TFSの極意 Vol.7 | Visual Studio, Eclipse からのチームプロジェクトへのアクセス


なんてことはない投稿ですが、Visual Studio と Eclipse から TFS のチームプロジェクトへアクセスする方法を見てみましょう。

両 IDE での相違を見る機会はそうないかなということで:

Visual Studio

Eclipse

スクリーンショット(2010-06-15 23.58.13)

スクリーンショット(2010-06-16 0.02.13)

スクリーンショット(2010-06-16 0.03.27)

スクリーンショット(2010-06-16 0.10.06)

スクリーンショット(2010-06-16 0.03.51) 

スクリーンショット(2010-06-16 0.08.59)スクリーンショット(2010-06-16 0.09.20)スクリーンショット(2010-06-16 0.09.34)

スクリーンショット(2010-06-16 0.04.39)

スクリーンショット(2010-06-16 0.10.53)

スクリーンショット(2010-06-16 0.04.55)

スクリーンショット(2010-06-16 0.11.11)

  スクリーンショット(2010-06-16 0.11.51)

スクリーンショット(2010-06-16 0.05.12)

スクリーンショット(2010-06-16 0.12.11)

スクリーンショット(2010-06-16 0.05.48)

スクリーンショット(2010-06-16 0.12.28)

説明はあえて書いておりませんが、だいたい検討がつく程度だと思います。

TFS サーバーの情報を入力するわけですが、Visual Studio だと、非常に簡素な情報入力のみですみます。

その点では、Eclipse でもほぼ同等ですが、TF サーバー情報入力時に、ユーザーIDやドメインの情報の入力もできたり、プロキシ設定なども行えます。このあたりは、マルチプラットフォームな Eclipse への配慮が見え隠れしていますね。

そして、Eclipse では、ワークスペースの設定もこの一連の接続のウィザードで行えます。通常は既定のままでいいわけですが、ウィザード時点で事細かに設定できるのは何気にうれしい機能です。

TFS サーバーに接続できてしまえば、Visual Studio でも Eclipse でも同じように見えるのもご覧いただけますね。今回の画面ショットは、「基本構成」のTFS サーバーを見ていますので、ドキュメント管理とレポートが項目にないのがわかります。

長沢

Skip to main content