これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ 8つめ

  “これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい” 真実も、いよいよ最後の8つめ。 最後の真実は、Windows Azure が “Start Now” な感じで、気軽に始めていただくことのできるクラウドプラットフォームである、ということです。     Windows Azure は、むっつめの真実である ”オープン”、で紹介させていただいたように、.net をはじめ、PHP や Java、node.js など様々な言語で利用いただくことができ、これまでの開発で培ったスキルを活かして、”スケーラブル” なクラウド プラットフォームを容易(”イージー”)に利用いただくことが可能になっています。     そんな Windows Azurre ですが、気軽に始めていただけるように、無料の90日お試しを用意しています。 無料のお試し利用では、コンピューティングインスタンス一つ(Small サイズ)と容量 1GB のSQL Azure、20GB の Windows Azure Storage を利用いただくことが可能です(コンピューティングインスタンスは月間750時間までの上限付になりますが、これはおおよそ Small インスタンス一つを1か月ずっと使用し続ける時間に相当します)。 無料お試しの申し込み方法、手順は以下のサイトを参照ください。 https://aka.ms/free-azure   次に、開発環境に関しても、Visual Studio 2010 を既にお持ちであればその環境を、お持ちでない場合も無償の Visual Web Developer 2010 Express…

0

これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ ななつめ

  Windows Azure について知って頂きたい真実、ななつめは、Windows Azure が “進化” し続けるクラウド プラットフォームである、という事です。     Windows Azure が正式に公開されてから2年が経過しますが、その間にもサービスの追加、強化が行われてきました。 また、現在も様々な機能の追加予定があり、一部の機能はプレビュー版という位置づけで公開もされています。   例えば、Web Role、Worker Role に続く、”第3の Role” として、VM Role がベータとして公開されています。 VM Role は、Hyper-V 上で用意した仮想マシン(Virtual Machine)のイメージを利用し、Windows Azure 上で動作するフルカスタマイズな Role イメージを用意する機能です。   Web Role や Woker Role においてもスタートアップタスクなどを使用することで様々なカスタマイズが可能ですが、あらかじめ必要なアプリケーションのインストール、設定を行った仮想マシンのイメージを利用することで、インスタンスの立ち上げごとに(スタートアップタスクで)アプリケーションのインストール、設定を実行する必要がなくなります。   一方で、VM Role では、OSのメンテナンスは開発者の役割となります(Web Role や Worker Role では OS のメンテナンスは Windows Azure の基本機能として含まれるので、開発者が実施する必要はありません)ので、用途に応じて利用いただく形になるかと思います。  …

0

これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ むっつめ

  Windows Azure に関するむっつめの真実。 それは、Windows Azure が “オープン” なクラウドプラットフォームである、ということです。       Windows Azure は “Windows” という名前を関するクラウドプラットフォームとして、既存の Windows エコシステムの中で培われた相互運用性(Interoperability) を保ちつつ、クラウドとしてのメリットを享受いただけるプラットフォームになっています。 例えば、Windows Azure の Web サイトにおいて、「開発」の情報を選んでいただくと、そこには .net だけでなく、node.js や java、php といった開発言語(フレームワーク)がリンクされており、それぞれの開発言語を用いて Windows Azure を効果的に使用できる各種ツールや、情報が用意されています。     また、デバイス用のライブラリーとして、主要なスマートフォン プラットフォームにおいて利用いただける Toolkit が用意されています。これら Toolkit を利用いただくと、それぞれのプラットフォームにおいてネイティブなアプリケーションを構築する際に、Windows Azure を利用したアプリケーションを効率的に構築いただくことが可能になります。 Windows Azure Toolkit for Windows Phone Windows Azure Toolkit for iOS Windows…

5

これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ いつつめ

  さて、いつつめにお伝えしたい真実、それは Windows Azure が “PaaS” である、ということです。     PaaS とは、Platform as a Service(プラットフォームをサービスとして提供する)の略で、Windows Azure ではこれまでにお話しした障害からの自動回復や、セキュリティ、あるいはロードバランシングやスケールの仕組み、アプリケーション更新のための機能等、アプリケーションを稼働させるために必要となる様々な要件を “プラットフォーム” の機能として提供しています。この点が、他社が提供するクラウドサービスと一線を画する Windows Azure のユニークさであり、強みとなっています。   また、これまで紹介した機能以外にも、”PaaS” らしいサービスとして、レスポンスタイムを短くしたい、認証機能を付加したい、オンプレミスとのハイブリッドを構築したい、といったようなアプリケーション構築においてよくある要望に応える機能を提供しています。     まず、一つ目の「レスポンスタイムを短くしたい」といった要望。   これについては、コンピューティングサービス、およびストレージの最適化、といった正攻法以外に、ネットワーク的なレイテンシを解決することでレスポンスを早くする、という方法があります。   「ハイパフォーマンス Web サイト」(オライリージャパン ISBN 978-4-87311-361-6) においては、パフォーマンス改善の鉄則として、エンドユーザーへの応答時間のうちサーバーサイドで費やされる時間は 10% ~ 20% であり、残りの時間はコンポーネントのダウンロードに消費される(よって、クライアントサイドでのパフォーマンス改善が重要である)、という話が紹介されています。 実際にこのクライアントサイドでの時間(コンポーネントのダウンロードにかかる時間)の削減に関しては様々な手法があり、同書籍においていくつかの手法が紹介されていますが、それら手法の2番目に紹介されているのが CDN (Content Delivery Network)の利用です。 著者は Yahoo! のエンジニアとして、様々なパフォーマンス改善手法を提案していますが、CDN の利用に関しては、Yahoo! Shopping サイトの実績値として、おおよそ 20% のレスポンス向上効果があった、とあります。   この CDNですが、Windows…

0

これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ よっつめ

  よっつめにお伝えしたい真実は、Windows Azure は開発者の皆様が構築されたアプリケーションの稼働を支える、“ノンストップ” のための仕組みを用意したクラウドプラットフォームである、という事です。       例えば、ストレージサービスにおいては、リレーショナルな SQL Azure、KVS な Windows Azure Storage ともに冗長構成がとられています。   前者の SQL Azure に関しては前回書いたように、そもそも3つのデータベースインスタンスによって稼働しており、あるインスタンスに不調があったとしても残りのインスタンスにより一貫性を確保するアーキテクチャとなっています。   また、後者の Windows Azure Storage に関しては、データセンター間でのデータ同期が行われています(”Geo-Replication” (ジオ レプリケーション) と呼ばれる機能)。   具体的には同一リージョン内(同一地域内)にあるデータセンター間でのデータ同期が行われています。Windows Azure では、”リージョン” としては、米国、欧州、そしてアジアの3つのリージョンがあります。 “アジア リージョン” (アジア地域)であれば、2か所のデータセンター、すなわち、”East Asia” と “Southeast Asia” のデータセンターがありますが、このデータセンター間で “Geo-Replication” による同期が行われています。       また、コンピューティングサービスに関しては、2インスタンス以上の稼働が条件になりますが、サービス レベル アグリーメント(SLA)として、月間 99.95% の稼働率を保証しています。 もし、実際のコンピューティングサービスの稼働率が、この数値を下回った場合には、「コンピューティング SLA」の内容に基づき、サービスクレジットとして月間の請求金額から一定割合の返金が行われます。…

0

これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ みっつめ

さて、みっつめにご理解いただきたい真実は、Windows Azure が “スケーラブル” なクラウド プラットフォームである、ということです。   漠然と、「クラウド=スケーラブル」という印象は持たれているかと思いますが、Windows Azure では、そもそもの Windows Azure の設計思想の根本からして、”スケーラビリティ” を追求した作りになっています。   具体的にどういうことなのか?   Windows Azure では、Windows Azure 上で稼動させるアプリケーションに対して、ある種の制約としての設計パターンを課しています。 【制約1】アプリケーションは Stateless な設計とする(アプリケーション側で “状態” 管理を行わない)。 【制約2】ユーザーからのリクエストを直接受け付けるフロント担当の “Web Role” とユーザーへの直接的なサービスは提供せず、間接的にバックエンドで処理を担当する “Worker Role” に分けてアプリケーションを構築する。   また実際の構築においては、Web Role と Worker Role は直接接続するのではなく(密結合とするのではなく)、メッセージングテクノロジー(たとえば、Windows Azure Storage Queue や、Windows Azure Service Bus の Queue や Topic など)や、ストレージサービス(Windows Azure Storage…

0

これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ ふたつめ

Windows Azure を使っていただくうえで、知っておいていただきたいふたつめの真実は、Windows Azure が “セキュア” なクラウド プラットフォームである、ということです。   クラウド上で、アプリケーション(あるいはサービス)を稼働させる場合、利用するクラウドプラットフォームのセキュリティがどうなってるのかは一番気になるところ。   この点に関してまず知って頂きたいのは、マイクロソフトのオンラインサービス、具体的には MSN であるとか Bing、Windows Live や XBOX Live、あるいは Office 365  や Windows Azure といったサービスは、Global Foundation Services、通称 GFS と呼ばれるチームがその運用とインフラストラクチャの提供を一手に引き受けている、ということです。   この GFS は、マイクロソフトが初めてデータセンターを設立した 1989年に創設されたチームで、以後20年以上にわたり、マイクロソフトのデータセンターを守ってきました。特に、Hotmail などのオンラインサービスが本格化した 90年代中ごろからは、お客様から預かったデータを不正なアクセスからいかに防御するかを、様々な試行を行いながら運用の洗練を行ってきました。 現在 GFS では外部からの監査や、ISO 27001 などのルールを利用する一方で、独自のセキュリティのルールも活用しながらデータセンターのセキュリティ向上に努めています。たとえば、ISO 27001 で定められているセキュリティコントロールのうち、GFS のスコープで適用すべきものは約150程度あります。GFS ではこのルールだけでなく、独自で定めたルールを合わせおおよそ 300程度のセキュリティ コントロールを適用しています。 また、運用におけるコンプライアンスという点では、Payment Card Industry Data Security Standard、Media Rating Council、Sarbenes-Oxley、Health…

0

これから Windows Azure を始める 開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実 【Reloaded】~ ひとつめ

一昨日、昨日と東京にて開催されたマイクロソフトのイベント、Windows Developer Days にて、「これから Windows Azure を始める開発者の皆様に知っていただきたい 8 つの真実」、というタイトルで Windows Azure のお話をさせていただきました♪   Windows Developer Days は有償(早期割引で2日間 60,000円)のイベントにもかかわらず、2000名を超えるの開発者の皆様に来場いただき、現在開発中の Windows 8 および Windows Server 2012 (開発コードでは “Windows Server 8” と呼ばれていた製品)を中心に、様々なマイクロソフトテクノロジーのセッションが実施されました。   さて、そんな中、「あっちの Windows」 こと Windows Azure の入門セッションを担当したわけですが、立ち見が出るほど多くのお客様に来場いただき恐縮次第。。。。。   Windows Azure の正式リリースから2年が過ぎたわけですが、継続的に Windows Azure に興味を持っていただける New な開発者の方がいらっしゃる、ということで、あらためてセッションの内容をベースに Windows Azure の紹介をさせていただきたいと思います♪     まず、Windows Azure について是非知って頂きたいのが、Windows Azure がとても簡単に、”イージー”…

0