【ツール紹介】TFS Sticky Buddy


CodePlex のプロジェクトには、非常に興味深いものが多いのですが、そんな中でも注目の一つであった TFS Sticky Buddy の v1.0.1 が公開されています。

情報源は、おなじみの Teams WIT Tools ブログです:
http://blogs.msdn.com/teams_wit_tools/archive/2008/04/23/tfs-sticky-buddy-from-martin-hinshelwood.aspx

[CodePlex] TFS Sticky Buddy:
http://www.codeplex.com/TFSStickyBuddy

さて、私も早速(というか以前のバージョンから利用)試してみました。まずは、スクリーンショットをご覧ください:

image 
起動直後の画面です。TFSのサーバーを選択します。その後、プロジェクトを選択します。

image 
このように、イテレーションや区分ごとに作業項目の状況を可視化してくれます。

image 
情報は、クエリにより選別できるので、完了しているものだけとか、アクティブなものだけとか、タスクだけとか、バグだけとか可視化したい情報だけに絞ることができます。

さて、このアプリケーション、画面を見れば察しがつくと思いますが、WPF アプリケーションなのです。ですから、拡大縮小が自由自在、かるーいアニメーションもされます。

WPFの大きな特徴のひとつとして、データを可視化するというのが挙げられますが、そのひとつの例としてもいいアプリケーションだと思います。

ながさわともはる


Comments (3)

  1. Thanks for the comments 🙂 I will make the menu items and other text multi language in the future…

  2. tomohn says:

    Martin,

    What a great information for me! Thanks!

    If I will be able to help your working and thinking, please let me know.