赤シャツ Scott Guthrie 再び ~ Windows Azure SDK 1.6 を語る ~ クラウドカバー Episode 65

今回のクラウドカバーは Scott Guthrie (スコット ガスリー)をゲストに迎え Windows Azure SDK についてディスカッションします。 Scott Guthrie は、メールアドレス(MS社内ではアリアス(alias)と呼ぶ)が、ScottGu と綴るため、”スコット グー”、あるいは “グー” と呼ばれたりもします。もともとは ASP.NET の立ち上げチームの一人で、後に ASP.NET の開発責任者を担当し、その後 IIS や Silverlight など Web テクノロジー全般の開発責任人者を歴任。現在は Azure の開発プラットフォームに関する開発チームの責任者です。   ちなみに日本初登場は Visual Studio 2008 のローンチイベント。その際の様子&詳しい経歴はこちらのページを参照ください(なお、このイベントでも彼のトレードマークである「赤シャツ」の準備があったのですが、”日本”でのイベント、ということで赤シャツではない登壇になったのでした)。   では最初にニュースから。   ◆ Using Scala and the Play Framework in Windows Azure Steve のブログから、Scala と Play Framework を Windows Azure…

0

Windows Phone アプリにおける Push Notification の活用 ~ クラウドカバー Episode 64

  今回は Steve に代わって Ryan Dunn をゲストに迎え、Windows Phone アプリケーションにおける Push Notification 機能の活用についてディスカッションします。     まずはいつものようにニュースから。 ◆ New and Updated SQL Azure Labs Available Windows Azure Training Kit にて SQL Azure 関連のコンテンツが追加、更新されました。   新規に追加されたハンズオンラボは以下の通りです。 SQL Azure Data-tier Applications SQL Azure / SQL Server の相互運用を効率化する Data-tier Application Component(DAC) に関するハンズオンラボです。既存データベースのスキーマ、オブジェクトをスクリプト化し、構成管理を行ったり、他のデータベースインスタンスへの移行を支援します。 DAC は開発者が中心となり、DBスキーマ(とアプリケーション)の更新、または、オンプレミスとクラウドのDB移行や連携、を行う際にコアになる技術です。ぜひこの機会にハンズオンで DAC の概要をつかんでください。   SQL Azure Data…

2

Blob Share ~ Windows Azure を使ったセキュアなファイル共有 ~ クラウドカバー Episode 63

  今回のクラウドカバーは Wade 謹製の Windows Azure アプリケーション「Blob Share」。 実は既に Dog Fooding よろしく、マイクロソフトのクラウド軍団の情報共有の手段として利用されています。 ACS(Access Control Service)を利用したこのファイル共有のソリューション、CodePlex でコードが共有されていますので、実際にファイル共有の手段として使うもよし、ACS のサンプルとしてコードを読むもよし、ぜひご活用ください。     ではいつものようにニュースから。 ◆ How to Clean Up Old Windows Azure Diagnostics 最初のトピックは Windows Azure の診断(Diagnostic:ダイアグノスティック)ログの削除に関する David Aiken のブログ。 Windows Azure 管理用の PowerShell コマンドレット(cmdlet)を使用して、診断ログを削除するためのスクリプトと、その解説が行われています(Tip として、最後の削除を実行するコマンドをコメントアウトすることで、確認に使用する方法も紹介されています)。 診断ログを多用されている方は一度チェックしてみてください。   ◆ Windows Azure Toolkit for Windows Phone v1.3.1 Wade による Windows…

0

Christian Liensberger と語る Windows Azure Marketplace ~ クラウドカバー Episode 62

さて、今回のクラウドカバーは、ハワイ休暇でココロがまだ Redmond に戻ってきていない Wade に代わり、Windows Azure Marketplace の Program Manager (開発チームのメンバー)である Christian Liensberger をゲストに、Steve と2人で進めます。   まずはいつものようにニュースから。   ◆ Announcing Improved In-place Updates 一つ目のニュースは In-Place-Update の改善について。 運営中の Web サービスの更新には、ステージングと本番環境のIP割り当てをスワップ(交換)することにより、ダウンタイムなしでサービス更新を行う「VIP(Virtual IP) スワップ」と、今回のニュースのトピックである In-Place-Update があります。 In-Place-Update は本番環境で稼働中のサービスを、インスタンスごとに適宜アップグレードしていくことにより、徐々にサービスの更新を行う方法です。 ただ In-Place-Upgarade では、若干の制約があり、インスタンスサイズの変更や、エンドポイントの変更などが発生する場合に使用できませんでした。例えば、リモートデスクトップ接続を有効にしたい、と思った場合、エンドポイントの変更が発生するため、VIP スワップでの更新が必要だったりしたのです。 今回の In-Place-Update の更新でこういった制約条件が緩和されたことにより、より広いシナリオで In-Place-Update を利用いただくことが可能になっています。 運営中のサービス更新においては重要な話題となります。詳しくは表記のブログエントリを参照ください。   ◆ Windows Azure DevCamp in Silicon Valley Windows Azure…

0

データベースの SQL Azure への移行と更新 ~ クラウドカバー Episode 61

MSDNの Channel9 における人気番組 Cloud Cover。 今回はいつもの Wade と Steve に加え、SQL Server / Azure のエバンジェリスト Roger Doherty をゲストに迎え、オンプレミスな SQL Server から SQL Azure への移行と、データベースの更新の方法についてお届けします。     まずはいつものようにニュースから。 ◆ Our Datacenters are Awesomeness in a Box 「うちのデータセンターは “Awesomeness(すごい)” が詰まっているんだぜ」、といった感じで、マイクロソフトのクラウドサービスの基盤となるデータセンター自慢(?)のブログエントリー(ビデオが中心)。 ちなみに、マイクロソフトの Windows Azure や O365、あるいは Windows Live といったクラウドサービスの基盤は、Global Foundation Service (GFS) という部門が担当しています。   ◆ Blob Download Bug in…

0