソースを自在に活用

System Center Orchestrator をご存知でしょうか?これ、Runbook Automation を実現するすばらしい製品であり、ソリューションです。Runbook Automation により、複数システムの連動とした自動化の流れを促進することができ、それにより IT プロセスの可視化がより行え、かつ、無駄な作業やコストが削減できることで、注目されています。 System Center Orchestrator は、System Center ブランドの製品で、上記を実現できます。 IT プロセス、ライフサイクルには、当然ですが、開発も含まれる場合が多々あります。今までの考え方/制約だと、開発と運用は分けて考える傾向があったわけですが、「ビジネスを加速させる」という IT の命題に対して、今は、開発と運用の境をあまりわけず、コラボレーションし、問題解決やビジネス価値向上へ向かう DevOps などが注目されています。 System Center Orchestrator では、そんな IT プロセスに関してのオーケストレーションをドラッグ&ドロップによるプロセスモデリングをベースとして実現することができます。単純にいうと今までだと、スクリプティングや、運用監視ツール間の連携の仕組みをスクラッチから作成したり、アプリケーションも運用監視のための仕組みを実装したりいろいろと細部にわたるケアをしなければならない部分が、かなり楽に実現できるようになります。Integration Pack という形で、あらかじめ提供された主要な製品や技術はドラッグ&ドロップ+プロパティ設定で情報の抽出や利用、更新などが行えます。プロセスの中でこれらの情報を利用できるため、システム間の情報流通も図ることができます。 さてさて、System Center Orchestrator ですが、しっかり、Team Foundation Server で管理する開発リソースにアクセスできます。 Integration Pack for Team Foundation Server 2010 により、TFS で管理している開発リソースについて、ソースコード、作業項目、ビルドを利用するアクティビティが提供されています。 ソースコードに関しては、チェックアウト、チェックインのみならず、コードのダウンロードやワークスペースの更新、変更セットの取得などが用意されています。これらについてさらに詳細な情報を取得することができます。作業項目では、クエリによる情報の取得はもとより、作業項目の起票、更新、取得などが用意されています。したがってバグの起票やフィードバックの提供など運用から開発へ伝えたいことを自動化するプロセスを定義、自動化することができます。そしてビルドについては、さらに強力で、ビルドの詳細情報やビルド成果物へのアクセス、ビルド品質指標に応じた活用、ビルド自体の実施などが用意されているので、たとえば、運用しているアプリケーションが致命的な障害があった場合、その以前に安定稼働していたビルドを検索し、それを自動デプロイするといったロールバックや、開発側で十分な品質保証ができるビルドを運用側の都合で選別し、自動デプロイさせて利用するなどより、ビジネスを意識して運用、開発がコラボレーションできるようにするための実現可能性がグッと高くなるのではないかと期待しています。 こんな感じで、各アクティビティをドラッグ&ドロップし、プロパティで条件設定すると、自動化ができます。TFS のアクティビティだけではなく、ファイル操作や、System へのアクセス、ロギング、System Center 各製品との連携はもちろん、VMware や Tivoli などのアクティビティもあったりで、開発をも含めた総合的な…

0

itSMF オープンステージ登壇!マイクロソフトの事例セッション、オープンステージ、ブースでプライベートクラウドと ALM

11月30日、12月1日と itSMF Japan 2011 が開催されます。テーマは、「事業の継続性と成長を支える IT サービスマネジメント」です。 itSMF Japan ですので、ITIL を中心にといったところですが、マイクロソフトのセッション、ブースでは、プライベートクラウド、そして企業競争力の要でもある (カスタム) アプリケーション (そう、手組み 2.0 です) のライフサイクルについても触れていきます。 IT インフラの話だけでなく、ALM も事例、ソリューションで語れるのがマイクロソフトです。 カンファレンス (有償) では、マイクロソフトの IT 部門を中心に ALM も含めた事例を紹介。EXPO (無償) では、オープンステージ セッションでプライベートクラウドと ALM のソリューションの紹介、ブースでもソリューションのデモンストレーションや、相談、意見交換が行われます。 私は、オープンステージ セッションで、高添さんと一緒に登壇します。 EXPO は無償ですし、普段よりさらに大きなお話しをします。DevOps の話題などキャッチアップされたい方は、ぜひお越しください さて、itSMF の話題にも関連した資料を作成しました。Microsoft IT の ALM への取り組みとその成果 (2008年現在) をご覧ください:

0

ALM Summit 2011 参加報告会にて Visual Studio の世界観の通しでデモをします

12月10日 (土) 13:00 ~ 東京・品川 にて ALM Summit 2011 の参加報告会が開催されます。 ALM Summit 2011 参加報告会 第2回 Team Foundation Server ユーザーズ勉強会 主催: TFS Users Group 日時: 12月10日 (土) 13:00 (開場時間) 場所: 東京・品川 日本マイクロソフト 品川本社セミナールーム 参加費: 無料 参加対象: 問わず (TFS のユーザーに関わらず参加OK)  告知サイトにて、タイム スケジュールと、各セッションの概要が公開されています! 土曜日の日中の開催ですので、万難を排してでも、参加を強くおすすめします! 私は、今回正式には登壇いたしませんが、13:00開場からセッション開始まで、各セッションの合間の休憩時間などで、最近特にご要望が強い Team Foundation Server 2010 を起点とした Visual Studio ALM の世界のデモをご覧いただこうかと思っています。 「いきなり ALM Summit の内容はキャッチアップできるか自信がない」、「TFS…

0

ソフトウェア構成管理の入門資料を公開しました

ソフトウェア開発にとって欠かすことができないソフトウェア構成管理についての入門資料を公開しました。 ソフトウェア構成管理の入門資料を作成・公開 from 長沢智治のアジリティブログ ソフトウェア構成管理が、単なるバージョン管理ではないこと、開発者のみならずチーム運営にとって重要であることあたりをキャッチアップいただければ幸いです。 また、元資料が、TFS のバージョン管理を解説する教育資料の作成であったため、TFS での操作の解説も含まれています。 TFS を使っている/使いたい、知りたいという方は、TFS の操作もご覧ください。TFS ではなく、Subversion その他のバージョン管理/ソフトウェア構成管理ツールを使っている方は、TFS 操作をスキップしてご覧ください。 資料の PPT をほしい、利用したいという方は、@tomohn, このページにある Facebook コメントなどでご連絡いただければお渡しします。

0

松山 Agile459 でのセッション資料を公開

先日、11/17に生まれて初めて四国の地を訪れました。 お客様先をご訪問させていただき、講演やディスカッションをさせていただきました。そして、夜には、四国で非常に有名な Agile459 でセッションをさせていただきました。 前日の夜あたりからの告知にも関わらず 800人相当(東京比換算w)の素晴らしいエンジニアの方々にご参加をいただきました。 セッションでは、ちょうど米国で開催していた ALM Summit 2011 のトレンドの紹介や、ALM、DevOps の紹介、Team Foundation Server のデモ、ディスカッションとさせていただきました。 Agile 459 | 11/17 資料 View more presentations from Tomoharu Nagasawa この資料では、「自粛」と書いた箇所が多々ありますが、そこはご了承ください。その場でしかお話しできない、その場でしか伝わらないことがありますゆえ。 ALM Summit の動向は、日本の IT 業界にとって非常に興味深いものです。こちらについては、 ALM Summit 2011 参加報告会 第2回 Team Foundation Server ユーザーズ勉強会 12月10日(土) 13:00 – 東京・品川 日本マイクロソフト セミナールーム 無料 ※誰でも参加できます。 にて、実際に ALM Summit に参加された方々が講演しますので、ぜひご参加ください。めったにない機会です。セッションのテーマも公開されていますので、上記の告知、参加登録サイトをご覧ください。

0

開発者、TDM 必須の2つお知らせ!ASCII ALM 連載記事とマイクロソフトのALMページに大量ホワイトペーパー

2つお知らせがあります。先週に以下の2つが公開されました! ASCII.JP | 意外とハードルは低かった!Visual Studioで始めるALM ― 第1回 MICROSOFT.COM | Visual Studio 製品ページを刷新 まずは、ASCII さんから。 11/16 に連載記事がスタートしました!第1回は、なんと私、長沢のインタビュー記事です。 Visual Studioが実現する「次のチーム開発」の姿 ビジネスに追いつくソフトウェア開発を実現する「ALM」 こちらは、「ソフトウェア開発にパラダイムシフトは必要か?過去から現在まで辿ってみるテスト」で問いかけた内容がベースとなっています。XDev 2011 をはじめとした「場」でもお話しをさせていただいております。 記事はぜひぜひ、ご一読いただきたいです。また、内容に共感したら、チームのメンバーや上司、部下にもおすすめください。 ASCII さんの連載では、次は、事例を紹介ということです!非常に興味深い Visual Studio ALM, Team Foundation Server の導入事例の紹介記事になるのではないかと思います!ぜひ第2回も注目してください。 2つ目は、Microsoft の Visual Studio 製品ページの刷新のお知らせです。こちらは、11/14 に刷新されています。 http://www.microsoft.com/japan/visualstudio 今まで、こちらの製品ページは、製品の無機質な説明や評価版ダウンロード(知ってましたか?ほぼすべてのエディションの評価版を提供していることを!)などがある程度でしたが、今回の刷新で、今の時代のソフトウェア開発にとって無視することができない ALM、アジャイル開発などを中心に、開発プラクティス、活用シナリオをふんだんに取り入れたサイトになっています。 今後も、私がこのブログで紹介したり、訴えていたりする内容も含め、充実させていく予定です。 各セクションをご覧いただくとグローバルの事例紹介、アナリストの貴重なレポート、ホワイトペーパーにアクセスできます。また、ALM については、 開発プラクティス | アプリケーション ライフサイクル管理 を見逃さないでください。下の方に ALM ホワイトペーパー として下記の5つのホワイトペーパーを入手することができます。 ALM 入門編 ALM…

0

ALM Summit 2011 開幕!日本からの参加者の方々が米国マイクロソフト キャンパスからつぶやいてくれています

取り急ぎですが、ALM Summit 2011 が開幕しました。本日(米国時間で11/14)は、プレカンファレンス ワークショップが開催されています。 日本からは、私が知る限り、7名の方々が参加をしています。 彼らの Tweets は #tfsug #msalm のハッシュタグが概ねついていますので、今から、こちらをウォッチすることを強くおすすめします! #tfsug #msalm ただ今、ワークショップまっただ中ですが、参加者のなかむらさんがトゥギャザってくれています。 ALM Summit まとめサイト 本日は、まだプレ カンファレンスで、明日から本カンファレンスが3日間開催です。そしてポスト カンファレンスがその後にあります。参加しているみなさんにとっては実りも多いと思いますが、かなりタフなカンファレンスです。それでも Tweets してくださっていたり、12/10 には報告会も開催してくれます(主催も彼らです)。 Memo まとめサイト、12/10 参加報告会の情報を更新しました。

0

Visual Studio ALM / TFS の何がいいのかをスライドと連動デモ動画でチームや上司と共有する資料

こんにちは。最近あまり見ていなかったのですが、このブログに訪れる方々の検索キーワードなどをちょっと見てみました。 中でもいいのが以下です。 Team Foundation Server (TFS 含む) ALM とは VHD ブート エバンジェリスト 長沢 TFS や ALM のキーワードについては、このブログとは限らず、長沢が書いて記事がヒットするケースが多いとフィードバックはいただいたことがあります。で、TFS と ALM あたりの検索キーワードをもう少し深堀すると以下が増えてきています。 TFS をチームに説明したい TFS 上司に説得 TFS 導入提案 ※TFS のところは、ALM や Visual Studio ALM, Premium, Ultimate も含む ということで、過去に作成した資料をベースに2,3枚のスライドとそこから関連デモ動画へ連動する感じで資料をいくつかの形式にて、おいておきました。 基本的には、私の SkyDrive においてあります。 利用に関しては、各自の責任のもとで、自由にご利用ください、改変も構いません。ただし競合他社での利用はやめてください(※仕事絡みのものはNGで、個人的に作った資料は制限掛けませんが)。 ※右下をクリックして最大表示にしてご覧ください。 1枚目は、よくある開発現場の例としてイメージを描いています。2枚目と3枚目は、この1枚目の現場を TFS を中心にどう改善できるかをイメージしたものとなります。各スライド中の番号または、画面ショットをクリックすると SkyDrive に格納してある関連するデモ動画がブラウザ上で見ることができます。 この資料の PDF は、 こちら からダウンロードできます。こちらも上記同様にクリックするとブラウザにて動画がご覧いただけます。 デモ動画用ライフサイクル一覧 View more presentations…

0

はやくも 第2回 TFS ユーザーズ勉強会 参加登録開始!

11/4 の夜に 第1回 Team Foundation Server ユーザーズ勉強会 を開催しました(その模様とセッション資料は こちら)。その際にも、スピーカーであり、TFSUG の発起人の一人でもある なかむらさん から、12月10日 (土) に第2回を開催することが、発表されていましたが、早くも参加登録が開始されています。 第2回 Team Foundation Server ユーザーズ勉強会 今回は、TFSUG が主催です!土曜日の日中に開催で、第1回にはなかった(夜遅かったので)懇親会もあります! そして、第2回のテーマは、 ALM Summit ! また別エントリーでご紹介したいと思っていますが、来週に、米国ワシントン州にて ALM Summit 2011 が開催されます。昨年は、私が日本からたった一人、さびしく参加し、日本時間の真夜中に一人興奮して Tweet しまくったわけですが、今回は、私が知る限りでも 7名の方が日本から参戦すると伺っています! 第2回の勉強会では、ALM Summit 参加者による貴重なセッションを中心に、開始前の1時間とセッションの間の休憩時間は、自由にしゃべっていいということのようです!私も隙を見つけてゲリラ LT なり、ゲリラ デモンストレーションなりしようかなと企んでおりますw # 今回の前説は、マイクロソフトでプロダクトマネージャーをしている杉本さんが務めます!(本人承諾済み?) さてさて、TFS ユーザーズ勉強会と銘打っていますが、別に TFS のユーザーである必要はありません。TFS や ALM、開発環境や開発ビジネスをよりよくしたいと考えている方は、みなさん同志だと思っていますし、TFSUG のみなさんもそう思っていると思います。 また、ALM Summit も TFS や Visual Studio…

0

Team Foundation Server の特徴を4分動画で。

元々、とある方よりリクエストをいただき、普段使っているプレゼンテーションのネタを再構成して、動画にしてみました。 詳細には触れていませんが、こちらで4分で、Team Foundation Server (TFS) どういった分野をカバーし、どういう効果を得ることができるのかの ★さわり★ を示しています。 TFS の大きな特徴は、開発リソースを一つのリポジトリで、一元管理できること、それにともない、TFS のリポジトリに接続すれば、その人(開発者、管理者、テスト担当者、その他)のほしい、正しい、リアルタイムな情報が手に入る構成になっていることです。 よくある開発の風景とは、モノ(開発リソースの種類。たとえば、バグやソースコード、タスクやテストケース、要求などです)ごとに管理され、モノごとに専用ツールがある形なため、モノに合わせて、ツールとリポジトリを行き来しながら、一つの仕事をこなしていきます。 たとえば、バグを改修する作業を開発者が行うとしましょう。その際、開発者は、まず Excel や BTS で管理、提供されているバグ一覧を見ることになります。自分がアサインされているバグもしくは、トリアージされたバグを見つけ、それを対応しようとします。バグの詳細は、 Excel や BTS では細部にわたって表現されていないケースが多く、たいていは、それらに記載されているリンクなどをたどり、テスト結果やログ情報、スクリーンショットにもアクセスします。 そして、ようやく、バグを改修すべきソースコードをバージョン管理ツールやソフトウェア構成管理ツールから取得することになります。 ここからは、通常のバグ改修作業となります。終わったら、チェックイン(コミット)するわけで、この際には、Excel や BTS で管理している ID を入力しておくとよいでしょう。 そして、Excel や BTS のステータスを変更し、適切なコメントも入力します。 さてさてこれで完了・・・とはいきませんね。ビルドして、テスト環境にデプロイしないとテスト担当者はテストできません。そこまでをいち開発者が担うべきかは、また異なりますが、最近は、行う傾向が強いです。少なくとも継続インテグレーションのように、統合したソースコードをビルドし、テストも行うことが望ましいケースが多くなっています。なので、ビルドもやりましょう。結果として、ビルド成果物とそれを生成するために作成した祖0巣コード群にはラベル(タグ)がつけられるので、それも記録していくことになります。 で、テスト環境にデプロイするとテスト担当者に引き渡せたことになります。 長いですね。大変ですね。 このステップなんとかならないでしょうか???いやですよね。本来のクリエイティブな仕事じゃないですから(でも非常に大切なことです)。 TFS はこれを非常に簡素(シンプル)に行えるようにしてくれます。それこそ、いろいろなツールを開き、行き来をし、つながらない情報を手入力したり・・・そういった本業と少し違うけど大切なところを省力化、効率化してくれます。 管理者は、Excel からバグの正しい情報を確認し、システムの品質と進捗も Excel 見ているだけでわかるようになります。開発者は、Excel などは一切開かずに、Visual Studio や Eclipse からバグの情報も確認し、ソースコードも取得、改修し、チェックイン(コミット)するときには、バグの情報を関連付けすることができるようになります。バグの詳細情報も、Test Manager を使ってテスト担当者が行ったテスト結果は、バグ票にテストステップごとの合否、システム情報やテスト担当者が実際に行った操作ログとビデオキャプチャー、テスト対象のビルドとテスト環境が自動登録されているので、他のシステムから取得することもなく、テスト担当者にいちいち確認することもなく(いわゆるバグ ピンポンです♪)、本業に専念できることになります。 テスト担当者も、自分が起票したバグが今、対応している最中なのか、テスト対象としてデプロイ済みなのか、はたまた放置されているのかをテストの視点から追跡ができます。 こういった環境を得るには、TFS がうってつけなわけです。 よくこういうお話をさせていただくと、「一度に全部は難しい」と言われることがあります。でも実際の開発現場では、上述したような複雑なことを日々こなしているのですよね。ただあまり深く気にしていないだけだったり、あきらめてしまっていたり。 今やっている作業のフローをぜひ思い返してみてください。上述のようなことをしているはずです。そして、私が書き留めたように書き留めると結構うんざりしてくることでしょう(笑)。…

0