ソフト開発未来会議に新しい記事:開発現場の要請で生まれたアーキテクトチーム

ソフト開発未来会議の「開発者のためのケーススタディ」に新しい記事が掲載されました。 http://developerscafe.jp/future/casestudy/vol02_necsoft.html 今回は、NECソフトのアーキテクトチームのインタビュー記事です。 NECソフトでは、顧客の業種にあわせた縦軸と、テーマ別の横軸の2つの組み合わせによるマトリクス型の組織構造をとられています(マトリクス型組織にかんしては、たとえばこのあたりを参照ください)。今回取材させていただいたチームは、このうちの横軸の分類によって位置づけられているチームで、技術的な専門知識を提供することを一つのミッションとされているチームです。 たとえば、ある業界に属する顧客Aのプロジェクトが立ち上がると、業種別の縦軸側で分類されるチームメンバーと、横軸側で分類されるチームメンバーがプロジェクトチームとして活動するのですが、その中で技術的な観点からシステムの設計や、技術検証に携わる、といったイメージでしょうか?  (マイクロソフトも顧客軸で分類されたチームと、製品/技術別に分類されたチームの組み合わせで動くので、その辺はよく似ているなぁ、と思いました)  今回の記事もとてもおもしろい記事になっていますので、ぜひお読みいただければ、とおもいます。 http://developerscafe.jp/future/casestudy/vol02_necsoft.html では!

0

デザイナー×開発者で生まれるRIAの理想形 @ Ascii.jp

Ascii 主催で行われた Web 開発のセミナーレポートが掲載されました。 http://ascii.jp/elem/000/000/217/217460/ Ascii さんといえば、昨年は Visual Studio Robot の企画で Visual Studio 2008 と Silverlight を盛り上げていただき、あわせてセミナーも開催させていただきましたが、今回はより実践的な内容ということで、実際にその場で Silverlight のアプリケーション開発を体験いただくという企画、、、、 ゲストとして女優の松木里菜さんに参加いただくなど、楽しい企画となりました。 楽しさあふれるレポートをぜひお読みください! http://ascii.jp/elem/000/000/217/217460/

0

「『くだらない』『恥ずかしい』を無視して自分の手を動かせ!」@ソフト開発未来会議

ソフト開発未来会議にて、新規記事が公開されました! 『くだらない』『恥ずかしい』を無視して自分の手を動かせ! このインタビューではインフォテリアの平野様と、アリエル・ネットワークの小松様に 「開発者への提言」 として、日本のソフトウェアビジネス、エンジニアとしてのこれからについて語っていただいています。 とても熱いメッセージのこもった記事ですのでぜひごらんいただければ幸いです。 それでは! P.S. 「開発者のためのケーススタディ」の第2回、3回についても徐々に進んでいますので、ご期待ください!

0

いよいよ明日開催◆開発環境最適化セミナー◆マルチコア開発に注目しています!

さて、いよいよ明日は、「ソフトウェア開発環境最適化セミナー」が開催されます。 http://msevents.microsoft.com/cui/EventDetail.aspx?culture=ja-JP&EventID=1032405638 このセミナーでは、インテル、ウチダスペクトラムとの共催イベントで、今現在、あるいは将来を見据えた開発を行うためのヒントとなるようなお話を提供できれば、と思っています。 特に個人的には、インテルの田中様が担当される「マルチコア」な開発に注目!! マルチコアを活用するための並列(Parallel)プログラミングに関しては Visual Studio の次期バージョン、Visual Studio 2010 でも主要な開発支援機能の1つとして提供が予定されています。 このあたりにご興味ある方は、是非明日のセミナーに参加いただければ、と思います。 さらに、昨日書かせていただいた Tech Days のセッション、「T3-303 スケーラブルな並列プログラミング ~ デスクトップ アプリの並列化 ~」 では、クライアントサイド(デスクトップ)での並列プログラミング活用のメリットを解説していますので、こちらも是非どうぞ。 また、ウチダスペクトラムの山村様からは、Visual Studio や MSDN Subecription の購入方法や、管理のしかたなどのお話をいただく予定です。 ソフトウェアの購入や資産管理は、開発者にとってはどうしても煩雑な面があり敬遠しがちですが、MSDN Subscription を活用して開発環境を整えたり、しっかりとした資産管理を行うことは、ソフトウェア入手のための手間や、重複購入によるコストの発生を最小化し、コスト削減と投資効果の最大化につながることでもありますので、こちらもあわせてこのセミナーで押さえていただきたいと思います。 ということで、明日の15時からマイクロソフト新宿オフィスにて開催しますので、上記のようなお話にご興味ある方は是非参加ください。 http://msevents.microsoft.com/cui/EventDetail.aspx?culture=ja-JP&EventID=1032405638  では!

0

Tech・Days 2009 全セッションコンテンツが公開されました!

1月に実施された Tech・Days 2009 の全セッションコンテンツの公開が開始されました! Tech・Days は米国で開催されたイベント PDC を受けて日本にて実施されたイベントで、マイクロソフト テクノロジの将来像(現在から3年後ぐらいまでの姿)を共有させていただくイベントです。この点で、毎年夏に開催している Tech・Ed (現行テクノロジと1年後ぐらいのテクノロジを中心とするイベント)と立ち位置が異なります。 今回の Tech・Days では、Software + Services のビジョンのUpdateとともに、Windows Azure、Windows 7、Visual Studio 2010、”Oslo” といったテクノロジが紹介されました。 今回公開させていただいたのは、セッションストリーミングや、PPTの資料です。 もちろん、ストリーミングは Silverlight ストリーミングを使用しているので、きれいなうえにスムーズです!!! 来場いただいた方も、来場いただけなかった方も、ぜひご覧ください! http://www.microsoft.com/japan/powerpro/techdays/ では!

0

大阪でのセミナー終了:VBマイグレーション&データアクセス

先ほど、大阪でのセミナーが終了しました。 「VS導入促進セミナー」としては、初の大阪での開催で、また朝から雨が降るなど、ちょっとどきどきのスタートでしたが、早い方は9:20ごろに会場に到着いただき、大盛況のうちに終えることができました。 本日ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。 来週からは、3/2にWPF、3/9にVBマイグレーション、3/16にVS全容、と東京にて、3週連続でのセミナー開催になります。ご興味がある方は是非参加ください。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/events/vsseminar.aspx  大阪は、次回3/17にVS全容のセミナーです(登録多数により締め切り済みです、すいません、、、)。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/events/vsosaka.aspx  現在申し込みいただけるのは、4/17のWebと、5/21のWPFのセミナーですが、ご興味があるかたは是非お早目にお申し込みください。 では! @大阪では雪は降りませんでした。

0

VBマイグレーションセミナー@東京、3月9日に実施します!

タイトルどおりですが(^^;VBマイグレーションのセミナーを、3/9に東京(NRI様の木場のセミナー会場)にて実施します。(1日の無償セミナー 「Visual Studio 導入促進セミナー」です。) http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032406347&Culture=ja-JP このセミナーですが、副題の「最新データ アクセス テクノロジの活用」が 示すとおり、マイグレーションの全体像とともに、マイグレーションの際にもっともポイントとなるエータアクセス周りの最新テクノロジ紹介も行わせていただいているセミナーで、一連のシリーズの中でも人気の高いコンテンツになります。 VBマイグレーションについて、初めての方も、再度確認したい方も、是非ご参加ください! 再度URL:http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032406347&Culture=ja-JP また、昨年から開催させていただいているこのセミナー(Visual Studio 導入促進セミナー)ですが、Visual Studio のWebで告知させていただいているように、今週から大阪開場での実施が始まります。申し込みも好調なため、すでに満席の会(VBマイグレはここでも人気です。他、1回目と3回のセミナーも満席が近づいています)も出てきていますので、関西近辺の方でご興味があるかたは、お早めにご登録ください。 ==> http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/events/vsosaka.aspx  

0

ソフト開発未来会議:続々と

Blogの更新を怠っているうちに:-)、ソフト開発未来会議にも続々と新コンテンツが。 クラウドコンピューティングの現実に迫るリレーインタビューが2本公開されていたり  「クラウド コンピューティングの可能性と Windows Azure」  「クラウドを背景にした新ビジネスが生まれる」 異なる視点でテクノロジを議論する(主張×反論)2 とか 「クライアント アプリケーション vs. Web アプリケーション」 いろいろ考えさせられるポイント満載なので、ぜひご覧ください。 では!

0

MSBC 開発力加速キャンペーン:モダナイゼーション最新動向

マイクロソフトの会員向けサイト MSBC において、開発力加速キャンペーンを実施しています。 この「開発力加速キャンペーン」は、全4回にわたって「読む5分間セミナー」として、5分で開発業界の最新潮流を紹介する記事によって構成されています。 現在、第2回となる「モダナイゼーション最新動向」を公開中。 Visual Basic 6.0 のマイグレーションや、.NET Framework 1.x から最新 .NET Framework への移行案件などを多数手がけられている日本ユニシス様を講師に、5分間で読める記事で「モダナイゼーション」についての最新動向を説明いただいています。 さらに、開発力加速キャンペーンでは、毎回、セミナー内容に関連する書籍を100名の方にプレゼントしています。 今回はマイクロソフトのコンサルタント赤間が書いた 「LINQテクノロジ入門」 をプレゼント。締め切りは2月1日(日)ですので、是非お早めにお申し込みください。 では!  

0

ソフト開発「未来」会議も第2弾:LoiLo 様インタビュー

ソフト開発「未来」会議も、第2弾となるコンテンツとして LoiLo 様のインタビュー記事の公開が行われています。 http://developerscafe.jp/future/casestudy/vol01_loilo.html LoiLo様は、LoiLoScope という映像制作のアプリケーションを制作されているベンチャーで、慶応大学の湘南藤沢キャンパスに併設されたイノベーションビレッジにオフィスを構えてられています。LoiLoScope は映像制作のアプリケーションということで、個人的になじみが薄く同席して話についていけるかなぁ、、、と不安を感じつつも、私もインタビューに参加させていただきましたが、実際にインタビューが始まると杉山さん(×2)の楽しさあふれるお話と(<– これはインタビュー記事の写真でもお分かりいただけるかと)、LoiLoScope のアイディアあふれるUIに驚きと興味が溢れるインタビューになりました。 インタビュー記事中でも振れられていますが、特に “無限平面” や、“マグネット” といったUIは、すごい!!! 理系的な発想として、データやファイルの整理というと、木構造で階層化して、、、あるいはタブによる分類、、、といったかんじで考えがちですが、無限平面上に、コピーをいくつも作成して、好きな場所に投げておいて、それらをマグネットで自由自在に“まとめ”て、それぞれの目的に応じて編集して使っていく、、、というのは驚きの考え方。。。。 LoiLoScope は映像制作のアプリケーションですが、そこで採用されている UI、あるいはそこで提供しているユーザーエクスペリエンスは、映像制作にとどまらず、データ整理の新しい手法としてもとても魅力的でした。しかもそのアイディアが杉山さんご兄弟のコミュニケーションから生み出されているというのもすばらしいです。 是非インタビュー記事をお読みいただき、皆様も LoiLoScope を実際にインストールして使ってみてください。きっと新しい発見があると思います! (無償のパブリックベータをこちらからダウンロードいただけます) では!

0