VSUG Day もうすぐです

来週の週末、12/8(土)に東京にて Visual Studio のユーザーグループである VSUG(“ブイサグ”)主催のイベント「VSUG Day」が開催されます。 弊社からも、近藤が Visual Studio 2008 についてお話しさせていただく予定です(私も聞きに行こうと思っています)。 大阪でも開催しますので(来年の1/19(土)です)、ご興味がありましたら是非参加ください。 それでは。

0

次期 Visual Studio Team System コードネーム "Rosario" 英語版CTPをリリース

さて、日本語版の Visual Studio 2008 の開発が最終段階にはいっている一方、Visual Studio Team System の次のリリースとなる “Rosario” (ロザリオ)のプレビュー版が VPC での提供を開始しています。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=65D0E3BD-9DF3-421A-804F-8F01BD90F0B4&displaylang=en ウォークスルーを含むドキュメント(英語です)も下記に公開されていますので、概要をつかんでいただくのにご活用いただければ幸いです。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=50C4B0B3-AE27-45FA-8D13-400066E0FCF5&displaylang=en  “Rosario” については以下のページを参照ください。 http://msdn2.microsoft.com/en-us/teamsystem/bb725993.aspx それでは。

0

ついに開発完了です。Visual Studio 2008 英語版!

すでにアナウンスが始まっていますが、Visual Studio 2008 の英語版がついに開発を完了しました! http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/vstudio/default.aspx  これに伴い、MSDN会員様向けのダウンロード提供はもちろん、試用版の提供、Epress Edition のダウンロード提供、および .NET Framework 3.5 の提供が開始されています。 今回の試用版提供では Team Suite、Team Foundation Server はもちろん、2005において非常に要望の多かった Test Load Agent 試用版の提供も行われていますので、Test Laod Agent 使ってみたかった!、という方は一足先に英語版にて試していただければ幸いです。  Load Agent 製品のページ(2005の内容ですが概要をつかんでいただけるかと): http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/products/vsts/load/default.aspx http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/products/vsts/load/details/   Load Agent 設定ガイド(XPS形式。Sharepoint Server 2007 リリース時にマイクロソフト日本法人で Load Agent を使用した負荷テストを実施しましたが、その際に作成した Load Agent の資料です。こちらも内容は2005のものですが、2008使用時にも参考にしていただけると思います。) 英語版が開発完了したことで、日本語版のリリースに向けたローカライズ作業もいよいよ最終段階を迎えます。 今しばらくお待ちください!

1

Visual Studio 2008 英語版、まもなく開発完了です!

 いよいよ来ました。 マイクロソフトの旗艦開発ツール、Visual Studio の最新版、Visual Studio 2008 英語版のリリースに関して、ヨーロッパにて実施中の Tech・Ed にて、今月中にリリースされる旨、アナウンスさせていただきました。 http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3257 Visual Studio 2008 では、Windows Vista、Office 2007 といった最新のマイクロソフト製品への対応はもちろん、Web開発やモバイル開発に関しても大幅に機能を向上しています。一方で盛りだくさんの機能を高い統合度でワンパッケージにしているため、同じようなプログラミングスタイルで、Web や Windows アプリケーションといったさまざまなアプリケーション開発を実施できるのが魅力です。 もちろん、Team System に関しても今回から製品名として「Visual Studio Team System 2008」と、より「Team System」を強調した形になっており、チーム開発機能やテスト機能において、多くの機能追加を行っています。  繰り返しになりますが、Visual Studiop 2008 の英語版は、今月、開発を完了いたします。 日本語版に関しても、英語版に続いてリリース予定ですので、もう少しお待ちください。 また、Visual Studio 2008 情報は http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/future をチェックしてください。 では!

1

Team Foundation Server を Windows Server 2008 にセットアップ

来週の 11/8 よりマイクロソフトではパートナー様向けイベントである Partner Conference (パートナー総会)を開始します。 このイベントでは Windows Server 2008、SQL Server 2008、そして Visual Studio 2008、で構成される「2008 三兄弟」に関してもしっかりお話しさせていただく予定です。 ということで、現在 Visual Studio 2008 のセッション用のデモPCの仕込中です。せっかくなので、Windows Server 2008 RC0 に対して、Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server Beta 2 をインストール中(、、、インストール終わりました)。 手順に関しては、エバンジェリストの長沢さんのエントリを参考にさせていただきました。SQL Server のインストールにおいて、Reporting Service のみ後からインストール、という点と、WSS をインストール後、TFSインストール前にWebサイトを作っておく、というあたりがトリッキーな感じですが、大きなトラブルなく(※1)、インストール終了できました(ほっ)。 ※1. SQL Server の Reporting Service でのユーザー設定を忘れていたため、初回のチームプロジェクト作成が失敗した、といったちょっとしたトラブルはありましたが。 まだ使い始めて少しだけですが、Windows Server 2008 との組み合わせは非常に軽く快適で、両2008製品(Windows Server & Team…

0