受け入れテストのリスクコントロール~Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ

<<クロスポスト:この Blog は、「Visual Studio 日本チーム Blog」へ投降した「受け入れテストのリスクコントロール~Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ」と同内容のクロスポストです。>>   << ”Visual Studio 2012 ソリューションシナリオ” では、開発現場における様々な課題を Visual Studio 2012 によってどのように解決できるのかを紹介いたします。>>   ソフトウェア開発において、受け入れテストがなぜ重要なのでしょうか?   受け入れテスト、は開発チームが実施してきた開発プロセス~要求定義、開発、そしてテスト~の最後の活動として、ユーザーによって実施される活動です。受け入れテストが完了することにより、開発チームの努力が具体的なものとして認められ、そしてその価値をユーザーに届けることができる、重要な区切りとなるのです。   このソリューション シナリオでは、受け入れテストにおけるリスクコントロールのためにどのようなプラクティスがあり、Visual Studio 2012 がどのようにその実践を支援するのかを紹介します。   受け入れテストにおけるビジネス上の課題、リスクにはどのようなことがあるのでしょうか? 例えば、以下のようなことが起こりがちです。   要求で明示されていない事柄に対する期待値と実現内容のギャップが存在する(例:表形式の一覧情報の表示画面において、任意の項目をキーにしたソートができない、等必要な機能が実装されていない)   要求と実際の開発のギャップに開発後期で気づくため、スケジュール的に後戻りできず、また責任の所在もあいまいなまま不十分なソフトウェアを受け入れてしまう。   これらの原因の一つは「あいまいな要求」によって引き起こされます。   「ソフトウェア開発」は、ユーザーと開発チームの共同作業であり、その認識を如何にすり合わせることができるか、が成功のカギを握っています。 「あいまいな要求」をそのまま放置し、お互いに「行間を読む」ことで、自身に都合のよい内容を「期待」しつつ、ギャップを埋める努力をせずに開発を進めていると、受け入れテスト間際や、あるいは受け入れテストのその瞬間に、ギャップが顕在化し、問題になってしまうのです。   このような問題を解決し、受け入れテストにおけるリスクをコントロールするための本質的な方法は、ユーザーと開発チーム(および、関連するその他の関係者)の認識を早期からすり合わせ、ギャップの顕在化を早めに行うことです。 これを実現するための代表的なプラクティス(行動)として、以下のような項目が挙げられます。   早期から、頻繁にユーザーを巻き込み、要求の定義と検証を段階的に行おう。 「あいまいな要求」への対策としてはいくつかの方法が考えられますが、「ユーザーを巻き込む」というのが最も本質的で、かつ効果的な対策といえるでしょう。 もし、「顧客があまりに多忙で、そもそもこのソフトウェアを「なぜ作らねばならないのか」といったプロジェクトの本質を説明する時間すらさけぬだと知ったら、本来そんなソフトウェアは作られるべきではない」のです(※)。まずは、開発の予算だけでなく、プロジェクトに関わろうとするコミットをユーザーから得ましょう。そして、要求定義を一度だけ行うのではなく、プロジェクトのチェックポイントを設定し、段階的に要求の定義と検証を行うようにしましょう(アジャイルプロジェクトであればイテレーションやデリバリーごとに。ウォーターフォール型であっても各フェーズ毎に見直すことは可能です)。 ※ 「アジャイルサムライ ― 達人開発者への道」 ISBN978-4-274-06856-0 P.70…

0

日本マイクロソフト 大手町オフィスにおける開発者向けセミナーのご紹介

  今回は、日本マイクロソフトの大手町オフィスにおけるセミナーのご紹介です。   ご存知の方もいらっしゃるかとはおもいますが、日本マイクロソフトでは、2年前に東京都内にて分散していたオフィスを集約し、品川オフィスへの移転を行いました。   そんな中、開発拠点でもある調布オフィスとともに、品川に統合されずに残ったのが、大手町のオフィス、通称「大手町テクノロジーセンター」(OTC)です。   この大手町オフィスには、マイクロソフト イノベーション センター(MIC) があり、検証用のデータセンター施設や、トレーニング用の施設などが完備されています。         ということで、今回のエントリの本題なのですが、この MIC においては開発者の皆様のスキルアップを目的に、セミナーやハンズオンラボが開催されています(前置きが長くなったのは、品川オフィスと間違えられるといけないので、大手町を強調したかったためです 🙂 )。   今月&来月の開催では、C# の入門コースや、LINQ プログラミングのコース、XAMLプログラミング(基礎編と応用編)といった開発者としての基礎体力作りに役立ちそうなコースをはじめ、Windows 8 アプリケーション開発のためのコース(UI編と機能編)、あるいは Kinect for Windows のコースなど、豊富なメニューで展開しています。   一部半日のコースもありますが、ほとんどが1日のコースで、しかも無償で参加いただけるセミナーですので、開催内容と日程がマッチするようであれば、ぜひ参加ください!!     <<スキルアップ カリキュラムのページ>>     それでは!

0

2012 年 Cloud Cover ベスト映像集 ~ クラウドカバー Episode 97

  Windows Azure の最新情報と開発担当者らによる詳細な技術解説が好評の Cloud Cover Show。   新年初の Cloud Cover となる Episode 97 は、Cloud Cover の 2012 年ベスト映像集!         2012年に Microsoft を卒業した Cloud Cover Show 創設メンバーの Ryan、Steve、そして Wade の名場面を皮切りに、彼らの卒業後の気になる行方、、、、     そして、現在のメイン担当 Nick と Nathan の活躍を振り返ります。     新年ということで、笑顔を中心に。   皆様にとって、2013 年が素晴らしい年でありますように!     Enjoy Cloud Cover and Windows Azure 🙂

0