商用サービスが始まる前に Windows Azure を楽しもう! ~ Cloud Bootstrap × Cloud Bootstrap ~

さて、PDC09 の開催が近づくと同時に マイクロソフトの新しいプラットフォーム、Windows Azure の商用サービス開始も近づいてきました。 すでに Windows Azure の CTP に参加いただいている皆様であれば、CTP チームからのメールで(砂金のBlogも参照ください)ご存知かと思いますが、Windows Azure のサービスは、2009年12月末までを CTP (評価期間。無償で提供)とし、また 2010年1月に関しては、商用のサービスとして提供しながらも、課金については $0 でのサービス提供を行わせていただく予定になっています。 大事な話なので、もう一度。 Windows Azure のCTP(評価期間)は 2009年12月末まで。 2010年1月からは商用サービスとして開始するけれど、1月の請求に関しては $0 で請求。 です。 そう、つまり Windows Azure を無償で使っていただくのは、今がチャンス! ということで、皆様の Windows Azure アプリケーション開発を支援するため、2つのキャンペーンを実施中です。 1つ目: 無償のハンズオンラボセミナー 「Cloud Bootstrap セミナー&ハンズオンラボ」 マイクロソフトが最近オープンした、新しいオフィス(大手町オフィス)にて実施する、ハンズオンラボです。 あらかじめ用意させていただいている開発環境(Windows 7 + Visual Studio 2008 + 必要な開発環境)を使って、2時間の演習で Windows Azure のアプリケーション開発から、実際の公開までを体験いただけます。 Windows Azure のCTPにおいては、トークンの発行(CTPのサービスを利用するためのチケットのようなもので、アプリケーションの公開を行う際に必要です(※))が必要で、通常は申し込みから何日かお待ちいただくことになるのですが、今回のハンズオンラボでは、参加者の皆様にその場でトークンを提供させていただき、その場でアプリケーションの公開を行っていただけます!…

0

VSS 大好き!なあなたにも ~ Team Foundation Server ”簡易版”

Team Foundation Server の開発チームの責任者 Brian Harry (※1) が下記のブログエントリでアナウンスしているとおり、現在次期バージョンの 2010 のリリースにおいて、”簡易版”の TFS のリリースが予定されています。 http://blogs.msdn.com/bharry/archive/2009/10/01/tfs-2010-for-sourcesafe-users.aspx この”簡易版” のTFSを利用すると、主にソースコード管理と、バグトラッキング、そしてビルド機能を利用いただけます。 しかも、このTFSのインストール、クライアントOSへのインストールもOKです。(※2) そして、インストールも楽です(もっともフルバージョンの TFS2010 でもインストールは結構楽になっていますが)。  重要なポイントを簡単に整理すると、 ① 使える機能:コード管理、バグトラック、ビルド ② 使えない機能: SharePoint を使った共有サイト、レポーティング機能 ③ インストールはクライアントOSでもOK。インストールはとても楽。(DBには SQL Express 使用) ④ 価格、リリースは未定。2010 の Beta 2 リリース時に初の評価リリース予定 といった感じです。 ライトな感じでTFSを自分のPCに入れて、コード管理と、自動ビルドを使いたい!、というニーズにぴったり、ではないでしょうか? ということで、Brian のエントリのタイトルにもありますが、VSS ユーザーにぜひ使っていただきたいTFSでもあります。 まずは、Beta 2 での評価版リリースをお待ちください!   ※1 ついでに、Brian Harry は VSS の開発者でもあります(後にMicrosoft に買収)。そして、現在でも Redmond ではなく、North Carolina…

0

Tech・Ed Bof 会場の盛り上がりを再現 ~ "Web Form" vs "MVC"

先週はマイクロソフトにおける最大級のイベントの一つである Tech・Ed 2009 がひらかれていたのですが、その中で Bof として実施させていただきました 「ASP.NET Web Form vs ASP.NET MVC」のセッションレポートが CodeZine でさっそく公開されています!  「ASP.NET Web Form」か「ASP.NET MVC」か?.NETによるWebアプリ開発の今を徹底討論 執筆者は、当日のBof で司会をされた ナオキさんです。 当日も非常に盛り上がったBofセッションでしたが、改めて文章で読んでも参考になります。 Web Form と MVC は 「Web アプリケーション開発のためのフレームワーク」 という点では同じですが、その性格(設計思想)はまったく異なっています。どちらが良い技術であるか、ということではなく、その性格を理解したうえで、使いこなしていただくのがよいかと。 ということで、「ASP.NET MVC」 まだ使ってない、という方は、ぜひ体験ください! Enjoy Coding! P.S. ASP.NET MVC の取り掛として、@IT に Chica さんが翻訳された Scott Guthrie (マイクロソフト米国本社の副社長。ASP.NET / Silverlight / IIS 等の開発責任者) の 「NerdDinner」チュートリアルがよい開始点になると思います。ぜひご参照ください。 http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/scottgublog/nerddinner/part01.html

0

絵で見て理解する ASP.NET シリーズ:Routing の仕組み

さて、今回の「絵で見て理解する ASP.NET シリーズ」(※1)では、.NET Framework 3.5 SP1 で導入された Routing (System.Web.Routing)についてみていきたいと思います。 ASP.NET ではこの Routing を使用することにより、例えば http://www.example.com/productlist.aspx?id=1214&category=toys&page=3 といったURLに対して、 http://www.example.com/toys/1214/3 といった別表記のURLにてアクセスすることが可能になります。   今回はこの Routing の仕組みを解説したいと思います。 まず最初に主要な登場人物と、物語風の処理のあらすじです。 登場人物: Route 一家。Routing 情報を知っている Route オブジェクトがいっぱいいる一家。   MyHandler。リクエストに基づき Page(WebForm)を返す。Route 一家と仲が良い。   BuildManager。結構偉い人。MyHandler が返す Page は実は彼が作っている。   Page。MyHandler によって返されるオブジェクト。   物語風あらすじ: ある日、とあるユーザーから ASP.NET 村に “http://www.example.com/toys/1214/3” への Request が入ります。 この Request を受け取った ASP.NET 村の村長は、村一の物知り一家 Route…

0

Windows Mobile のアプリケーション開発コンテスト、"Race To Market" 始まる。

最近、この界隈(どこ? 🙂 )でも盛り上がりつつある Windows Mobile ですが、アプリケーションの開発コンテスト、”Race To Market” が開始されました。 Race To Market は、Windows Mobile おけるアプリケーションのオンラインストア “Windows Marketplace” で行われるコンテストで、そこに登録されたアプリケーションのうち、ダウンロード数が多かったもの、あるいはもっとも売り上げが多かったものがこのコンテストの Winner になる、というものです。 コンテストでは、①北米(アメリカ/カナダ)、②東、および南アジア、③ヨーロッパ中東、④中南米、の4つの地域に分かれ、各地域から無料のアプリケーションはダウンロード数、有償のアプリケーションは売上、で上位5つのアプリケーション(トータル40)が最終の評価に残り、そこから「Useful」および「Playful」の各部門で、2つのアプリが選ばれます。 そして、その商品はなんと Surface! 、、、、、なんですが、「Surface が売っていない国では、Surfaceと等価の現金」だとか。(Approximate で $20000なので、約200万円だと思うのですが、個人的には Surface ほしい!) ということで、 「そろそろ Windows Mobile なアプリケーションでも開発してやるか!」 というい方は、ぜひこの機会に! エントリーは 今年の12月31日までですが、ダウンロード/購入の数を競うコンテストですので、早めの登録がお勧めです! 開発者向けポータルはこちら –> http://developer.windowsmobile.com/ Enjoy Developing!

0

Tech・Ed の季節がやってきました。今年は8月26日から!

だんだん暑くなってきましたが、夏といえば Tech・Ed。 そう今年もやってきます、Tech・Ed。 今年も横浜で、夏の暑いテッキーな日々を過ごしましょう! 開催日は8月26日から、29日まで。7月17日までは、早期割引も受付中です! Visual Studio 関係では、2010のセッションはもちろん、Webアプリケーションのテストや、エンタープライズ開発における Foundation Server 活用法など、いますぐ活用いただける技術セッションを用意しています。 ぜひご期待ください!

0

直感マインドマップ by アークウェイ がリリース。

Team System の導入支援や、メンタリングサービス等を提供いただいているアークウェイさんが開発されたソフト「直感マインドマップ」がリリースされています。   http://www.sourcenext.com/titles/use/105930/   以下はアークウェイさんのHPの情報。   http://www.archway.co.jp/Home/aiNote.aspx   マインドマップ といえば Visio にも描画ツールがありますが、さくさくっと直感的に書きたいときはよいかもしれませんね。UX重要、ということで。   では!

0

Windows Live Writer からの投稿!

さて、これまでの投稿は Community Server を利用しておこなっていたのですが、ちょっと気分をかえるために(?) Live Writer をインストールしてみました! ということで、今回の投稿は Live Writer のテストです。 ためしに反射付で画像を張ってみたり、、、 文字フォントを変えてみたり。。。 ということで、次回以降は Live Writer も使いながらエントリを投稿したいと思います! では!

0

Visual Studio 2010 英語版 Beta 1 を MSDN サブスクライバダウンロードで公開しました!

表題のとおりですが、いよいよ次期 Visual Studio のリリースとなる Visual Stusio 2010 の Beta 1 が完成しました! 早速 MSDN サブスクリプション会員向けのダウンロード提供が始まっています。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/default.aspx 今回は、英語版、の提供です。 日本語版の開発も着々と進んでいますので、いま少しお待ちいただければ提供を開始できると思います。 なにはともあれ、是非ダウンロードいただき、評価いただければ! それでは!

0

Agile Japan セッションメモ(2):午後の部

午後はいくつかのセッションがありますが、概ね事例のお話。 Agile とか XP とか Scrum とはいわないけれど、ユーザー企業と開発者の協働体制によってよりよいソフトウェアをリリースできています、というお話でした。最初の総括の部分でも書きましたが、不確実性が高い(要件リスクが高い)開発においては、アジャイル(というより、ユーザーを巻き込んだ開発ですね)重要、という感じです。 そして、成功のポイントとなるのは、やはりユーザー企業の態度、です。要件リスクが高い開発においては、意思決定を遅らせる必要があり、それにより投機リスクよろしく、利得の機会も最大化(最適化)できるというメリットもあるので、そのメリットを享受するために、損失の機会を許容できるか、また意思決定を遅らせた場合に、利得を最大化するための仕組みをいかに用意できるか、というあたりがポイントかと。「仕組み」に関して言うと、単純には開発フェーズでどれだけシステムのエンドユーザーを巻き込み、エンドユーザーにとって優先度の高い機能を実現するか、という点がポイントになるかと。 またその際に、内製化をすすめた良品計画の事例と、内製化せずに対応したリクルートがあるのですが、どちらからも重要なのは内製するかどうかではなく、「100%を求めることではなく、現場を信頼する態度」が重要と感じました。これは一種の「へっちゃらだい!戦略」ですね。その意味で、技術的な正確さを突き詰めるよりも、ユーザーの要求を突き詰めていける態度が、ユーザーと開発者の双方にとって今後重要になる、といえるのではないかと。  ということで、引き続きメモです。 (本間さんのセッションについてはメモできませんでしたが、これも面白いセッションでした。本間さんは、「自分のセッションは時間調整ですから」とおっしゃっていましたが、午後の事例セッションに入る前に本間さんのセッションがあったので、会場の和気藹々度が 50ポイントほど上昇して、後のセッションにつながりました) スピードがすべてを駆逐する  良品計画のシステム内製化事例   l  良品計画 Ø  15,000アイテム/年 Ø  売り上げ 1454億円 Ø  国内店舗:直営200店、フランチャイズ150店 Ø  そのほか、ファミリーマート、キヨスク、海外(100店舗)など。 Ø  ネット販売 74億円 Ø  従業員 4300名。 l  SPA業態。期間を担うMD(マーチャンダイジング) l  IT戦略 Ø  ①「自社の競争力を高める」のか否か Ø  ② すべてに100%を求めない Ø  リスクヘッジではなく、リスクテイク Ø  本質的な要件定義力を持つ l  システム構造 Ø  「早く柔軟に」開発・変更できる構造 ²  マスタ類はすべて内製化(管理系システム) ²  実行系システム(POS、物流、勘定システム)などは、仕様が明確になりやすいので外部委託。 ²  管理系システムから、マスタデータを実行系システムに配信し、管理系システムは実行系システムから生データを収集する(1時間に1度程度)。 l …

1