リアルタイム プロジェクト マネジメント ~ Visual Studio ソリューションシナリオ

<< ”Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ” では、開発現場における様々な課題を Visual Studio 2012 によってどのように解決できるのかを紹介いたします。>> ソフトウェア開発は顧客との共同作業であるとともに、開発チームのメンバー同士の共同作業でもあります。 要件を細分化し、各開発者にそれぞれのタスクを割り振る場合であっても、最終的なゴールである「顧客の喜び(Customer Delight)」を実現するためには開発者同士の協力が重要です。また、近年では「コードの共同所有」がより一般的になり、チームメンバー全員がコード全体に責任を持ち、自分が主担当でないコードに関しても臨機応変に変更、修正を行う体制が求められています。   今回のソリューションシナリオでは、顧客の要求に対してより柔軟に素早く対応できる理想的なチーム開発を目指すさいに重要となるプロジェクト マネジメントの取り組みにおいて、Visual Studio が提供するプロジェクト状況の可視化機能を活用し、リアルタイム プロジェクト マネジメントを実践するための方法を紹介します。   チーム開発においてよりよいプロジェクト マネジメントを行おうと思った際に、以下のような課題があります。   開発者に割り振ったタスクとその見積もりが適切な分量であったかが判断しづらい   チーム全体の進捗を可視化しようと情報を集めようとすると、メンバー個々人に大きな負荷がかかるうえに、個々人の判断基準が統一されていないために集まった情報の信頼性が十分に確保できない。   開発プロジェクトの途中でリソース見直しの一環としてチームメンバーの配置変更を行いたい場合に、プロジェクトマネージャーとチームリーダーの勘に頼りがちになってしまう。   プロジェクトマネージャーは、開発者の貴重な時間を「コード開発」に充て開発を進めたい一方で、より正確な「プロジェクト状況の可視化」のために報告作業を詳細に行わせたい、という2つの異なる作業のバランスを取りながらプロジェクト運営を行うことが求められます。   よりよいプロジェクトマネジメントの実践のために、以下のことを心掛けましょう。   開発の速度を早期に把握し、タスクの見積もりやリリース計画を見直そう 「見積もり」は開発プロジェクトの中でも非常に困難な作業の一つです。 見積もりの精度を上げる手法としては、実施すべき作業を予測可能なサイズまで細分化する、プランニング ポーカーや壁の見積もりを使用しチーム メンバー全員の知識や経験を活用しながら見積もる、といった方法があります(プランニング ポーカーや壁の見積もりに関しては「見積もり」を参照ください) 開発プロジェクトが開始されると、さらに現在のメンバーの「見積もりの癖」(過大に見積もる傾向があるのか、過少に見積もる傾向にあるのか)や、実測値としての開発速度を知ることができるようになります。 プロジェクト マネージャーは、早期にこれらの情報を把握し、プロジェクト運営に変更の必要がある場合にはより早く対応を行うことを心がけましょう。   顧客の価値を中心に、シンプルで統一された報告基準を定めよう 進捗確認のための負荷が大きすぎて、開発作業に支障があるようではよりよいプロジェクトマネジメントは実現できません。一方で、進捗確認の負荷が小さくても、開発者個々人で報告基準が異なっていると、プロジェクトマネージャーが正確に状況を把握することはできません。 コードの行数は一つの目安にはなりますが、「顧客への価値提供」を重視する近年の開発では、”顧客要件” あるいは “プロダクト バックログ” や “顧客視点で定められたテスト項目” 等をプロジェクト進捗の基準とするのがよいでしょう。 プロジェクトマネージャーは、こららの視点で開発者がよりシンプルに進捗報告ができる仕組みを考え、提供しましょう。  …

0