Connect でのバグ処理と透明性


この 2 ~ 3 年、私はかなり頻繁にブログで自分のチームの透明性について書いてきました。社内でも積極的に透明性の重要性を主張しています。今日紹介するブログに注目したのは、透明性に関する優れた見解が述べられており、ユーザーから http://connect.microsoft.com サイトをとおして寄せられたバグを私たちがどのように処理しているかが的確に説明されていたからです。これとは逆に、私たちがバグの報告を受け付けず、それについて納得できる理由も伝えないために、ユーザーが気分を害してしまうという状況も実によく目にします。私の部門では、ユーザーから報告されたバグの処理担当者が効果的かつていねいな対応を行うように、指導を徹底しています。

ご紹介する記事は、http://blogs.conchango.com/jamiethomson/archive/2007/10/25/Commendable-transparency-from-the-Visual-Studio-team.aspx です。

Brian

投稿 : 2007 年 10 月 29 日 (月) 8:33 AM bharry

分類 : Visual Studio Team System, Visual Studio, TFS

Brian Harry さんのブログ - http://blogs.msdn.com/bharry/archive/2007/10/29/bug-handling-on-connect-transparency.aspx より。

Team System ウィジェット


このサイトについては 2 年ほど前にもブログに書きましたが、最近リニューアルされたので、改めて紹介したいと思います。一度に数多くの Team System アドオンを調べることができるサイトとしては、私が知る限りこれがベスト サイトです。マーケティング チームには、「どうしてこういう便利なリストを作成できないのか」と事あるごとに文句を言っています。自前のリストがないので、いまだに Accentient をベスト サイトとして紹介しているわけです。

Brian

投稿 : 2007 年 10 月 29 日 (月) 8:18 AM bharry

分類 : Visual Studio Team System, TFS

Brian Harry さんのブログ - http://blogs.msdn.com/bharry/archive/2007/10/29/team-system-widgets.aspx より。

VS/VSTS/TFS 2008 Beta 2 有効期限の誤り


以前のエントリで、Beta 2 の有効期限を 2008 年 3 月とお知らせしました。ところが、VPC 以外のバージョンでは間違いありませんが、VPC では OS のイメージの有効期限が 2007 年 11 月 1 日に設定されていることがわかりました。3 月までどころか、あと 2 日しかありません。ご迷惑をおかけし、たいへん申し訳ありません。元の記事へのコメントとして有効期限が短いことを知らせてくれた J. Eggers に感謝します。

この 1 週間ほど、私たちはこの件への対応で大わらわでした。最近、今回の件を取り上げたブログをいくつもご覧になっているのではないでしょうか。残念ながら、私は 20 日から南アフリカに行っていて、電子メールの送受信もほとんどできなかったので、その問題処理には参加できませんでした。ありがたいことに、Jeff Beehler が頑張って状況を見極め、対応策を提示してくれました。その詳細は、彼のブログ記事に書かれています。彼が推奨した対応策の概要を以下に示します。詳しい方法については、彼の記事をご覧ください。


  • 何もしない : VPC を一度に 1 時間以上使用しない場合は (デモ用に使用する場合など)、おそらく OS が期限切れになっても困ることはないでしょう。
  • 完全ライセンス バージョンの OS にアップグレードする : 完全ライセンス バージョンの Windows Server を入手できる場合は、Jeff Beehler のブログに記載された手順に従って、期限切れになった OS をアップグレードしてください。
  • 新しい VPC イメージを使用する : VPC OS をアップグレードできず、以降も VS2008/TFS2008 Beta2 を常時使用する必要がある場合は、10 月 29 日の週の前半に公開する新しい VPC イメージを使用することをお勧めします。TFS 内にデータを保存している場合は、「Team Foundation Server の移動」に記載された手順を実行する必要があります。

今回のことについては、重ねて深くお詫びいたします。この Beta 版は、その形式にかかわらず、当初から 2008 年 3 月を有効期限とする予定でした。ところが、ベース OS イメージの有効期限を確認していなかったため、私共にもお客様にもこのような混乱をもたらす結果となってしまいました。この問題にいち早く気付き、VPC が期限切れとなる前に対応策を示すことを可能にしてくれた J. Eggers には、本当に感謝しています。

Brian

投稿 : 2007 年 10 月 29 日 (月) 7:51 AM bharry

分類 : Visual Studio Team System, Visual Studio, TFS

Brian Harry さんのブログ - http://blogs.msdn.com/bharry/archive/2007/10/29/error-in-vs-vsts-tfs-2008-beta-2-expiration-date.aspx より。

この翻訳については、Brian Harry さんのご了承を得ています。


Skip to main content