これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ いつつめ

  さて、いつつめにお伝えしたい真実、それは Windows Azure が “PaaS” である、ということです。     PaaS とは、Platform as a Service(プラットフォームをサービスとして提供する)の略で、Windows Azure ではこれまでにお話しした障害からの自動回復や、セキュリティ、あるいはロードバランシングやスケールの仕組み、アプリケーション更新のための機能等、アプリケーションを稼働させるために必要となる様々な要件を “プラットフォーム” の機能として提供しています。この点が、他社が提供するクラウドサービスと一線を画する Windows Azure のユニークさであり、強みとなっています。   また、これまで紹介した機能以外にも、”PaaS” らしいサービスとして、レスポンスタイムを短くしたい、認証機能を付加したい、オンプレミスとのハイブリッドを構築したい、といったようなアプリケーション構築においてよくある要望に応える機能を提供しています。     まず、一つ目の「レスポンスタイムを短くしたい」といった要望。   これについては、コンピューティングサービス、およびストレージの最適化、といった正攻法以外に、ネットワーク的なレイテンシを解決することでレスポンスを早くする、という方法があります。   「ハイパフォーマンス Web サイト」(オライリージャパン ISBN 978-4-87311-361-6) においては、パフォーマンス改善の鉄則として、エンドユーザーへの応答時間のうちサーバーサイドで費やされる時間は 10% ~ 20% であり、残りの時間はコンポーネントのダウンロードに消費される(よって、クライアントサイドでのパフォーマンス改善が重要である)、という話が紹介されています。 実際にこのクライアントサイドでの時間(コンポーネントのダウンロードにかかる時間)の削減に関しては様々な手法があり、同書籍においていくつかの手法が紹介されていますが、それら手法の2番目に紹介されているのが CDN (Content Delivery Network)の利用です。 著者は Yahoo! のエンジニアとして、様々なパフォーマンス改善手法を提案していますが、CDN の利用に関しては、Yahoo! Shopping サイトの実績値として、おおよそ 20% のレスポンス向上効果があった、とあります。   この CDNですが、Windows…

0

Windows Identity Foundation と ACS 用の新ツール ~ クラウドカバー Episode 72

今回のクラウドカバーは、Admiral Identity (アイデンティティ提督)こと、Vittorio を迎え、Windows Identity Foundation (略称 WIF。”ウィフ” と発音)に関するお話し。 なお、今回紹介する WIF は現在開発中の .NET Framework 4.5 用のもので、このバージョンから名前空間が Microsoft.IdentiryModel ではなく、System.IdentityModel に変更される(よりメジャーな存在になる、ってことですね)とのこと。 これで、ACS / WIF 統合なアプリを Windows Azure にデプロイした後に、Microsoft.IdentityModel の DLL を配置するのを忘れていて、再デプロイ、、、、ということがなくなりそうですね 🙂   いつものようにニュースから。 ◆ Updated Release of Windows Azure Toolkit for Windows 8 Consumer Preview Windows 8 の Consumer Preview のリリースに合わせてアップデートされた Windows Azure のツールキットです。 なお、現在 Windows…

0

Steve Marx による Windows Azure デモ三昧 ~ クラウドカバー Episode 70

今回のクラウドカバーは、マイクロソフトの卒業が決まった Steve Marx による数々の秘蔵デモの紹介です。   マイクロソフト卒業後は、ポーカープレイヤーとしての夢を追い続ける、、、かどうかはさておき、いつものようにニュースから。   ◆ Get Started with Node.js + Windows Azure: Resources Windows Azure 上で Node.js を使った開発を行いたい、といったときに便利な各種情報です。 Windows Azure の Developer Center から入手できるリソースや、ブラウザで使える開発環境 Cloud9 を使った Azure 開発の情報、などなど。 また Steve が言及していますが、MongoDB に関しては、Node.js からだけでなく、C# を使っての利用も可能であるため、Azure 上で MongoDB を使ってみたい、という方にも参考になるかと思います。   ◆ Windows Azure Toolkit for Social Games Version 1.2.2 Released Nathon Totten による Social…

0

Windows Phone アプリにおける Push Notification の活用 ~ クラウドカバー Episode 64

  今回は Steve に代わって Ryan Dunn をゲストに迎え、Windows Phone アプリケーションにおける Push Notification 機能の活用についてディスカッションします。     まずはいつものようにニュースから。 ◆ New and Updated SQL Azure Labs Available Windows Azure Training Kit にて SQL Azure 関連のコンテンツが追加、更新されました。   新規に追加されたハンズオンラボは以下の通りです。 SQL Azure Data-tier Applications SQL Azure / SQL Server の相互運用を効率化する Data-tier Application Component(DAC) に関するハンズオンラボです。既存データベースのスキーマ、オブジェクトをスクリプト化し、構成管理を行ったり、他のデータベースインスタンスへの移行を支援します。 DAC は開発者が中心となり、DBスキーマ(とアプリケーション)の更新、または、オンプレミスとクラウドのDB移行や連携、を行う際にコアになる技術です。ぜひこの機会にハンズオンで DAC の概要をつかんでください。   SQL Azure Data…

2

Blob Share ~ Windows Azure を使ったセキュアなファイル共有 ~ クラウドカバー Episode 63

  今回のクラウドカバーは Wade 謹製の Windows Azure アプリケーション「Blob Share」。 実は既に Dog Fooding よろしく、マイクロソフトのクラウド軍団の情報共有の手段として利用されています。 ACS(Access Control Service)を利用したこのファイル共有のソリューション、CodePlex でコードが共有されていますので、実際にファイル共有の手段として使うもよし、ACS のサンプルとしてコードを読むもよし、ぜひご活用ください。     ではいつものようにニュースから。 ◆ How to Clean Up Old Windows Azure Diagnostics 最初のトピックは Windows Azure の診断(Diagnostic:ダイアグノスティック)ログの削除に関する David Aiken のブログ。 Windows Azure 管理用の PowerShell コマンドレット(cmdlet)を使用して、診断ログを削除するためのスクリプトと、その解説が行われています(Tip として、最後の削除を実行するコマンドをコメントアウトすることで、確認に使用する方法も紹介されています)。 診断ログを多用されている方は一度チェックしてみてください。   ◆ Windows Azure Toolkit for Windows Phone v1.3.1 Wade による Windows…

0

Windows Azure Platform PowerShell Cmdlets 2.0 の紹介 ~ クラウドカバー Episode 60

  今回のクラウドカバーは Azure PowerShell コマンドレット 2.0 の紹介です。 ゲストは、CodePlex における Azure PoweShell コマンドレット プロジェクトのコーディネーターの一人である Michael Washam。     それではいつものように、ニュースから。   ◆ Now Available: Windows Azure Platform Training Kit – September 2011 Update and New Training Kit Web Installer Preview 最初のニュースは、Windows Azure の基本機能の解説、およびサンプルコード満載な HOL(Hands On Lab) コンテンツが詰まった Trainning Kit のアップデートについて。   主なポイントとしては、先日リリースされた最新の SDK 1.5 にむけてのコンテンツ更新となりますが、それに加え、Windows Azure AppFabric…

0

赤シャツ Scott Guthrie、Windows Azure を語る ~ クラウドカバー Episode 53

みなさん、こんにちは。 さて、今回のクラウドカバーは ASP.NET/Silverlight などの開発リードのポジションから、Azure のアプリケーションプラットフォームの開発リードに移動した Scott Guthrie (Corporate Vice President)をゲストに迎えて Azure トーク。 Scott Guthrie は今回もいつもの赤いポロシャツで登場。   では、いつものようにニュースから。 ◆ Windows Azure Toolkit for iOS Now Supports the Access Control Service iOS アプリケーションにおいて Windows Azure を活用するための Toolkit のアップデートです。 Windows Phone 用の Windows Azure Toolkit でもおなじみ(?)の Access Control Service を活用するための機能が強化され、ウィザードベースで Access Control Service を利用した認証基盤との統合が可能になっています。 ちなみにこの Toolkit、先日来日し開発者向けセッションを行った Simon Guest…

0

Windows Phone 7 における Access Control Service の活用 ~ クラウドカバー Episode 49

  今回紹介する Coud Cover Show は、Windows Phone 7 において Access Conttrol Service (ACS) を利用するためのツールキット、Windows Azure Toolkit for Windows Phone 7 の紹介です。 なお今回も Wade はお休みで、キャプテン アイデンティティこと Vittorio が代打を務めます。     冒頭、Vittorio がロールを変えて、開発チームに行く、という話が。といっても、引き続きアイディティ関連の技術を担当するようです。   ということで、いつものようにまずはニュースから。   ◆ New Windows Azure Traffic Manager Features Ease Visibility Into Hosted Service Health Windows Azure 系の技術ブログが統合され、Windows Azure のワンストップ情報源として生まれ変わった(?)Windows Azure ブログ。 その中から、Traffic…

1