Visual Studio 2008 Beta 2 英語版の提供を開始しました。


Visual Studio の最新リリースとなる 「Visual Studio 2008 (コードネーム:Orcas(オルカス))」に関しまして、先週末 英語版のBeta 2 のリリースが行われました


Visual Studio 2008 では最新プラットフォームへの対応や、開発言語の革新、チーム開発の強化を 柱としています。具体的には Windows Vista、Office 2007、Windows Server、SQL Server、Windows Mobile といった最新プラットフォームに対応する最適な開発環境の提供、C# 3.0 および Visual Basic 9.0 といった最新の開発言語仕様の提供と開発支援機能の提供、そして開発チーム全体への機能提供の強化が行われています。


Visual Studio 2008 の開発においてはこの春に Beta 1 の提供を行っており、この際には日本語版の提供はできませんでしたが、今回の Beta 2 に関しては、英語版から若干お時間いただいた上で Beta 2 の日本語版の提供を予定しています。Visual Studio 2008 製品版の提供までにリリースする Beta は今回の Beta 2 のみの予定ですので、 是非 Visual Studio 2008 が提供する新しい開発テクノロジの波を Beta 2 にてお試しいただければ幸いです。


なお、今回の Beta 2 から正式に反映され始めましたが、Visual Studio 2008 では Team System 製品ラインにおいて、製品名称の変更を行わせていただいております。具体的には、以下のような製品名の修正がおこなわれています。































Visual Studio 2005 Visual Studio 2008
Visual Studio Team System Visual Studio Team System 2008
Visual Studio 2005 Team Suite Visual Studio Team System 2008 Team Suite
Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architects Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition
Visual Studio 2005 Team Edition for Software Developers Visual Studio Team System 2008 Development Edition
Visual Studio 2005 Team Edition for Software Testers Visual Studio Team System 2008 Test Edition
Visual Studio 2005 Team Edition for Database Professionals Visual Studio Team System 2008 Database Edition
Visual Studio 2005 Team Foundation Server Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server
Visual Studio 2005 Team Test Load Agent Visual Studio Team System 2008 Test Load Agent


つまり、これまでは「製品名(Visual Studio)」+「バージョン番号(2005)」+「エディション名(Team、、、)」という記述だったのですが(この記述は基本的にマイクロソフト製品で共通の記述です)、今後は 「製品名+製品ライン(Visual Studio Team System」+「バージョン番号(2008)」+「エディション名」となった、という形になった、ということになります。


これまで、エディション名の一部として 「Team」という単語を使用していましたが(たとえば "Team Edition for ,,,")、今後はよりフォーマルな位置づけとして「Team System」という言葉を 製品ブランドの「Visual Studio」に続く形で使用する、とご理解ください(また機会があれば書かせていただきますが、この背景にはリリース後1年少しで 「Team System」というブランドが広く認知され、また実績としても大きな実績を残すことができた、というのが理由のひとつになっています。皆様のご支援ありがとうございます!) 。


なお、Visual Studio 2008 Beta 2 英語版に関しては、Visual Studio with MSDN Subscription 会員様であれば、会員専用ダウンロードサイトからダウンロードいただけます。また、下記 Web ページでは ISO イメージや VPC イメージをダウンロードいただけます。


http://msdn2.microsoft.com/en-us/vstudio/aa700831.aspx


英語版でもいいから早く使ってみたい、という方はぜひすぐにでもダウンロード&インストールを、もう少し待ってもいいから日本語版で、という方はまずは評価用の環境確保(あるいは VPC の準備)を頂きながら、Visual Studio 2008 Beta 2 日本語版の提供開始まで今しばらくお待ちください。 

Comments (0)

Skip to main content