これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ みっつめ

さて、みっつめにご理解いただきたい真実は、Windows Azure が “スケーラブル” なクラウド プラットフォームである、ということです。   漠然と、「クラウド=スケーラブル」という印象は持たれているかと思いますが、Windows Azure では、そもそもの Windows Azure の設計思想の根本からして、”スケーラビリティ” を追求した作りになっています。   具体的にどういうことなのか?   Windows Azure では、Windows Azure 上で稼動させるアプリケーションに対して、ある種の制約としての設計パターンを課しています。 【制約1】アプリケーションは Stateless な設計とする(アプリケーション側で “状態” 管理を行わない)。 【制約2】ユーザーからのリクエストを直接受け付けるフロント担当の “Web Role” とユーザーへの直接的なサービスは提供せず、間接的にバックエンドで処理を担当する “Worker Role” に分けてアプリケーションを構築する。   また実際の構築においては、Web Role と Worker Role は直接接続するのではなく(密結合とするのではなく)、メッセージングテクノロジー(たとえば、Windows Azure Storage Queue や、Windows Azure Service Bus の Queue や Topic など)や、ストレージサービス(Windows Azure Storage…


Windows Identity Foundation と ACS 用の新ツール ~ クラウドカバー Episode 72

今回のクラウドカバーは、Admiral Identity (アイデンティティ提督)こと、Vittorio を迎え、Windows Identity Foundation (略称 WIF。”ウィフ” と発音)に関するお話し。 なお、今回紹介する WIF は現在開発中の .NET Framework 4.5 用のもので、このバージョンから名前空間が Microsoft.IdentiryModel ではなく、System.IdentityModel に変更される(よりメジャーな存在になる、ってことですね)とのこと。 これで、ACS / WIF 統合なアプリを Windows Azure にデプロイした後に、Microsoft.IdentityModel の DLL を配置するのを忘れていて、再デプロイ、、、、ということがなくなりそうですね 🙂   いつものようにニュースから。 ◆ Updated Release of Windows Azure Toolkit for Windows 8 Consumer Preview Windows 8 の Consumer Preview のリリースに合わせてアップデートされた Windows Azure のツールキットです。 なお、現在 Windows…


これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ ふたつめ

Windows Azure を使っていただくうえで、知っておいていただきたいふたつめの真実は、Windows Azure が “セキュア” なクラウド プラットフォームである、ということです。   クラウド上で、アプリケーション(あるいはサービス)を稼働させる場合、利用するクラウドプラットフォームのセキュリティがどうなってるのかは一番気になるところ。   この点に関してまず知って頂きたいのは、マイクロソフトのオンラインサービス、具体的には MSN であるとか Bing、Windows Live や XBOX Live、あるいは Office 365  や Windows Azure といったサービスは、Global Foundation Services、通称 GFS と呼ばれるチームがその運用とインフラストラクチャの提供を一手に引き受けている、ということです。   この GFS は、マイクロソフトが初めてデータセンターを設立した 1989年に創設されたチームで、以後20年以上にわたり、マイクロソフトのデータセンターを守ってきました。特に、Hotmail などのオンラインサービスが本格化した 90年代中ごろからは、お客様から預かったデータを不正なアクセスからいかに防御するかを、様々な試行を行いながら運用の洗練を行ってきました。 現在 GFS では外部からの監査や、ISO 27001 などのルールを利用する一方で、独自のセキュリティのルールも活用しながらデータセンターのセキュリティ向上に努めています。たとえば、ISO 27001 で定められているセキュリティコントロールのうち、GFS のスコープで適用すべきものは約150程度あります。GFS ではこのルールだけでなく、独自で定めたルールを合わせおおよそ 300程度のセキュリティ コントロールを適用しています。 また、運用におけるコンプライアンスという点では、Payment Card Industry Data Security Standard、Media Rating Council、Sarbenes-Oxley、Health…


これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ ひとつめ

一昨日、昨日と東京にて開催されたマイクロソフトのイベント、Windows Developer Days にて、「これから Windows Azure を始める開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実」、というタイトルで Windows Azure のお話をさせていただきました♪   Windows Developer Days は有償(早期割引で2日間 60,000円)のイベントにもかかわらず、2000名を超えるの開発者の皆様に来場いただき、現在開発中の Windows 8 および Windows Server 2012 (開発コードでは “Windows Server 8” と呼ばれていた製品)を中心に、様々なマイクロソフトテクノロジーのセッションが実施されました。   さて、そんな中、「あっちの Windows」 こと Windows Azure の入門セッションを担当したわけですが、立ち見が出るほど多くのお客様に来場いただき恐縮次第。。。。。   Windows Azure の正式リリースから2年が過ぎたわけですが、継続的に Windows Azure に興味を持っていただける New な開発者の方がいらっしゃる、ということで、あらためてセッションの内容をベースに Windows Azure の紹介をさせていただきたいと思います♪     まず、Windows Azure について是非知って頂きたいのが、Windows Azure がとても簡単に、”イージー”…


Wenming Ye による HPC のための Windows Azure 活用 ~ クラウドカバー Episode 67 

今回の Cloud Cover は、Wenming Ye を交えて、High Performance Computing (HPC) な目的での Windows Azure 活用についてディスカッションします。   Wenming は Wade と同じチームの Technical Evangelist でこれまでに HPC 系のビジネスを担当しており、ここ最近 Windows Azure のチームに加わりました。最近では Windwos Azure Training Kit の HPC 関連のコンテンツ作成など担当しています。     では、いつものようにニュースから。 ◆ The Kinectonitor Kinect を使い、部屋に人が入ってきたときにその情報を Windows Azure Service Bus 経由で通知を行う仕組みの紹介です。   Web カメラではなく、Kinect を使用するポイントは、Kinect において人(スケルトン)の認識が可能な点。画像解析を独自に行わなくとも、Kinect SDK を使うことで、人の認識を行ってくれるので、無駄な通信を抑え、また応用部分に集中してシステムを組める、ってのが良いようです。 この Kinectonitor…


Windows Azure における OSS に対する取り組みと Service Bus の無償キャンペーン(2012/3/31 まで)

前回のポストにおいて Windows Azure のイベントを2つ紹介させていただきましたが、そのうちのひとつ、米国でおこなわれる(そして日本でもストリーミングで全セッション視聴可能な) Learn Windows Azure の開催にあわせ、Windwos Azure のアップデートが発表されています。   ここ最近、Inplace-Upgrade の改善や、ポータルの進化、開発機能の強化など、目覚ましいスピードで変化の続く Windows Azure ですが、今回の更新内容も盛だくさん。   せっかくなので、その中から一部抜粋で、ご紹介します。   Windows Azure SDK for Node.js—Expanding our support for more languages, we’ve introduced the Windows Azure SDK for Node.js. This download includes Node.js libraries for Windows Azure blob, table, and queue storage. It also includes Windows Azure…


Windows Azure Storage を利用した Windows Phone アプリケーションの開発~クラウドカバー Episode 66

  今回のクラウドカバーは、Windows Phone アプリケーションにおける Windows Azure Storage の活用についてです。 話す内容が多いためか、さくさく進みます!   まずはいつものようにニュースから。   ◆ Windows Azure Storage: A Highly Available Cloud Storage Service with Strong Consistency Windows Azure Storage チームに在籍する Distinguished Engineer な Brad Calder による Windows Azure Storage に関する論文の紹介です。 Windows Azure Storage のアーキテクチャや、設計の背景にある理論的な考え、実運用からのラーニングなどがまとめられています。   ◆ ISO 27001 eCertificate Windows Azure Platform が ISO 27001認証を取得しました。これは第3者審査機関(BSI)による電子形式の Certification…


Windows Azure Platform PowerShell Cmdlets 2.0 の紹介 ~ クラウドカバー Episode 60

  今回のクラウドカバーは Azure PowerShell コマンドレット 2.0 の紹介です。 ゲストは、CodePlex における Azure PoweShell コマンドレット プロジェクトのコーディネーターの一人である Michael Washam。     それではいつものように、ニュースから。   ◆ Now Available: Windows Azure Platform Training Kit – September 2011 Update and New Training Kit Web Installer Preview 最初のニュースは、Windows Azure の基本機能の解説、およびサンプルコード満載な HOL(Hands On Lab) コンテンツが詰まった Trainning Kit のアップデートについて。   主なポイントとしては、先日リリースされた最新の SDK 1.5 にむけてのコンテンツ更新となりますが、それに加え、Windows Azure AppFabric…


Windows Azure を使った Windows Push Notification Service の活用 ~ クラウドカバー Episode 59

今回のクラウドカバーでは、Windows Azure のエバンジェリスト Nick Harris をゲストに迎え、Windows Push Notification Service に関して議論します。     この放送が行われた前週は BUILD がおこなわれた、とあって取り扱う話題は盛りだくさん。ということで早速、いつものようにニュースから。   ◆ Windows Azure SDK 1.5 and the Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 Widndows Azure SDK 1.5 のリリースに関するお知らせです。 エミュレータの改善、プロファイリング機能の追加など、多くの機能強化が行われています。 また、Windows Azure AppFabric SDK もアップデートされています。   Web Platform Installer をご利用いただいていればAzure SDK および AppFabric SDK の両方とも簡単にインストールいただけますので、ぜひご利用ください。   ◆ Windows…


Windows Azure Toolkit for Android の紹介 ~ クラウドカバー Episode 58

さて、今回のクラウドカバーは、Windows Azure Toolkit for Android をメインに、Windows Azure Toolkit for Windows Phone、Windows Azure Toolkit for iOS を取り上げます。 これらの3つの Toolkit は、クラウドカバーの司会者である Wade がコアメンバーとして作成したツールであり、GitHub にてオープンソースとして公開されているツールです。     では、いつものようにまずはニュースから。   ◆ Just Released: Windows Azure Toolkit for Social Games Version 1.0 Nathan Totten が作成し、オープンソースとして CodePlex にて公開中の Windows Azure Toolkit for Social Games がバージョン 1.0 として正式にリリースされました。 このプロジェクトでは、Social Game で必要となる基盤機能を Windows…