コード品質の向上(その1)~ Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ

<<クロスポスト:この Blog は、「Visual Studio 日本チーム Blog」へ投降した「コード品質の向上(その1)~ Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ」と同内容のクロスポストです。>> << ”Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ” では、開発現場における様々な課題を Visual Studio 2012 によってどのように解決できるのかを紹介いたします。>>   開発プロジェクトにおける最大の成果物は “動くソフトウェア” であり、またその “ソースコード” でもあります。 一方で全く同じように “動くソフトウェア” であったとしても、「ユーザーからのフィードバックを受け、継続的に価値を提供し続けていく」という視点で考えた際に、メンテナンスが容易な “ソースコード” と、冗長なコードが多かったり、メソッド名がわかりづらい “ソースコード” では、ソフトウェアのライフサイクルを勘案した時に前者のほうがより価値があるのは明らかです。 今回のソリューションシナリオでは、「コード品質の向上 ~その1~」と題して、ソースコードの品質を向上し、よりメンテナンス性の高いコードを書くための Visual Studio 2012 の支援機能を紹介します。   開発チームにおいてコードのメンテナス性に関する取り組み姿勢や基準を共有しないままプロジェクトを進めてしまうと、以下のような問題が発生します。 チームメンバーそれぞれが勝手な命名規則や、独自のコーディングルールに基づいてコードを書いてしまい、プロジェクト全体としてのまとまりがなくなってしまう。また、そのためにコードの可読性が大幅に落ちてしまう。   メンバーによって「メンテナンス性」、に対する意識が異なるために、チーム全体としての基準があいまいになってしまう。またプロジェクトが進むにつれ、どうしても「甘い」基準に引きずられてしまう。   場当たり的なコーディングにより、コピー&ペースト等で似たようなコードが散在してしまい、問題が発生した際に修正個所が複数個所にまたがってしまう。   開発プロジェクトにおいてはアプリケーションのライフサイクルの観点から長期的な視野に立ち、メンテナンス性もソフトウェアの品質の一部であるととらえ、コードの品質を向上させることが重要になります。   コードのメンテナンス性、品質に関する課題に対し、以下のようなプラクティスを推進することで、コードの品質の向上への取り組みを進めることが可能です。   コーディング規則やコーディングのプラクティスを活用しよう チームで開発を行う場合、それぞれの開発者が自分の基準で命名を行ったり、コードの見た目を変更したりすると、コード全体としての統一性がかけてしまい、保守性が犠牲になってしまいます。コードの共同所有を進め、チーム全員でコードのメンテナンスがスムーズに行えるよう、標準的なコーティング規則を定めておきましょう。 また、過去の経験から得られた知識や守るべきガイドラインをまとめておき、共有することでチーム全体でのコード品質に対する意識やナレッジを高めましょう。 例えば、MSDN…

0